企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

強迫性障害とは?

強迫性障害とは心の病気の一つで、些細なことだと分かっていても過度に恐れたり不安に感じたりします。

例えば、玄関の鍵を閉めたかどうか心配になって繰り返し玄関に行き鍵の確認をするような症状があります。鍵の閉め忘れを心配することはよくあることです。しかし、強迫性障害の症状では日常生活に支障が出るほどの不安感に襲われるので、仕事に行かなければならない朝でも何時間もかけて玄関の鍵を確認します。

ラッキーナンバーを好んで選んだり、不吉とされる数字を含む物を避けたりすることも、度が過ぎれば強迫性障害になります。

きれい好きの人に多いのが、ドアノブを触ったり人と握手をしたりするだけで、手の表面に細菌が広がって汚れたと感じることです。石鹸でしつこく手を洗ったりアルコール除菌が欠かせなくなったりします。

精神科に通っている患者の4%がこの強迫性障害とされますが、ただの心配性やきれい好きで済ませる人や、また精神科に行くことに強い抵抗を持っている人もいますので、実際はさらに多いと考えられています。

強迫性障害は、几帳面や完璧主義と評価される人に多く、ストレスを強く感じる特別なきっかけがあって発症するタイプと何もなく突然発症していたタイプの両方があります。

自分は病気ではなくこだわりが強いだけと軽く考えていても、家族や友人はその行動に巻き込まれて対処に困っていることもあります。どこからが病気でどこからが性格の問題かは自分で判断するのは難しいため、客観的にチェックできる精神科医に相談するのが良いでしょう。

強迫性障害と診断されたら、薬物治療を始めます。抗うつ薬には強い不安感を和らげる効果があります。うつ病患者よりも有効成分の濃度を高くして、長期的に服用させるのが一般的です。長期服用で最も注意することが副作用が出ることなので、他の抗うつ薬よりも副作用が出にくいSSRIを処方します。少ない量から始めて患者に負担のかからない量を調べます。

薬物治療の効果が出て症状が出にくくなってから、認知行動療法が始まります。これは患者自身が強迫性障害に負けない精神力を持つことで、鍵を必ず閉めた上で外出先で心配になっても帰宅時間を早めなかったり、見えない汚れを感じても手を洗わなかったりと、それまでの行き過ぎた行動を我慢します。

認知行動療法を続けると不安感が弱くなって、強迫性障害から解放されます。ただ、認知行動療法は患者にとって辛いものなので、自分が主体となって治療するという気持ちを持たなければなりません。


関連情報

●資料ダウンロード
【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制①(厚労省)

お役立ちツール

【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制①(厚労省)

時間外労働の上限規制が大企業は2019年4月から、 中小企業は2020年4月から 導入されます。 厚労省が時間外労働の上限についてよくある質問をまとめています。


●資料ダウンロード
勤怠計算だけで終わっていませんか?

お役立ちツール

勤怠計算だけで終わっていませんか?

本当に「会社を守る勤怠管理システム」を運用できていますか? 総務の人しか使っていないシステムは「勤怠計算」システムです。今起きて起きていることをリアルタイムに正確に把握でき、マネジメントでき...


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
鈴木 孝裕
鈴木 孝裕(スズキ タカヒロ)
株式会社ウェブサーブ 代表取締役
労務コンプライアンスで会社を守る方法をお教えします!
20年以上の経営者の経験と、いろいろな業務システムを構築してきた経験を活かして、会社を守るための勤怠管理システムとは何か?をお客さまと一緒になって考えていきます。
単にシステムを導入しただけでは、労働時間計算が楽になるだけです。
得意分野 労務・賃金、リスクマネジメント・情報管理、情報システム・IT関連
対応エリア 全国
所在地 愛知県名古屋市南区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。