日本の人事部 ロゴ
宮城 まり子氏
法政大学 キャリアデザイン学部 教授、臨床心理士
みやぎ・まりこ/慶応義塾大学文学部心理学科卒業、早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了。病院臨床(精神科、小児科)等を経て、産能大学 経営情報学部助教授となる。1997年よりカリフォルニア州立大学大学院キャリアカウンセリングコースに研究留学。立正大学心理学部教授を経て、2008 年4 月から現職。専門は臨床心理学(産業臨床、メンタルヘルス)、生涯発達心理学、キャリア開発・キャリアカウンセリング。他方、講演活動や企業のキャリア研修などの講師としても精力的に活躍している。著書には、『キャリアカウンセリング』(駿河台出版社)『キャリアサポート』(駿河台出版社)『心理学を学ぶ 人のためのキャリアデザイン』(東京図書)『成功をつかむための自己分析』(河出書房新社)などがある。

宮城まり子氏からのメッセージ

人事部は、コア人材やグローバル人材の育成といった施策には熱心に取り組む半面、職場の一体感や相互の信頼関係をどう醸成するか、ローパフォーマーも含め一人ひとりの強みが最大限活かされるような健康的なマネジメントを行うにはどうすればよいか、という意識が希薄なように感じます。若い人材が減り続けるなか、一部のエリートだけに焦点を当て育てても、会社の持続的発展がおぼつかないのは明らかです。人事部は職場のリーダーに対して、誰もが生き生きと働ける健康な職場づくりをもっと強く求めるべきであり、人事制度の面でも、そういう上司が高く評価される仕組みを検討すべきでしょう。ローパフォーマーにも、必ず活かせるいい部分・強みがあるはず。放置せずもっと活かさない手はありません。いわば組織の“眠れる人的資源”、貴重なヒューマンリソースです。