無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【人物解体新書】前編:採用コンサルとしてRebornした僕

=【人物解体新書】前編:採用コンサルタントとしてRebornした僕。つまづいて、立ち上がって、辿り着いた“本当の仕事”のおもしろさ。=

 

【人物解体新書】とは、話を引き出すプロのキャリアコンサルタントがHR領域での活躍者にインタビューをして、様々な心理学やキャリア理論を用いながら、読者の皆さまが再現できるように活躍者を解明していくコンテンツです。

 

 

㈱ログシーのキャリアコンサルタント&広報担当の鈴木さくらです。

 

多くの人が仕事に求めるものの一つとして挙げられる、「やりがい」。その「やりがい」から「使命感」にシフトするという、目が覚める瞬間をあなたは経験したことがありますか?

 

今回は、印象深い一つの案件を通して「やりがい」のその先にある「使命感」から見える景色に出会えた一人の活躍者を通して、その成長の軌跡と秘訣を探っていきます。

 

***

 

■スタートはつまづきの連続だった

 

2018年秋に弊社へ中途入社した採用支援事業部営業リーダーの大橋響(おおはし ひびき)。中途採用のご支援で大きな案件を担当することになり、そこから数ヶ月かけて、採用コンサルタントとしての仕事観を揺さぶられる体験と遭遇することになった。

 

「お客様に『もっと提案がほしいです』って言われたんです。というのは、『この状況でこのまま採用活動を進めてもうまくいかなそうだからどうすればいいのか、営業目線での具体的な提案がほしい』と。おっしゃる通りで、多忙を言い訳にちゃんとお客様に向き合えてなかった自分に気づかされました」。

 

-それはA社様の案件に取り組み始めて、どれくらい経った頃に言われたんですか?

 

「2~3週目くらいですね。言い訳にはなりませんが、実はコロナ禍の影響で急遽不慣れなリモート(在宅)勤務になって、当初は上長や他部署との連携が弱くなり、お客様への対応が後手後手に回ってしまっていました」。

 

上長に相談する際はせめて丸腰ではなく、自分なりの解をもって相談したいものである。それは新入社員でも学ぶ報連相の基本だからだ。でもそれができないほど、大橋の対応は後手後手に回っていた。

 

「はい、その通りです。自分なりの解すら用意できなかった。本当に情けなかったです。でも、隠しても前に進まないので、そのまずい状態を洗いざらい出して、そこから対策としてこういう提案をしていきます、と伝えて。そこから徐々に改善していったという感じです」。

 

 

■「準備」という、仕事上での基本の「き」の重要さ

 

最初からつまづきの連続で、大きな案件を担当することにプレッシャーを感じていた大橋だったが、一方で、仕事の基本に立ち戻れたことは大橋にとって大きな収穫だった。

 

「やっぱり準備が一番大事。準備を制する者はビジネスを制すると言っても過言ではないと思います。何を初心者みたいなことを…と思われるかもしれませんが、これは声を大にして言いたい」。

 

-準備とは?具体的に?

 

「こういうことが想定されるだろうから、そのためにこれを作っておこうとか、これを備えておこうとか。それをできるだけたくさん用意しておく。そのバリエーションは経験値とともにどんどん数が増えていく。それがお客様の信頼を得られることだと思うんです。単にイチ営業じゃなくて、採用コンサルタントというポジションで仕事をしていくのであれば、お客様の採用にまつわるお悩みに対して解決策をどれだけ提案できるかだと思うんですね。準備したことをそのときに活かせなかったとしても、その先に活かせるときは来るだろうし、それさえ想定しておけば、別の角度やアレンジをしてまた新たな提案ができるようになるから、改めて準備は本当に大事だと身を以て知りました」。

 

「準備を制する者はビジネスを制する」という大橋の言葉は、経験値が増えて、油断と過信で足を掬われそうになったときにぜひとも思い出したい言葉である。

 

「それ以来、先方様との毎回のmtgもやりやすくなりました。最初は先方様も僕に任せることが不安だったと思うんですけど、任せてもらえるようになって、求めていた採用コンサルタントってこういうものなのかってようやく実感できました」。

