有沢 正人氏プロフィール画像
有沢 正人氏
カゴメ株式会社 常務執行役員CHO(人事最高責任者)
ありさわ・まさと/1984年に協和銀行(現りそな銀行)に入行。 銀行派遣により米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。2004年にHOYA株式会社に入社。人事担当ディレクターとして全世界のHOYAグループの人事を統括。全世界共通の職務等級制度や評価制度の導入を行う。また委員会設置会社として指名委員会、報酬委員会の事務局長も兼任。グローバルサクセッションプランの導入などを通じて事業部の枠を超えたグローバルな人事制度を構築する。2009年にAIU保険会社に人事担当執行役員として入社。ニューヨークの本社とともに日本独自のジョブグレーディング制度や評価体系を構築する。2012年1月にカゴメ株式会社に特別顧問として入社。カゴメ株式会社の人事面でのグローバル化の統括責任者となり、全世界共通の人事制度の構築を行っている。2012年10月より現職となり、国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者となる。

有沢 正人氏からのメッセージ

人事も投資家からの観点で評価される時代になったと感じています。なぜならこれからの人事は、今まで以上に「企業価値の向上」に直接結びつくものになるはずだからです。そのため人事に携わる方々には、経営者から直接、従業員をはじめとしたステークホルダーに対して「人材戦略の重要性を発信すること」が大きな使命になると思っていただきたい、と考えます。

そして、人材育成の観点では「事業環境の変化を見据えた人材」を育てられる戦略的思考力を備えた人事スタッフの養成が急務です。なぜなら人材の市場価値を上げることができれば、それは即ち会社の総体的人的資産を向上させることになり、マーケットからより高い評価を受けることにつながるからです。

これからも、従来のHRの枠を超えた資質と価値観に優れた「経営人材としての人事パーソン」を育成するべく、全力を尽くしていきましょう。