企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

ロジカルシンキングの目的と限界

前回、“上司の勘と経験に負けるロジック”という話をさせていただきましたが、今回もロジカルシンキングを活用する上での“上司の壁”について書きたいと思います。

「これこれこういうふうに考えてA案を実行するべきだと考えます。」と上司にロジカルに説明したところ、「そう考えたらむしろB案の方がいいんじゃないか。」と切り返されることがあります。自分としては、いろいろ考えた結果、A案が良いと思っているのに、上司はそれに反してB案の方が良いと言います。

こういう場合は、どうしたらいいのでしょう。自分が考えたプロセスをもう一度上司に丁寧に説明し直すというやり方もあるでしょうし、上司がB案がいいと考えている理由を確認した上で、再度検討をするというやり方もあるでしょう。具体的にどうするかということについては、いろいろな考え方があると思いますが、その前にまず、“考えるスタンス”として押さえておくべきことがあります。

それは、ロジカルシンキングは相手の“認識”は変えることができても“見解”までは変えられないということです。もう少し具体的に言うと、考える上での前提条件を置いて、必要な情報を集めて自分なりに整理して相手に伝えることによって、相手の判断材料を増やしたり、視点を変えたりすることはできても、“判断そのもの”までをコントロールすることはできないということです。要は、“どんなに自分がロジカルに考えても最後決めるのは相手”という健全な割り切りを持っておくことが重要だということです。

同じ花を見ても「きれい」だと思う人と「それほどきれいではない」と思う人がいます。ロジカルシンキングができることは、“できるだけ同じ花を見るようにする”、“できるだけ同じ基準で見るようにする”ところまでで、それでも「きれいではない」と相手が判断した場合はあきらめるという割り切りも必要になって来ます。もちろん、あきらめずに、相手の考えを変えてもらえるような材料や判断基準をさらに多く集めて提示するという姿勢も必要だと思いますが、自分の頭の中では、それが“認識の違い”から来るものなのか“見解の違い”から来るものなのかを冷静に判断しておく必要があります。

では、“見解”が違った時は、誰の意見が通るのでしょう?

簡単ですね、“偉い人(より上位の人)”の意見が通ることになります。それは、判断の良し悪しではなく、“誰が責任を取るか”ということで決まるからです。

自分がロジカルに考えて出した提案が通らないということはあまり起きてほしくないですが、もしそれが“見解の違い”によって通らなかったのであれば、「自分のやるべきことはやった」と開き直って考えていいと思います。

自分のやりたいことをやるためには、やはり“早く偉くなるのが一番”ということでしょうか?


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
寺西 厚人
寺西 厚人(テラニシ アツヒト)
シニア・パートナー
ロジカルな側面(左脳)からアプローチする研修と、人間の感情面(右脳)からアプローチする研修の両方を得意とするスイッチヒッター講師。
NTT、グロービスを経てシンスターに参画。NTTでは、システム開発・設計、国際事業企画、新規事業開発業務に従事。グロービスでは、人材・組織開発事業に携わると共、MBAスクール・企業研修の講師も務める。
得意分野 リーダーシップ、コーチング・ファシリテーション、コミュニケーション、プレゼンテーション、ロジカルシンキング・課題解決
対応エリア 全国
所在地 渋谷区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...