企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

「場当たり採用」が会社を滅ぼす?(1)全4回

  • 2018/09/13 14:48
  • テーマ:採用

●場当たり採用チェックリスト、いくつ当てはまりますか?

採用担当のみなさま。忙しいですか!?忙しいですよね・・・。
最近よく聞きます。「年がら年中採用活動している気がする」、と。
忙しすぎると、目の前のことに追われます。部分的な対処に追われます。

この部分的な対処に追われることを、失礼ながら「場当たり採用」と呼ばせてください。

「うちって場当たり採用になっちゃってるの?」という方。
以下のチェックリストを使ってみてください。

□ 集める候補者の数(母集団)ばかり気にしてしまう。
□ どのサービス、どの業者を使うかが社内議論のメインになっている。
□ 「自社の魅力は何ですか?」と聞かれて、スパっと答えられない。
□ 採用ノウハウが社内で属人化しており、引継ぎが難しい。
□ 現場の理解が薄く、人事や採用チームだけががんばっている。
□ 経営陣の理解が薄く、求心力を高める施策が議論できない。
□ 採用の方針や戦略をまとめた資料が社内に存在しない。
□ 他社の事例や採用トレンドは理解しているが、活用できていない。
□ 採用手法や選考手法のユニークさばかりを追及してしまう。
□ 採用サイトの制作やインターンの企画が目的化してしまう。
□ 採用(入社前)と定着・育成(入社後)が分断され、共通認識がない。
□ 単年の採用目標はあるが、中期的な採用ビジョンはない。


全部で12個のチェック項目があります。このうち4つ以上のチェックが入った企業は、
「場当たり採用」に陥りやすい環境となっている可能性が高い。
貴社はいかがでしょうか?

「当てはまった・・・」という方も、
「3つ以下だったけど場当たり的になってる気がする」という方も、
ご安心ください。それは、あなたのせいではありません!
「場当たり採用」になりやすいことには、構造的な理由があるのです。


関連情報

●資料ダウンロード
採用担当者139名のアンケート結果から見えた『採用マーケットの構造変化と採用力強化のポイント』

レポート・調査データ

採用担当者139名のアンケート結果から見えた『採用マーケットの構造変化と採用力強化のポイント』

昨今、新卒、中途共に、企業にとっては人材が採用しにくい環境が続いています。求人マーケット全体の需給バランスだけでなく、その背景にはどんな構造的変化があるのでしょうか?139名の採用担当者の方...


●資料ダウンロード
「採用力」強化の方法論~6つの要素で捉え直す戦略設計と実行手順~

レポート・調査データ

「採用力」強化の方法論~6つの要素で捉え直す戦略設計と実行手順~

「採用戦略を抜本的に見直したいが、なかなか着手できていない」という企業が多いなか、これまで明快なフレームワークがなかった採用戦略を体系化し、その設計手順とポイントをまとめた記事です。(『月刊...


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
増渕 知行
増渕 知行(マスブチ トモユキ)
ジャンプ株式会社 代表取締役
企業の採用を人事部から全社主導へ切替える「採用戦略」の概念を日本で初めて体系化。
「働きたくなる会社を日本中に」をミッションに、採用力の強化に特化した事業を展開。企業の強みを「独自価値の発見、発揮、強化」の視点から再定義し、「戦略的な採用活動」を行える人事担当者を増やし、より多くの企業の採用力向上に貢献いたします。
得意分野 経営戦略・経営管理、人材採用、リーダーシップ、マネジメント、コーチング・ファシリテーション
対応エリア 関東(東京都)
所在地 東京都/新宿区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 優秀な人材確保のために、女性活躍推進を!

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...