企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

在宅勤務・テレワークにおけるサイボウズの取り組み

※この記事は、サイボウズチームワーク総研サイトにて、2020年5月1日に公開したものを一部改変したものとなります。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で、在宅勤務を強いられている方も多いと思います。慣れない環境での仕事に、ストレスを感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

特に、マネジメント層のみなさんにとっては、組織運営やコミュニケーションの勝手の悪さに、「在宅勤務は難しいなぁ」と感じていらっしゃる方もいるかもしれません。

2020年4月、サイボウズチームワーク総研では「新型コロナウイルスによる働き方への影響」に関する調査を行いました。この調査によれば、「時差通勤・テレワークの増加」「会議のムダが明確になった」などの"良い変化"があったと感じた回答が19%でした。

一方、"悪い変化"があったと感じた回答が25%あり、その内容は「勤務やミーティングの調整が大変」「チームでうまく集まれない」などでした。

そこで、この記事では、サイボウズにおける「勤務やミーティングの調整」や、「チームで集まる取り組み」の事例についてご紹介します。

 

勤務・ミーティングの調整にはグループウェアでスケジュールを共有

勤務やミーティングの調整について、サイボウズでは自社で開発しているグループウェアを使っています。多くの企業様にお使いいただいているものと同じで、特別なものではありません

サイボウズでは、社長を含め、すべての社員のスケジュールは全社員に共有しており、誰もが、予定を確認できます。

ミーティングを入れる際は、時間や施設、参加者を指定します。予定が重複しているメンバーにはビックリマークが付くため、簡単に確認できます。また、他の時間への調整も、全社員のスケジュールが共有されているため容易です。

もちろん、場合によっては全員の都合が合わないこともあります。その場合は、予定は予定として入れておいて、都合が悪いメンバーは「今日は〇〇の会議があるので、このミーティングは参加できません」のように書き込むことによって調整しています。

 

チームで集うために、定期的なミーティングやザツダンの時間を設定

チームで集いやすくするために、ミーティングやメンバー同士で話をする時間を定期的に設定しています。

たとえば、チームワーク総研では毎週金曜日、メンバー全員で集まる定例会を設定しています。業務報告というよりは、仕事の困りごとや相談事項を共有する時間です。

また、管理職や同じチームのメンバーと1対1で話す、サイボウズ流1on1ミーティング「ザツダン」も行っています。

毎朝20分「朝会」を実施しているチームも多くあります。昨日やった仕事や今日取り組む業務、ちょっとした困りごと、相談ごとなどを気軽に話す時間です。ツールはZoomを使っています。

ある部署の朝会は、在宅勤務が始まる前は行っていませんでした。しかし、全社員が在宅勤務になるにつれ、「メンバーの状況が見えにくい」「一人孤独にならないようにしたい」と始めた取り組みです。定期的にチームで集い、話す時間を設けたおかげで、お互いの状況が把握でき、在宅勤務による心理的な負担が軽減し、一体感が増したと感じています。

このように、それぞれのチームで、「チームワークをよりよくするためにはどうすればいいか」を考え、取り組んでいます。

 

在宅勤務は「チームワークをよくする機会」

サイボウズでは現在、1000人近いメンバーが在宅勤務をしています。オフィスで働いているときと比較すると、「課題が全くない」というわけではもちろんありません。課題を感じたらそれを共有し、「どうすれば解決できるか」をチームの中で考え、日々改善しています。

というより、在宅勤務はさまざまな制約がある分、チームにとって「本当に大切なこと」に気づかせてくれます。たとえば、これをお読みのあなたも、在宅勤務をすることで「コミュニケーションって大事だな」「話すって大事だな」と改めて感じたのではないでしょうか。

この気づきは、非常時だけではなく、平時のチーム作りにも役立つはずです。そこで、非常時のいま、改善できることは意識的に改善してはどうでしょうか。

たとえば、勤務やミーティングの調整にグループウェアを活用すると、平時の調整はもっと効率よくなるはずですし、非常時のいま、定期的に話す場や、1on1ミーティングを設定することによって、平時に戻った時に、チームのコミュニケーションがよくなります。

今回の在宅勤務を機会に、よりよいチームを作るための「業務のあり方」や「理想的なチームの姿」を改めて見直してみてはいかがでしょうか。


関連情報

●資料ダウンロード
テレワーク時代の「チームづくり」への道筋

レポート・調査データ

テレワーク時代の「チームづくり」への道筋

新型コロナウィルス感染症の拡大を受けて、私たちの職場環境は一変しました。 新たなコミュニケーションや情報共有を行うことでの「新しいチームづくり」が今、求められています。 これからの未来に向け...


●資料ダウンロード
サイボウズ流 テレワークの考え方

導入事例

サイボウズ流 テレワークの考え方

今回のコロナ禍を機に、「テレワーク導入」を検討されている企業も多いのではないでしょうか。 この資料では、テレワーク導入のエッセンスをわかりやすくまとめ、多くの企業がつまづきやすいポイントを、...


●セミナー
【オンラインセミナー】効率よいオンライン会議の進め方(事前動画あり)

【オンラインセミナー】効率よいオンライン会議の進め方(事前動画あり)

2021/02/04(木) 14:00 ~ 15:00(受付13:45~)

WEBセミナー(オンライン)


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
チームワーク総研
チームワーク総研(チームワークソウケン)
コンサルタント
変化に強い組織づくりは、サイボウズ流チームワーク経営で解決!
予期せぬビジネス環境の変化にも、柔軟で素早い対応を可能にするのは「自律したメンバーが行動できる」自立分散型の組織です。ひとりひとりが問題点を発見し、行動できる組織づくりを「チームワーク経営」のサイボウズがサポートします。
得意分野 モチベーション・組織活性化、マネジメント、チームビルディング、コミュニケーション、ロジカルシンキング・課題解決
対応エリア 全国
所在地 中央区日本橋

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...