企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

「教える」と「育てる」の違い。

こんにちは。

研修コーディネーター協会の代表理事、飯島です。

 

相手に説明をして理解させることを「教える」と言います。

そして、その内容を実践し、身につけさせることを「育てる」と言います。

 

しかし、多くの研修では「教えっぱなし」になってしまい、「育てる」まで

達していません。その結果、研修にかけた時間とお金は無駄になっている

ケースが少なくありません。

 

たとえば、いくら新人研修で「挨拶のやり方」を教えたとしても、

実際に職場で挨拶ができなければ育ったことにはなりません。

では、いかにして育てれば良いのでしょうか。

 

わかりやすい解説として山本五十六の言葉があります。

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば ひとは動かじ」

 

まずは「やってみせ」。つまり手本を示す、背中を見せるということです。

新人が挨拶をしない大きな原因は周囲の先輩上司が挨拶をしないことに

あります。まずは先輩上司がしっかりと挨拶をし、手本とならなければいけません。

つまり、新人教育はまず管理者や先輩の教育ができているかどうかに大きく

関係してくるのです。

 

つぎに「言って聞かせて」。つまり、やり方を解説します。

どのようにやるべきなのか、挨拶であれば表情や声の出し方、

お辞儀の角度、姿勢などを解説します。

 

つぎに「させてみせ」。つまり、やらせるということです。

実際に挨拶をその場でやってもらいながら、解説の

内容をどこまで理解しているか、説明不足の点は無いかを

確認します。

 

最後に「ほめてやらねば」。つまり、評価します。

やらせた挨拶についてどこが良かったのか、どうすたらもっと良くなるか。

この評価をしっかり行うことで、相手は自分のどこが良くてどこが悪いのか

明確になり、成長することができるのです。

(研修による同期同士の評価は甘くなり、また、できていない者同士の評価に

なるため、あまり効果はありません。)

 

研修でも上記の流れを行うことは可能ですが、あくまで研修の中で「できる」

ということであって、実際の現場でできるかどうかは別の話です。

大切なのは研修の後で実践させ、評価をし続けるということ。

つまり、現場で先輩上司が新人を育てるということなのです。

 

研修はあくまで「教える」レベルでしかできません。

いかにその内容を実践し現場で「育てる」のか。

その仕組みづくりを考えなければ、研修をしても効果は出ないのです。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
飯島 宗裕
飯島 宗裕(イイジマ ムネヒロ)
一般社団法人日本研修コーディネーター協会 代表理事
「研修設計のノウハウを広めています」

効果的な研修や人材育成を設計・実施するための勉強会(ワークショップ)を東京を中心に開催しています。
今までに設計した研修は2000件以上。その満足度は90%以上いただいております。
真剣に人材育成に取り組んでいる企業・自治体や担当者様のパートナーとして
全力で支援し、人材育成で組織を元気にしたいと考えています。
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、人事考課・目標管理、キャリア開発、チームビルディング
対応エリア 全国
所在地 東京都/豊島区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

HRコンソーシアム

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。