日本の人事部 ロゴ
村井 満氏
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)チェアマン
むらい・みつる/1959年埼玉県出身。浦和高校から早稲田大学法学部を卒業し、83年に日本リクルートセンター(現在のリクルート)に入社する。神田営業所に配属され、近辺の中小電気ショップを中心に求人広告の営業活動を行う。88年に発生したリクルート事件後、人事部門に異動となり、人事畑の業務が中心となる。2000年に人事担当の執行役員に就任、04年にはリクルートエイブリック(後のリクルートエージェント)代表取締役に就任し、11年まで社長を務めた。同年RGF Hong Kong Limited(香港法人)社長に就任し、13年まで務めた後に同社会長に昇格する。リクルート執行役員時代の08年に日本プロサッカーリーグ理事に選任され、2013年まで務める。14年に第5代日本プロサッカーリーグ理事長(チェアマン)に就任した。

村井満氏からのメッセージ

グローバル化、IT 化がスピードを増す現在、企業には激しい変化にも柔軟に対応できる力が求められています。その意味で、これからの人事部には社内事情に精通していることよりも「世界」を知っていることのほうが重要となってくるでしょう。日本の企業が世界に伍するためには、自社を取り巻く競争環境と世界の人材市場をよく理解していること、そして、世界で勝つための人材を育成する具体的な基準・方法を示せることが求められています。それはサッカーも同じです。2022年カタールでのワールドカップに向けて、選手が子どもの頃から海外経験を数多く積んでいけるよう、Jリーグは率先して選手や指導者が海外に出ていく機会をつくる、あるいは国際大会を誘致する、世界と差を知るために同じ指標で善し悪しを測り徹底的に数値化することに取り組み世界と戦える人材を育てていきます。