企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

タイムレコーダのセキュリティのみを厳重に行うだけで十分か?

厚生労働省のHPでは「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」の中に、始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法として「使用者が、自ら現認することにより確認し、記録すること」とあります。

タイムレコーダで打刻をする際に絶対に不正ができなくするために、指静脈認証や顔認証などの人体認証を要求される企業がありますが、タイムレコーダで人体認証をするためには、高額なタイムレコーダを購入する必要があります。そのためタイムレコーダ台数が多い企業では、それがコスト増になり勤怠管理システム導入そのものの障害になることもあります。

こうなると、本末転倒となり打刻で不正を防ぐところだけに注目して費用を上げておいて、その結果勤怠管理システムは導入できない時期が続きますと、勤怠管理できていない危険な状態が続くことになります。

これは、現場の管理職を信用してなかったり勤怠管理そのものを現場でやらせたくなかったりすることから、タイムレコーダ機能で絶対に不正を起こさせない管理したいという要望から発生することが多いのですが、前述したように「使用者が、自ら現認することにより確認し、記録すること」は使用者側の重要な業務となり、これを避けることはできません。

もし、勤怠管理を現場に依存しない体質が過去から有るとしたら、そこから正していく必要があります。業務管理と勤怠管理は仕事をする上で両輪のようなもので、労働時間管理をした上での業務管理となるべきものです。


タイムレコーダの役目は、あくまでも労働時間の把握を行う道具です。管理職は常に部下の勤務状況を把握する必要があります。道具のため、できる限り簡単に打刻できる仕組みが理想ですが、あまり複雑な仕組みを前提に考えると、コスト増や、認証がうまくいかず運用トラブルが発生しやすくなる危険性も増します。

不正な打刻で労働時間をごまかす従業員がいた場合は、「使用者が、自ら現認することにより確認」の原則に基づき現場でチェックする運用が一番重要となります。

これまでは、勤怠管理=給与計算業務という考え方が浸透している会社が多いため、その業務は総務や人事など給与計算業務の部署の仕事だという認識を持っている企業も多く、タイムレコーダのみに全て任せたいという考え方がネックになります。

勤務状況は現場でしか把握できないため、管理業務が楽になる勤怠管理システムが必要になります。


関連情報

●資料ダウンロード
【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制①(厚労省)

お役立ちツール

【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制①(厚労省)

時間外労働の上限規制が大企業は2019年4月から、 中小企業は2020年4月から 導入されます。 厚労省が時間外労働の上限についてよくある質問をまとめています。


●資料ダウンロード
【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制②(厚労省)

お役立ちツール

【解説】働き方改革関連法/時間外労働の上限規制②(厚労省)

時間外労働の上限規制が大企業は2019年4月から、 中小企業は2020年4月から 導入されます。 厚労省が時間外労働の上限についてよくある質問をまとめています。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
鈴木 孝裕
鈴木 孝裕(スズキ タカヒロ)
株式会社ウェブサーブ 代表取締役
労務コンプライアンスで会社を守る方法をお教えします!
20年以上の経営者の経験と、いろいろな業務システムを構築してきた経験を活かして、会社を守るための勤怠管理システムとは何か?をお客さまと一緒になって考えていきます。
単にシステムを導入しただけでは、労働時間計算が楽になるだけです。
得意分野 労務・賃金、リスクマネジメント・情報管理、情報システム・IT関連
対応エリア 全国
所在地 愛知県名古屋市南区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...