藤間 美樹氏プロフィール画像
藤間 美樹氏
積水ハウス株式会社 執行役員 人材開発担当
ふじま・みき/1985年神戸大学卒業。同年藤沢薬品工業(現アステラス製薬)に入社、営業、労働組合、人事、事業企画を経験。人事部では米国駐在を含め主に海外人事を担当。2005年にバイエルメディカルに人事総務部長として入社。2007年に武田薬品工業に入社し、本社部門の戦略的人事ビジネスパートナーをグローバルに統括するグローバルHRBPコーポレートヘッドなどを歴任。2018年7月に参天製薬に入社し執行役員人事本部長などを歴任。2020年12月に積水ハウスに入社し、2021年4月より現職。M&Aは米国と欧州の海外案件を中心に10件以上経験し、米国駐在は3回、計6年となる。グローバル化の流れを日米欧の3大拠点で経験し、グローバルに通用する経営に資する戦略人事を探究。人と組織の活性化研究会「APO研」メンバー。

藤間 美樹氏からのメッセージ

昭和の時代には「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と世界から恐れられるほど経済が発展していた日本が、今では生産性などの多くの指標でその低迷が明らかであり、「失われた30年」になろうとしています。原因についてさまざまな分析がなされていますが、人事の視点で見てみると、組織開発に問題があったのではないかと思います。昭和のビジネスパーソンと平成のビジネスパーソン、一人ひとりの能力に大きな差があったとは思えませんが、環境変化に適応した組織風土改革がうまくいかず、組織としての成果が上がらない状況にあるのではないでしょうか。

働き方改革は日本の大きな課題ですが、海外でこのような話は聞いたことがありません。日本には日本にしかない「良さ」「強み」がありますが、海外から学ぶべきこともあります。学ぶべきものは学び、新しいことに挑戦して環境変化に対応した変革を推進することは、まさに人事の責任ではないでしょうか。これは個々の企業で推進するというよりは、日本全体で『日本の人事部』として、皆で力を合わせて日本を復活させたいと思います。頑張りましょう!