企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

eラーニングがコミュニケーションロスの救世主!?

 今回は、コミュニケーションロスの軽減・解消方法についてお話させていただきます。

 最近、コミュニケーションロスが原因で、今まで築き上げたお客様との信頼関係が
悪くなってしまうケースがよく見られます。

 「自分の意見をきちんと伝えられない。」「相手の話を正確に理解できない。」
「自分の態度が相手を不快にさせてしまう。」などがその一例です。

 対外的なコミュニケーションロスは、企業イメージを著しく低下させてしまいます。

 

 では、社内的なコミュニケーションロスは発生していないでしょうか

 例えば、以下のような場合はいかがでしょうか?

  • キャリアプランを立てる為、部下とコミュニケーションが図れていますか?
  • 部下に受けさせたい研修があるが、事前に部下の状況・希望を確認できていますか?
  • 勤務地が離れている部下と目標を設定する場合、時間や場所を確保するのが難しくないですか?

 

 上司と部下が面と向かって、コミュニケーションが図れれば、相手の考えや態度などで、
理解することや、改善を促すこともできるでしょう。
しかし、勤務地が離れているような場合では、コミュニケーションが非常にとりにくくなります。

 コミュニケーションロスを軽減・解消させる為には、直接対話することが一番ですが、
メールのやり取りだけになってしまう場合もあり、不十分です。

 

 では、メール以外の手段を考えてみましょう。

 例えば、教育や研修で活用されているeラーニングの機能を「アンケート収集」に利用したり、
「報告書」や「異動希望書」などをやり取りするといった、「コミュニケーションツール」として利用することも
一つの手段
ではないでしょうか。

 

 eラーニングの機能であれば、インターネットを介し、場所も気にせず、遠隔地の部下ともコミュニケーションが図れ、
結果的に計画的かつ、効果的なキャリア形成にも役立ちます

 対外的なツールとしての利用は難しいかもしれませんが、
社内的なコミュニケーションロスの軽減・解消に一役買ってくれるものもと考えます。

 

 皆様の会社でも、コミュニケーションロスの軽減・解消に、eラーニングの機能を検討してみてはいかがでしょうか。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
福田 護
福田 護(フクダ マモル)
さくら情報システム株式会社 サービス事業本部
人事システムや研修管理システム等の構築・導入に携わる、人事部門や人材管理部門の方のお手伝いをいたします。
人事給与システム、就業管理システム、研修管理システム等の提案~導入を経験。本番導入以降の運用もサポートしております。
得意分野 人事考課・目標管理、キャリア開発、情報システム・IT関連
対応エリア 全国、海外
所在地 東京都/港区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...