プログラム

13:30

開場

14:00~14:10

■当イベントについての説明

14:10~15:10
■基調講演
「組織活性化」を問い直す:経営学習論・組織論の知見から
中原 淳氏
東京大学 大学総合教育研究センター 准教授 
東京大学大学院 学際情報学府 准教授(兼任)
中原 淳氏
15:10~15:20 休憩、移動
15:20~16:20 ■特別講演(特別講演[A]~[C]の中から必ず1つお選びください)
特別講演[A]
組織活性化の新アプローチ
~生産性とパフォーマンス向上のための活力マネジメント~
平井 公守氏
株式会社ザマー
代表取締役
平井 公守氏
特別講演[B]
「創造性を発揮する組織」を創るための4つのステップ
真田 茂人氏
株式会社レアリゼ
代表取締役社長
真田 茂人氏
特別講演[C]
組織を活性化させるリーダーの育成~理念・ウェイという軸を持ち、高い能力を持つリーダーを育てるには~
井上 陽介氏
株式会社グロービス
法人営業部門 
ディレクター
井上 陽介氏
16:20~16:30 休憩、移動
16:30~17:30

■情報交換会(名刺交換、交流会など)

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

参加お申し込み

『日本の人事部』への会員登録(無料)が必要です。会員登録フォームはこちら

■基調講演
「組織活性化」を問い直す:経営学習論・組織論の知見から
経営・人事の仕事に携わる方の中で、「組織活性化」は重要な課題です。しかし、それが具体的に何を意味するのかは、必ずしも自明ではありません。組織が「活性」している状況を願いつつ、その対処法を決めかねているむきもあるのではないでしょうか。
本講演では、「組織活性化の意味」を、経営学習論・組織論の研究知見から、もう一度位置づけなおします。その上で、自社のケースにあった「組織活性化の方略」を探していただければと感じています。
中原 淳氏
東京大学 大学総合教育研究センター 准教授 
東京大学大学院 学際情報学府 准教授(兼任)
中原 淳氏

プロフィール:1975年、北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等をへて、2006年より現職。大阪大学博士(人間科学)。
「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人々の学習・コミュニケーション・リーダーシップについて研究している。専門は経営学習論、組織行動論。著書に「企業内人材育成入門」(ダイヤモンド社)、「ダイアローグ 対話する組織」(ダイヤモンド社)、「リフレクティブマネジャー」(光文社)、「職場学習論」(東京大学出版会)など多数。働く大人の学びに関する公開研究会Learning barを含め、各種のワークショップをプロデュース。

■特別講演[A]株式会社ザマー
組織活性化の新アプローチ
~生産性とパフォーマンス向上のための活力マネジメント~
厳しい環境においても、心身共に100%の力みなぎる状態で建設的な思考や行動を維持できる、強く健全な組織を生み出すための活力マネジメント。
第一部では、心身の活力状態が、いかに判断力や集中力、仕事に対する意欲に直結するのかについて、様々な実例を交えて紹介。第二部では、管理職層の活力状態がチームのパフォーマンスへとつながるメカニズムを解き明かすと共に、個人と組織の活力向上に向けた具体策を紹介します。
平井 公守氏
株式会社ザマー 代表取締役
平井 公守氏

プロフィール:大阪大学工学部卒。第一勧業銀行(現みずほ銀行)、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトンなどを経て、株式会社ザマー設立。
現場視点での組織開発、人材育成に取り組む。企業における創造性開発を専門領域とする。現在、パフォーマンス向上に向けた本質的取組となる、活力マネジメントの啓蒙・普及に注力。
■特別講演[B]株式会社レアリゼ
「創造性を発揮する組織」を創るための4つのステップ
やる気があっても、漫然と前例を踏襲したり、固定観念に縛られて決まりきった事を一生懸命繰り返すだけでは業績は上がりません。成熟した現在の社会環境で成果を生み出すには「創造性」を発揮することが不可欠です。創造的な人材を生み出す「創造性を発揮する組織」を創るための4つのステップを具体的に紹介します。
真田 茂人氏
株式会社レアリゼ 代表取締役社長
真田 茂人氏

プロフィール:早稲田大学卒業後、リクルート、外資系金融機関、研修会社設立を経て、レアリゼ設立。選択理論心理学やシステム思考をベースに、人材開発・組織開発のコンサルティングを展開。個人の意識変革を起点にした組織開発を得意とする。人が成長し、社会に貢献しながら健全に発展する「健康で強い組織づくり」を支援している。
■特別講演[C]株式会社グロービス
組織を活性化させるリーダーの育成
~理念・ウェイという軸を持ち、高い能力を持つリーダーを育てるには~
組織を活性化するためには、組織を束ねるリーダーが経営の方向性を理解し、メンバーとのコミュニケーションを重ね、全員のベクトルを揃えながら、成果を出していくことが求められます。そのためには、個々のリーダーが高いスキルを持つのみならず、理念やウェイと言われる共有価値観を深く理解する必要があります。今回の講演ではリーダー育成の事例から学ぶ組織活性化のポイントとその方法論についてご紹介いたします。
井上 陽介氏
株式会社グロービス 法人営業部門 ディレクター
井上 陽介氏

プロフィール:学習院大学法学部卒業後、消費財メーカーで中国工場のオペレーション管理に従事。グロービス入社後名古屋オフィス新規開設リーダー、企業向け人材開発部門ディレクターを経て、現在は法人営業部門の統括責任者を務める。研修等において「リーダーシップ」「経営戦略」等の講師も務める。フランスINSEAD:IEP修了。
参加お申し込み

『日本の人事部』への会員登録(無料)が必要です。会員登録フォームはこちら

【本カンファレンスに関するお問合せ】
「HR カンファレンス」 運営事務局
〒107-0061東京都港区北青山2-7-9 日昭ビル 7F TEL:03-5414-2219 E-mail:hrc@jinjibu.jp