企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

『働き方改革』現場にどこまで浸透している!?

先週、弊社主催の“イクボス”をテーマとしたセミナーで、参加者であるダイバーシティご担当者様同士の座談会を実施しました。その中であがった疑問として、人事や経営企画関連の部門では、かなり語られることの増えた『働き方改革』や『イクボス』という概念だが、現場にはいったいどの程度浸透しているのかわからず、温度差を感じる、というご意見が出ました。

各社、これには皆さん大変共感され、いろんなご意見が出ました。

・『働き方改革』も『イクボス』も現場ではまったく実感が無いという声が多数。

・メディアで『働き方改革』が報じられることが増え、うちの会社は何をやるつもりなの?と逆につっこみを受けることもある。

・役員クラスは、非常に意識が高く、総論は把握しており、必要性も感じているが、現場に近い部長クラス以下の役職になると一気に認識がなくなる。

・管理職レベルはその必要性は把握しており、一般論、総論はいいから具体策が欲しいとの声が多い。

・残業削減や休日の取得など制度だけ先にスタートし、現場がついていくのにやっとの状態。

などなど、各社、施策の実施や啓蒙活動のレベルによりバラバラな反応ではあるものの、いよいよ自分たちの働き方に直接かかわってくるという認識が大きくなっているように感じます。

やはり、『働き方改革』を実行するには、要となるのが、中間管理職の皆さんということで、管理職が「イクボス」になれるかどうかで、その実行具合に差が出ると思います。とはいえ、日々の活動の中で何をすればいいのかわからないというお声も多く、より実践的なコンテンツのニーズを非常に感じました。

弊社もこの秋、イクボス100問クイズやイクボスハンドブックなどをリリースしより具体的なところでイクボスの育成をご支援できるよう頑張っております!また皆さんとこうした座談会を持って意見交換をしてまいりたいと思います。


関連情報

●サービス
話題の『イクボス』を育てるリアル★イクボス研修(管理職向け)

話題の『イクボス』を育てるリアル★イクボス研修(管理職向け)

★多様な部下をマネジメントする知恵を学ぶ ★ワークショップ形式のセミナーが好評!


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
藤崎 葉子
藤崎 葉子(フジサキ ヨウコ)
株式会社サクセスボード 取締役/Woman's Career事業部長
(株)サクセスボードにて顧客企業の女性活躍推進に携わり、研修講師として活動して5年、女性向けキャリアカウンセリングを10年実施。一女の母。
私の研修は、 女性のキャリアカウンセリングの経験を活かし、同じ悩みを持つ女性たちのキャリアについて参考になる事例満載の研修です。キャリアデザインだけでなく、ビジネススキル・コミュニケーション力をアップするコンテンツを取りそろえております。
得意分野 モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、キャリア開発、リーダーシップ、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 東京都/千代田区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

就活図書館

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...