 


■「やりがい」が「使命感」に変わった脱皮の瞬間

 

仕事の基本に立ち返ることができたなかで、仕事への向き合い方が変わったのもこの案件だった。それは、「やりがい」の変化だった。

 

「A社様の案件を担当するまで、僕のやりがいは2つでした。1つ目はお客様からリピートをいただくこと。自分が担当した案件が上手くいけば、それがお客様によろこばれるので、再度依頼をいただくことがやりがいでした。2つ目は毎月の予算達成。営業として予算が達成できないときは、やりがいも何もないですからね」。

 

そんな風に仕事の「やりがい」を見出していた大橋が「やりがい」の変わる瞬間に立ち会った。

 

「先方の担当者様が上長に進捗を報告するという機会があったんです。それに先駆けて、『上長にしっかり報告できるような情報をください』と言われて、それを聞いたときに、自分が結果を出せないと担当者様が上長に叱られることになる。それをその場で感じて、この方が上長にもっといい報告ができるように自分が結果を出さないといけないんだということをより強く感じて、それは僕にとって目が覚めた瞬間だったんです」。

 

どういうことだろうか?

 

「今までは先方から『上長に報告する内容をどうしたらいいですか』っていうのを直接言われたことがなかったから、そういうことを深く考えたことがなかった。でも、改めて自分が間接的に担当者様の評価に関わっているんだということがわかった時に、今まで関わってきた他社の担当者様にもそこまで深く考えてあげられていなかったなと思ったんです。それまでは近視眼的に、目の前の採用数という結果だけしか見てなかったので、それではいけないなと。大げさかもしれませんが、担当者様と同じ船に乗っている運命共同体みたいな感覚ですよね」。

 

縁あって弊社と自分を選んでいただき、一緒に仕事をさせていただく担当者様が上長に良い報告ができるようにサポートするのが自分の役割なんだと気がついたとき、これまで感じていた「やりがい」とそのときの「やりがい」はどう変わったのだろうか。

 

後者の方が今まで感じたことのない『使命感』を覚えるようになりました。『やりがい』というよりは、これが僕の役割なんだなと。もっとサポートしてあげたいなとか、役に立てることがあればもっと役に立ちたいなとか、内から沸き起こるように思うようになりました。だからやりがいの分類とはまた少し違うような気がします」。

 

これこそまさに一皮むけた経験と言えよう。これまで大橋が感じていた「リピートをいただくことと予算達成」という「やりがい」は、もちろん会社のためではあるものの、自己完結しやすい。自分が満足するという、自分目線の意味合いが強かった。

 

しかし、A社様を通して感じた「使命感」はもっと大きな意味合いを持つ。自分一人で完結しえない、誰かのためにという他者目線が入ってくる。自分のために、ではなく、相手のためにという決意を帯びた使命感を覚えたとき、仕事の醍醐味を実感できるのだろう。

 

「やりがい」をも内包する「使命感」。“本当の仕事”はここからなのかもしれない。

 

→後編へ続く!

 

 

  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • コーチング・ファシリテーション

個人と組織の橋渡しをして、ともに持続的な成長を図ることがお役目です。

育成支援事業部の柱の一つである、ROGCollege(通称ログカレ!)。多忙を極める人事担当者様に向けた“読んで調べて、たまに集まる”がコンセプトのコミュニティ兼シンクタンクを運営。実務と理論の橋渡しをして再現性ある人事業務を後押しします

鈴木 さくら(スズキ サクラ) 株式会社ログシー/キャリアコンサルタント&広報/ログカレ!運営責任者

鈴木 さくら
対応エリア 全国
所在地 新宿区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

「気づき」による捉え方の変化から「行動変容」をもたらすヒント

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント)

ある技術系企業の社員(対象:課長~昇格前の次期リーダークラス)向けに 1年間の管理職育成プロジェクトを終えて、今受講され...

2021/09/15 ID:CA-0003740 人事施策・研修実施のヒント