無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

組織変革におけるITシステム/ツールの役割とは

皆さんは「ITシステム」や「ITツール」という言葉に、何を思い浮かべますか?

例えば、営業支援システムや経費精算システムの様な、業務を改善・効率化するためだけに使うものと思っている方が多いのではないでしょうか。

今回は、ITシステムやITツールが、組織変革にも役立つことについてお伝えします。

 

ITシステム/ツールの役割

一般的に、IT化を進める目的は、こんな感じではないでしょうか。

・あらかじめ決まっている処理を自動化することによって人による作業を減らす
・情報を共有するための仕組みを構築して、社内のコミュニケーションを円滑にする
・売上情報や顧客情報など、蓄積されたデータを利用して今後の企業活動の改善に活用する
・遠隔地からでも会社の環境に安全に接続して、柔軟な労働環境を実現する

どれもITシステム/ツール導入の目的としては大切であり、業務効率化に大変役立ちます。これと同じ様に組織変革の現場でも、有効に活用できると言う事を具体的に見ていきます。

 

組織変革におけるITシステム/ツールの使い方

それでは、組織変革において、ITシステム/ツールをどの様に活用することができるでしょうか?

ハーバード・ビジネススクールの名誉教授である、ジョン・P・コッターは、組織変革を加速させるための8段階のプロセスを提唱しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.危機感を高める
2.コア・グループを作る(変革を推進するチームを構築する)
3.ビジョンを掲げ、イニシアチブを決める
4.志願者を増やす(ビジョンを伝え、仲間を増やす)
5.障害物を取り除く(変革を阻む障害を取り除く)
6.早めに成果を上げて祝う(短期的な成果を実現する)
7.加速を維持する(更なる変革を推進する)
8.変革を体質化する(変革を根付かせる)

参考文献:ジョン・P・コッター, 『実行する組織』, (ダイヤモンド社, 2015)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらのプロセスにおいて、ITシステム/ツールの中では例えば
グループウェアが親和性が高く、こんな感じで活用することができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2.コア・グループを作る(変革を推進するチームを構築する)
3.ビジョンを掲げ、イニシアチブを決める
チームの運営やビジョン作成の議論、コミュニケーションをグループウェア上で行い、リモート、非同期でも運用可能にする。

1.危機意感を高める
4.志願者を増やす(ビジョンを伝え、仲間を増やす)
6.早めに成果を上げて祝う(短期的な成果を実現する)
⇒グループウェアでの情報共有を徹底し、変革推進チームでなくても、組織変革の状況を把握可能にする。

5.障害物を取り除く(変革を阻む障害を取り除く)
⇒変革推進チームメンバーやチーム以外の従業員からの意見やアイディアを掲示板やアプリケーションで気軽に登録、共有可能にし、組織変革へ関わりやすい環境にする。

7.加速を維持する(更なる変革を推進する)
8.変革を体質化する(変革を根付かせる)
⇒変革した際の情報をデータとして蓄積し、誰でもどこからでも参照できるようにして、更なる変革や変革の定着に活かせるようにする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジョン・P・コッターが提唱する組織変革の8つのプロセスを実践するのは、相応の時間が必要かもしれません。けれども、作成したビジョンや意識を共有したり、課題を議論したりするスペースを、ITシステム/ツールを使って
作ること自体は、それほど高度な技術を要するものでもなく、明日からでも実施することができる事
だと思います。

貴社が組織変革を進めようとした場合、社内にあるどのITシステム/ツールが活用できるかを考えてみると良いかもしれません。

 

ITシステム/ツールを使う上でのポイント

組織変革でITシステム/ツールを使う際にポイントとなるのは次の3つです。
・従業員が必要な情報を把握できるように情報共有を徹底すること
・従業員が意見やアイディアを出しやすい環境をつくること
・ITシステム/ツール導入自体を目的化しないこと

サイボウズ社内においては自社製品であるkintoneやGaroonを利用していますが、インサイダー情報やプライバシーに関わる情報など一部の情報を除いて、情報公開が徹底されていて、新入社員でもほとんどの情報を閲覧することが出来ます。

また、説明責任、質問責任を果たす風土を大切にしていて役職や立場に関わらず、それが実践できる環境づくりを大事にしています。

そして、IT化により、業務効率化、組織変革の推進を図ることはもちろん重要ですが、IT化する事、ITシステム/ツールを導入すること自体が目的化してしまい、本来実現したい目的が置き去りにされてしまう、といった話を聞くこともあります。

ITシステム/ツールはあくまで、目的を達成するための手段であり、それ自体が主役ではないということは注意しておきたいところです。

重要なのはITシステム/ツールを使う事ではなく、組織変革を起こせる風土や環境を大切にすると言うことです。

 

まとめ

組織変革とITシステム/ツールは一見、関係が無い様に思えますが、上手に使えば、より多くの人を巻き込んだり、変革のスピードを速めたりすることができます。

業務改善だけでなく組織変革にもITシステム/ツールの活用を考えてみませんか?

※この記事は、サイボウズチームワーク総研サイトにて、2021年6月10日に公開した記事を一部編集したものとなります。

 

  • モチベーション・組織活性化
  • マネジメント
  • チームビルディング
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

変化に強い組織づくりは、サイボウズ流チームワーク経営で解決!

予期せぬビジネス環境の変化にも、柔軟で素早い対応を可能にするのは「自律したメンバーが行動できる」自立分散型の組織です。ひとりひとりが問題点を発見し、行動できる組織づくりを「チームワーク経営」のサイボウズがサポートします。

チームワーク総研(チームワークソウケン) コンサルタント

チームワーク総研
対応エリア 全国
所在地 中央区日本橋

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

人材育成はマインド醸成から〜人事担当者が取り組む2つの実例

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント)

当社が公開中の人事向け無料動画セミナーでもお伝えしているとおり、 「人材育成は、マインド醸成から始める」 ということ...

2021/08/04 ID:CA-0003704 人事施策・研修実施のヒント