企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

部下と良い関係を築く上司の「聴き方」

組織において大事な、報告・連絡・相談。

 

近ごろは、メールで報告や連絡を済ませることも増えましたよね。

 

 

ところで・・・・・・

 

 

部下や新入社員に、「困ったことがあれば、何でも話すように」と言ったのに、進捗を確認するまで報告してこない。

 

後輩や部下が何を考えているのか、さっぱりわからない! これだから、ゆとり世代はダメだ。

 

 

そんな風に感じている人もいるのではないでしょうか?

 

 

だけど、その原因は、あなたの「聴き方」に問題があるのかもしれませんよ!?

 

今回は、部下が思わず話したくなる上司の聴き方についてお伝えします。

 

 

・話したくなる「雰囲気」をつくる

 

部下がなかなか報告や相談をしないのは、あなたが忙しそうにしているのを見て、遠慮している場合があります。

 

ですから、部下が話しやすい雰囲気づくりをすることが大切です。

 

最初に大切なのが、話を聴く場所選びです。

 

大勢の人がいるオフィスなのか、それともふたりきりで話せる会議室や喫茶店なのか、場所が持つ雰囲気が会話に影響してくるのです。

 

周りの目が気になる場合は、ふたりきりで話せる場所がいいですね。

ただし、部下が緊張しているようなら、ランチやお茶をしながら話すのがおすすめです。

 

これは、「ランチョンテクニック」といって、食事をすることで副交感神経が優位になり、リラックスできるからです。

 

 

・体ごと部下に向き合う上司は信頼される

 

次に大切なのは、話を聴くときの姿勢です。

 

パソコンで作業をしながら話を聴くと、「真剣に聴いてくれていない」と感じたり、「忙しくて迷惑そうだから、自分で何とかしよう」と相手は感じるでしょう。

 

ですから、部下が報告や相談をしてきたときは、部下の方に体を向けます。自分のひざがまっすぐ相手の方を向いている状態です。

そして、視線をモニターから部下に移して、目を見て話を聴くようにしてください。

 

 

・相づち上手な人が相談を受けやすい理由とは?

 

うなずきや相づちは、「あなたの話を聴いています」というサインなので、積極的に会話に取り入れるといいでしょう。

 

相手の話を理解して、納得していなければ、うなずくことはできないはずです。

つまり、聴いている人がうなずいているのを見て、話す側が安心して話し続けられるということです。

 

さらに、相づちを打つことで聴く側の反応がわかります。

 

上司が理解していないと感じたら、部下はその内容について詳しく話そうとしたり、上司から質問することもあるでしょう。

 

このように、メールでの報告や相談するよりも、話した方がいいと部下が感じられれば、コミュニケーションをとる機会が増えるはずです。

 

いかがでしたか?

 

相談してこない部下や後輩を非難しても、関係が悪くなってしまいます。

 

それよりも、話を聴くときの態度を見直して、「話しやすい上司」になった方がいいですよね。

 

まずは、相手に体を向けることから意識してみてくださいね。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
服部 裕樹
服部 裕樹(ハットリ ヒロキ)
ブラックスミス 代表
社員一人ひとりが個性・適性を認め合い、才能を最大限発揮できる働きがいのある職場づくりを目指します!
自身の経験として、マッサージ店補経営、IT事業を経て、働き方改革のコンサルティング事業を始めている。
経営者と従業員の両方の心に寄り添った提案を行います。
得意分野 モチベーション・組織活性化、マネジメント、コーチング・ファシリテーション、チームビルディング、情報システム・IT関連
対応エリア 全国
所在地 大阪府/高槻市

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介



『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...