企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

内定承諾獲得に向けて ~比較に寄り添う情報提供~

2018年卒採用、気がつけば6月解禁から1ヶ月が過ぎ去りました。
みなさまの採用活動はいかがでしょうか。採用担当者の皆様は選考真っただ中、また内定承諾の獲得に向けたラストスパートに奔走されている企業様など、最繁忙期を迎えられている時期ではないでしょうか。

 

この時期、人事担当者からは「選考中の学生への対応を優先するあまり、内定者フォローまで手が回らない・・・」という悩みを耳にします。
売手市場の影響を受け、内定承諾を得ることが年々難しくなっています。
手厚く内定者へのフォローを展開したい反面、決断は内定者自身がするものであり、過度に意思決定に携わることはマイナスであると考える人事担当者が増えているのも実情です。

 

 

選ばれるのを待って何もしないのでは、採用業務を完遂できない

確かに、「入社してください」と頭を下げるのも、内定者に対してチヤホヤし過ぎるのも、入社後を考慮するとマイナス効果になることが懸念されます。
その為、内定者に対して良い意味での放置を敢行する企業が増えつつあります。
「人事に説得されたから入社を決めました」と言われても、正直困ってしまうのが人事担当者の本音です。
とはいえ、選ばれるのを待って何もしないのでは、採用業務を完遂したとはいえません。
内定通知は経営陣が下したジャッジです、会社の将来を見据えた大きな経営判断でもあります。
内定者をその他大勢の就活生と一緒に扱うのではなく、自社を成長させ自社の将来を託す人財として確実に入社させるまでが採用活動です。

 

自社とA社で悩んでいる内定者に対して、人事担当者としては「自分の力で調べ、悩んで、自社を選んで欲しい」と考えるものです。
その為、良い意味での放置が増えつつあります。
しかし、自社が何もしない間にライバルA社が内定者へ接触し、入社意欲を高められるよう企業努力に励んでいる可能性があります。
その結果、「A社への入社を決断しました」と辞退連絡が届いてしまいます。

 

ここで注目したいのが、決断理由です。
内定者が何を不安に感じ、辞退を決断したのかを知る必要があります。
A社の人事担当者は学生の不安を聞き出し、それを解消する情報を提供していたとします。
例えば、「出産後の復帰」というテーマだった時に、A社が伝えた内容で内定者は不安を解消し、入社を決断したかもしれません。
しかし、A社と比較した場合に、自社の方がより制度も整い実績も多数あったとしましょう。同じ相談を同時に受けていれば、比較検討のうえ自社を選んでくれたかもしれません。
しかし放置している場合、内定者が自社へ相談してくるのは、A社の回答で不安が解消されなかった場合のみです。

 

 

決断する為の材料、情報提供は人事担当者の大切な仕事

入社を決定する際の情報提供は待っていても始まりません。
ライバル企業と同じレベルで情報提供することで公平なジャッジがくだされます。
A社は100%情報提供しているが、放置している自社は50%で止まっているというケースがあります。
つまり、内定者のニーズに合わせた的確な情報提供が内定承諾の決め手となります。

 

内定者とライバル企業とのやり取りだけで、自社の内定辞退へ至ってしまうのは本当にもったいない状況です。
「内定者が自分で決断すること」と割り切るのであれば、決断する為の材料、情報提供は人事担当者の大切な仕事です。

 

近年、内定者サイト(内定者SNS)を導入する企業が急増しているのも、的確なタイミングで効率よく情報提供するためです。 前年の内定者から承諾に至った経緯や承諾前の悩みをヒアリングし、内々定者に対して情報提供することが最も効果的です。
内定者から悩みを聞き出し、都度対応することは難しく、過剰なフォローと映りかねません。
そこで、内定者サイト(内定者SNS)内に掲示板やブログのようなコーナーを設けて情報提供しておきます。承諾を悩んでいる内定者は掲載されている情報を自ら見つけ、判断材料として活用してくれます。
全ての内定者に個別フォローを展開して悩みを解消していくのは、限られたマンパワーと限られた時間の中では非現実的です。
内定者に意思決定を委ねるのであれば、人事担当者側も判断材料として必要と想定される情報は先に提供しておくことが必要です。
他社と比較された場合、有利にはたらく情報を事前に提供(掲載・投稿)しておくことが内定承諾を獲得するうえで効果を発揮します。

 

売手市場化の影響を受け、内定辞退の増加が懸念される昨今、前年踏襲によるフォロー施策に加え、新しい取り組みに挑戦されてみるのはいかがでしょうか。


関連情報

●サービス
内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」

ご利用企業のべ2000社以上!国内シェアNo1. 内定者フォロー・新入社員研修SNS 「エアリーフレッシャーズ」

内定者管理業務が3割減! 内定辞退率が2割減! 毎年3万人以上に利用いただいています!


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
佐原 資寛
佐原 資寛(サハラ モトヒロ)
EDGE株式会社 代表取締役社長 チーフエヴェンジェリスト
導入実績2,000社を誇り、人事課題解決に特化した社内SNS「エアリー」シリーズを取り扱うEDGE株式会社にて代表を務める。
”人財育成×社内SNS”をテーマに2,000を超える社内SNSの導入・運用コンサルティングを担う。対応できる課題は新卒採用、新人育成、研修フォロー、従業員満足度向上、離職率低減、女性活躍推進など。
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、人材採用、キャリア開発、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 東京都/千代田区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

WEB面接に特化した採用システム インタビューメーカー 日本マンパワーHRフェス2017開催!

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの
new

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」
new

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...