企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

客観的な労働時間の把握とは?

厚生労働省のHPでは「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」の中に、始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法として「タイムカード、ICカード等の客観的な記録を基礎として確認し、記録すること」とあります。


「自己申告による労働時間の把握については、あいまいな労働時間管理となりがちであるため」という記載があるため、タイムレコーダのように無意識に打刻できる仕組みが望ましいとされています。

つまり、出社したら無意識に出社打刻を行い、退社するときも無意識に打刻できる仕組みが有用です。

勤務時間を自己申告で記録させる運用は、遠慮や会社(上司)の圧力などから過少申告を行う傾向があります。この状態が続くと後になって未払い残業請求が発生し、高額な残業手当を支給しなければならない事態が発生する危険性も増します。また、企業の知名度によってはマスコミに取り上げられ、イメージの低下から売上げの減少、従業員確保が難しくなるリスクまで考えなければなりません。

今や、サービス残業=頑張って会社に貢献していると言う考え方は古く、限られた労働時間の中でいかに成果を上げているか?を評価基準にする必要があります。

また、出社してすぐに打刻し、退社する直前に打刻すると仕事をしていない時間まで労働時間に含めなければならなくなり、残業手当が以前に比べ増えてしまうという問題がありますが、法律では在社している時間は労働しているのでは?と言う考え方がベースにあるため、運用上のルールで現実的な時刻に打刻をしてもらうルール作りが同時に必要になります。

例えば、必要以上に早く出社しない、仕事が終わったら速やかに退社するなど。

また、残業をする場合は申請を行い、上長の承認が無いと認めないという仕組みと併用することで在社時間と労働時間を明確に分ける運用も有用です。

または、在社時間と労働時間をみなしで運用する方法として、端数を切り捨てる(18:07退社打刻は18:00までの勤務など)運用をされている企業も多く見受けられますが、専門家と相談してルール決めを行うことをお勧めします。

どちらにしても、手間をかけずに客観的な労働時間を把握するためには、タイムレコーダを導入することが一番簡単です。その上で、適正な労働時間管理を行うことが求められています。給与計算のためだけではなく労働時間管理のための勤怠管理システムが必要になります。


関連情報

●資料ダウンロード
【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制①(厚労省)

お役立ちツール

【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制①(厚労省)

時間外労働の上限規制が大企業は2019年4月から、 中小企業は2020年4月から 導入されます。 厚労省が時間外労働の上限についてよくある質問をまとめています。


●資料ダウンロード
【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制②(厚労省)

お役立ちツール

【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制②(厚労省)

時間外労働の上限規制が大企業は2019年4月から、 中小企業は2020年4月から 導入されます。 厚労省が時間外労働の上限についてよくある質問をまとめています。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
鈴木 孝裕
鈴木 孝裕(スズキ タカヒロ)
株式会社ウェブサーブ 代表取締役
労務コンプライアンスで会社を守る方法をお教えします!
20年以上の経営者の経験と、いろいろな業務システムを構築してきた経験を活かして、会社を守るための勤怠管理システムとは何か?をお客さまと一緒になって考えていきます。
単にシステムを導入しただけでは、労働時間計算が楽になるだけです。
得意分野 労務・賃金、リスクマネジメント・情報管理、情報システム・IT関連
対応エリア 全国
所在地 愛知県名古屋市南区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...