企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナル情報

鈴木 孝裕(スズキ タカヒロ)
株式会社ウェブサーブ 代表取締役

鈴木 孝裕

労務コンプライアンスで会社を守る方法をお教えします!

20年以上の経営者の経験と、いろいろな業務システムを構築してきた経験を活かして、会社を守るための勤怠管理システムとは何か?をお客さまと一緒になって考えていきます。
単にシステムを導入しただけでは、労働時間計算が楽になるだけです。

10件中 1~10件を表示
  • 1

内定取り消しに関する問題は一時大きな問題となり、学生などを中心に不安が広がりました。 内定者と企業の関係は解雇権を留保した労働関係にあり、その関係性は試用期間中の人となんら変わらないものとされています。そのため、解雇同様に内定取り消しも簡単にはできないということになります。 では、どういった場合...


新入社員として採用される場合などに、身元保証人をつけることが企業によっては求められます。この場合における身元保証人は単にその社員の身元を確認するというものだけではありません。万が一、その従業員が損害を発生させた場合、身元保証人にもその責任を負わせるという狙いがあります。しかし、身元保証人の責任はどこ...


メンタルヘルスを考える上で大事なキーワードが2つあります。それがセルフケアとラインケアです。 セルフケアとは、自分自身で心の健康を守ることです。 ストレスの存在に気付く場合、ストレスへの反応で気付くことがほとんどです。例えば、身体が重い、気分がすぐれない、自責の念に駆られる、虚無感を覚えるなどの...


仕事をしていると、従業員と事業主の間で、賃金未払や理不尽な解雇、パワハラ、セクハラなどの問題が発生する事があります。それを解決しようと話し合いをしようとしても、従業員の立場は弱く会社側が話し合いに応じてくれないことも少なくありません。そのようなときに、迅速かつ公平な解決をするために設けられたのは労働...


就業規則はいわば会社のルールブックであり、労働関係のトラブルを守る唯一の方法と言われています。とはいえ、好き勝手に決めるのは許されておらず、様々な法律の制約を受ける形で作っていかなくてはなりません。 また、一度就業規則を作ってしまうと、それを改正するには従業員、もしくは労働組合の許可が必要になりま...

  • 投稿日:2020/01/21 10:12
  • テーマ: 危機管理
  • ID:CA-0003172

労働基準法では、1日あたり8時間、1週あたり40時間という法定労働時間が通常定められています。そして、この基準を超えた分が残業時間という認定となります。 これに対して変形労働時間制とは、労働時間の合計単位を1日ずつではなく、月・年単位として計算するもので、職種によっては繁忙期等で勤務時間が増加...

  • 投稿日:2020/01/15 10:14
  • テーマ: 勤怠管理
  • ID:CA-0003170

厚生労働省のHPでは「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」の中に、始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法として「タイムカード、ICカード等の客観的な記録を基礎として確認し、記録すること」とあります。 「自己申告による労働時間の把握については、あいまいな労働時間管理と...


厚生労働省のHPでは「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」の中に、始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法として「使用者が、自ら現認することにより確認し、記録すること」とあります。 タイムレコーダで打刻をする際に絶対に不正ができなくするために、指静脈認証や顔認証などの人...

  • 投稿日:2019/12/23 11:07
  • テーマ: 勤怠管理
  • ID:CA-0003161

賃金構造基本統計調査とは、現在の日本において雇用されている人がどれだけの賃金を受け取っているかの統計を取るための調査で、賃金の額だけではなく雇用形態や職種、性別、年齢、さらには学歴など様々な項目において明らかにすることを目的としています。 一年に一度、7月に調査が行われていて、5万社以上が回答してい...

  • 投稿日:2019/12/19 11:13
  • テーマ: 労務管理
  • ID:CA-0003157

休業制度の種類は、法令で従業員からの申し出があった場合に与えることが義務付けられているものだけでも全部で7種類あります。   1つ目は「年次有給休暇」で、会社勤めの人であれば何度もこの休暇を取得した経験があるでしょう。 従業員は雇われてから6ヶ月以上継続して勤務しており、勤務日数がその期間の全...

  • 投稿日:2019/12/12 15:12
  • テーマ: 労務管理
  • ID:CA-0003150

  • 1

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...