無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

低リスクで高ポテンシャル人材を採用するには?(VOL.14)

(株)アスリートプランニングの小池と申します。

 

前回に引き続き体育会採用における【内定者フォロー】についてお伝えします。

 

今回は【内定者フォロー支援実例】vol.2です。

弊社が取り組んだ成功支援例について、何がどう良くて、ポイントは何だったのかをご参考にしていただければ幸いです。

 

前回のおさらいとして、内定者フォローにおいては4つの理解が大事ですということをお伝えしました。つまり、「自分」「同期」「仕事」「会社」への理解です。

 

今からお伝えするプログラムは「仕事」「会社」への理解を切り口としています。

※プログラムはどの理解を促進するかにより特徴が異なるので、課題点によって使い分ける必要が

あります。

 

事例1:【仕事・会社理解促進】MVP選出ワーク

 

・支援企業業界:生命保険業界

・職種:営業職

・内定者人数:20名

・ご要望:他社との違いを内定者に理解させて、意思決定させたい

・課題:ここにしかないやりがいはあるが、細かすぎて伝わらない

・導入策:グループディスカッションオリジナルテーマで設計。実在部署の部長となり、担当社員の魅力をアピールしあうワーク。

 

ただ、会社説明を聞く、現場社員様と面談・懇親するではなく、自分からインプットとアウトプットをし、そして出た意見の検証をすることで仕事と会社をより理解してもらうを目的に設計したワークです。

 

『これより、○○事業本部のMVP選出会議を開始します。』

 

参加者はくじを引き、貴社に実在する6事業部(もしくは部署)いずれかの部長となり、MVP社員決定会議に出席します。会議では自部署で活躍した社員がMVPに選抜されるようアピールし、MVP枠を勝ち取ります。

 

【参加者への配布資料】

全体情報一覧・・・実在する事業部を細かく紹介するシート

インタビューを通して、【5W1H】で実務内容や各部署との関連性、何がどう仕事として生まれているのかを抽出します。

 

候補者カード・・・MVP候補メンバーを紹介するカード

どんな成果が評価されるのか?仕事にはどんなやりがいがあり、どのような失敗があるのか?など、実在の社員に取材した内容が記載されています。

 

【プログラムの進め方】

まず、始めに対象企業様のビジネスモデルや業務フローを図解し、内定者に説明をします。

その上で上記、【全体情報一覧】と【候補者カード】を配布し、読み込みの時間を設定し、必ず

自部門からMVPを出してくださいというミッションのもと、ワークが進行していきます。

ポイントとしては、ただ情報を読み込み周りにプレゼンしていても、MVPは獲得できないという事です。周囲の意見を聞いて、自身のプレゼン内容とは何が違うのかを傾聴した上で、アウトプットをしていくことで最終的に【選ばれる】という流れになっていきます。

 

周りの意見と比較しながらインプットとアウトプットを繰り返す事で、能動的に企業の仕事や会社をより理解してもらうことができます。

 

途中で担当部署を変更したり、モデルとなった社員の方に実際に登壇いただいたり等、

+αの仕掛けを加えることで理解を深めることも可能です。


 

■学生サイドの心情変化

参加前…どの生命保険会社に行っても大して変わらないのではないか。

参加後…リアルなエピソードでやりがいが分かった。こんなすごい社員が集まってるこの会社はすごい!

 

■企業サイドの変化

・能力の再評価

・次回フォローへの接続(登場した先輩社員の認知等)


 

内定者フォローの目的は何でしょうか。

目的が曖昧のまま、内定者フォローをただ実施すればいいというマーケットではなくなってきています。

 

まずは学生に対して、内定を出して終わりではなく、入社に至って終わりではなく、

「入社後に成長軌道高くスタートできるように」と位置づけてあげることが大事だと考えております。

【目的→4つの理解を踏まえ、切り口を考える→ワーク設計】

 

ぜひ、皆様もご参考にしていただければ幸いです。

以上、ご一読いただきありがとうございました。

  • 人材採用
  • キャリア開発
  • コーチング・ファシリテーション

寄り添った課題提案を

最年少新卒領域責任者として従事しており、これまでに100社以上の企業様の採用支援をしてまいりました。累計12,000名以上の体育会学生との面談実績をもとに、リアルな学生の動向をお伝えします。採用におけるお悩みを一緒に解決しましょう。

小池 俊介(コイケ シュンスケ) 新卒採用支援部 マネージャー

小池 俊介
対応エリア 関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)
所在地 東京都新宿区高田馬場

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

多様性はもともとそこにある。これから求められるのは「融合」

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント)

「サイボウズの青野さんのセミナー、面白かったですよ!」 と当社社員が勧めてくれた講演会 「100人100通りの働き方~...

2021/04/14 ID:CA-0003586 人事施策・研修実施のヒント