専門家コラム

選考面接で就活生に好印象を与えたメールの話

選考面接で就活生に好印象を与えたメールの話

 

どの企業も選考面接を重ねて、なるべく優秀な社員を欲しがるものです。そのために選考中の辞退を防ぎ、且つ入社意欲を高めてもらうのが理想とされています。防止するために就活生がどのような気持ちで面接を受けているのか、また次の面接に進めた場合にモチベーションを高めてもらえるかを知る必要があります。今回はメールを活用して好印象をもってもらった事例をお話したいと思います。

 

 

就活生の不安を薄くしたメールの話

 

これは数年前に就活生だった人が実際に就職活動をした際の話です。就職活動中の就活生は常に不安に駆られています。

面接を受けた後にも面接内容を思い出しては「間違った返答をしていないか」「相手の反応は良かったのか」「この会社に落ちたらどうしよう」など、不安な日々を過ごす人が多いです。そんな不安を紛らわせてくれたのが、面接担当官のメールでした。

 

「本日はお疲れ様でした。非常にリラックスしていてお互いに意義のある面接時間を過ごす事が出来ました。面接の結果については今しばらくお時間を頂きたく思いますがよろしくお願いします。」

 

特に評価についての記載がある訳では無いのですが、就活生にいたわりのメールを書いてくれた面接官の心遣いは非常に嬉しく感じたそうです。結果的には望む面接結果は得られなかったそうですが、そのメールが力となって、他社での面接に自信が付いたとお話しされていました。

 

このような不安を抱えている就活生は多数います。その不安をメール1本で払拭してもらえた事は、就職活動から数年が経過した今でも記憶に根付いているそうです。

この話を別の就活生にすると「冷たいメールの会社も多い」「みんな凄く素っ気ない内容になっている」という意見が出ました。求人企業側にとってメールは軽視されがちかもしれませんが、就活生側には強く印象に残るものだと勉強になりました。

 

就活生に会社を印象付ける方法

 

沢山の面接希望者、受験者がいる選考面接ですが、会社から見れば一人の就活生に過ぎない存在でも、彼らは一人一人の個人であり考え方も様々です。書類選考や一次面接を通過した後に、次回面接の日程をメールで打ち合わせする企業が多いと思いますが、その際にほんの少しの追記で、就活生の印象をぐっと良くする事が可能です。

どちらの印象が良いかの文面比較です。

 

  • 二次面接は〇月〇日〇時からとなります。当日は宜しくお願いします。
  • 二次面接は〇月〇日〇時からとなります。季節の変わり目ですので、体調に気を付けて当日はお越しください。

 

ほんの数文字の追記ですが、2の表記では就活生を気遣っているという印象を与える事でしょう。作業の効率化のためにテンプレート(定型文)を活用する人事担当者は多いと思いますが、テンプレートでも良い印象を与える文章を作成する事は可能です。もしかすると御社の使用しているテンプレートは改善の余地があるかもしれません。

 

まとめ

「たかがメール、されどメール」就活生の不安をぬぐったり、モチベーションを上げる事は、結果として就活生の離脱を防ぐ事に繋がります。たった一通のメールであっても就活生に強い印象を与えて、会社としての魅力を感じてくれたならば嬉しい事ですよね。

 

ビジネスメールにおいて心を動かす文面を記載する事は十分に可能です。就活生にとって嬉しいのは、多数いる就活生の一人である自分に対し、気を使った心遣いを感じた時でしょう。新卒採用の母集団確保や選考辞退防止の課題に対して媒体や手法が注目されがちですが、一番は心のこもった誠実な対応が一番効果的だと言えるかもしれません。

 

追伸

地元福井の中小企業の方から、インターンシップで新卒採用につなげる方法についてご質問やご相談を多くいただいています。

①学生からの会社の知名度が低く、ナビサイトでの募集が難しい
②説明会実施などに工数がかかり過ぎて効果が見合わない、もしくは実施できない
③内定者が入社までのあいだに辞退する数が多く、追加募集に追われる
④入社してからの学生と企業のミスマッチで退職者が出る

今後、機会があったら解決方法についてコラムにしたいと思っています。

最後までお読みいただき感謝申し上げます。


関連情報

内定者・インターンシップ学生を同時にフォロー、伝わる・つながるSNSスマホアプリ

内定者・インターンシップ学生を同時にフォロー、伝わる・つながるSNSスマホアプリ

Chaku2 NEXTとは内定者&インターンシップ同時フォローSNSスマホアプリです。   スマホアプリだから今すぐにプッシュ通知で学生へ連絡でき、社内の雰囲気を伝えます。さらにアンケー...


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
田嶋 節和
田嶋 節和(タジマ セツカズ)
株式会社サーフボード 代表取締役
1Dayインターンシップ、合同企業説明会などで出会った就活生に会社の雰囲気、働きがい、仕事風景をインスタ風SNSアプリで伝えます。
就活生は、会社の日常風景や仕事の様子などを写真入りで就活期間中閲覧でき、人事採用担当者や若手先輩社員とも交流ができるクローズドSNS機能です。
クローズドSNSですから、情報漏れの拡散や就活生のプライベート介入の心配がありません。
得意分野 人材採用、コミュニケーション、情報システム・IT関連
対応エリア 全国、海外
所在地 福井県/福井市

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...