企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

同一労働同一賃金を従業員の待遇の在り方を考える契機に

 

2020年4月より施行される同一労働同一賃金の対応に取り掛かっている企業も多いと思います。
同一労働同一賃金は正社員を中心とする正規型の従業員と短時間労働者や有期雇用労働者といった非正規従業員の間にある不合理な待遇差の是正を目的としています。

 

対応にあたり、必然的に比較対象となる自社の正社員に対する現在の待遇を整理する必要があります。
法令対応という観点だけで進めるのであれば、整理した正社員の待遇と非正規従業員の待遇について、職務の内容等に応じた合理性を確保することで足りますが、さらに一歩進んで、正社員を含めた報酬制度が、次の観点から見て実効性があるかを検証してみましょう。

 

1.正社員間にある待遇差は職務の内容、責任範囲等で考慮した場合、合理性があるか
2.賃金の支給基準を中心に現在の報酬制度は会社の未来に向けた事業戦略、求める人材要件と整合性がとれているか
3.現在の報酬制度は、貢献度が高い従業員を公正に処遇する制度になっているか

 

少子高齢化により労働力人口の減少が見込まれ、かつ不確実性の高い経営環境の中で企業が持続的な成長を実現するためには、会社が求める人材を確保、定着させ、競争力ある労働生産性を確保することが求められます。
そのためには、仕事の進め方や従業員の意識、何をもって貢献とし処遇するのかなど、人事施策における従来の考え方を見直す必要性も出てきます。

 

同一労働同一賃金は非正規従業員の待遇見直しを目的としていますが、職務内容、職務貢献結果に応じた合理的な待遇を受けること、会社からの期待役割と待遇の在り方に一貫性があることは、全ての従業員が望むものです。
ぜひ、同一労働同一賃金の対応を契機に、自社の未来にむけて、どのような報酬制度が必要となるかを考えてみましょう。


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
片山 力
片山 力(カタヤマ ツトム)
株式会社アクタスマネジメントサービス/アクタス社会保険労務士法人 シニア人事コンサルタント
アクタスはヒトによる企業の成長を強力にサポートします
企業にとって重要な経営資源であるヒトに関する経営課題に対し、高い専門性と経験に基づいた実効性のあるコンサルティングにより課題を解決し、ヒトによる企業成長を強力に支援します。
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、労務・賃金、人事考課・目標管理、マネジメント
対応エリア 関東(東京都、神奈川県)
所在地 港区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 求める人材を確実に採用する視点

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。