髙倉 千春氏プロフィール画像
髙倉 千春氏
ロート製薬株式会社 取締役
たかくら・ちはる/1983年、農林水産省入省。1990年にフルブライト奨学生として米国Georgetown 大学へ留学し、MBAを取得。1993年からはコンサルティング会社にて、組織再編、新規事業実施などにともなう組織構築、人材開発などに関するコンサルティングを担当。その後、人事に転じ、1999年ファイザー株式会社、2004年日本べクトン・ディキンソン株式会社、2006年ノバルティスファーマ株式会社の人事部長を歴任。2014年7月に味の素株式会社へ入社し、2018年4月から現職。味の素グローバル戦略推進に向けた、グローバル人事制度の構築と実施をリードしている。

髙倉 千春氏からのメッセージ

こんなにも「人事」が着目される時代はかつてあったでしょうか?

継続的な企業活動にむけて、グローバル化、デジタル革命、SDGsなど多岐にわたる課題への取り組みは待ったなしの状況で、その議論の中で「人財」をめぐる施策は経営戦略の中心課題となり、日本の競争力強化の観点から産業施策の一つになってきたと実感しています。

新卒一括採用の論点など今までの日本の成長を促した日本的人事慣行が大きなチェンジを求められており、いよいよ私たち「人事チーム」が事業戦略を推進する主要プレイヤーになってきたのではないでしょうか。

一方、若い世代を中心に「組織」と「個人」の関係についての意識も変化してきており、多様な個人の価値観、personal valueを受容して、組織風土の醸成、組織力の強化につなげていけるかが周囲からの私たち「人事チーム」への期待値だと思います。

「いよいよ私たちの時代がやってきた」とワクワクしています。ぜひ、一緒に知恵を出し合い次世代への架け橋をつくる『日本の人事部』にしていきましょう。