企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

  • ツイートする

日本企業が今実践すべき「タレントマネジメント」とは ここにリード文章が入ります。この文章はダミーのテキストです。実際の内容とは異なりますので予めご了承下さい。

インタビュー記事

INTERVIEW 01

日立製作所とコクヨ
100年企業が挑むグローバル市場で勝つためのタレントマネジメントとは

近年、日本企業の人材戦略において、「タレントマネジメント」が一つのキーワードとなっています。グローバル競争、働く人の意識の変化など、今まさに日本企業は人材マネジメントのあり方を問い直すフェーズにあるからです。
では、先進的な企業では実際にどのような取り組みを行っているのでしょうか? 本稿では、共に創業100年を超える歴史を誇る、日立製作所とコクヨの人事責任者が登場。人事こそ経営のパートナーであるという観点から、両企業が大事にしている価値観や、目的達成のためにタレントマネジメントをどう生かしていくのかについて、存分に語りあっていただきました。これからタレントマネジメント導入を進めていく企業、運用に悩んでいる企業にとって、解決に向けたヒントが見つかる、大変見応えのある対談となりました。ぜひご覧ください。

INTERVIEW 02

日本的「人材マネジメント」から世界基準の「タレントマネジメント」へ
~ 実現のための“課題”と“対策”とは? ~

近年、「タレントマネジメント」の導入を考える企業が増えています。その背景には、グローバル競争の激化、情報流通量の増加、人材の流動化、働く意識の変化など、さまざまな理由があります。しかし、タレントマネジメントはこれまでの日本企業によく見られる均一的なマネジメント手法とは異なるため、実践できている企業はまだ多くありません。日本企業がタレントマネジメントを進めていく際に直面する課題、注力すべきポイント、またデータ管理の面で検討すべきことは何か。タレントマネジメントの専門家であり、ツールの導入コンサルティングも行っている、リクルートマネジメントソリューションズの井関隆明氏に、詳しいお話を伺いました。

INTERVIEW 03

富士ゼロックスとSAPジャパン
グローバルレベルで「タレントマネジメント」を推進するための
データベース活用法とは

「タレントマネジメント」とは「適材適所」の観点から、競争力強化や事業拡大のテコとなる人材に対して戦略的に投資を行い、企業経営における成果を高めていくためのものです。「どのような人材が求められているのか」「従業員はモチベーション高く働いているか」「キーとなる人材をリテイン(保持)できているか」など、人材面の課題を特定して投資のターゲットを明確にするには、人材のデータベースをどれだけ有効活用できるかが重要ですが、果たして企業はどのように取り組んでいけばいいのでしょうか。
2008年から2010年ごろにかけて取り組みを開始し、成長を加速させるため様々な施策に取り組んでいる富士ゼロックスとSAPジャパンのタレントマネジメントご担当者をお招きし、「人材の情報」を経営に活かすための取り組み状況や課題について詳しいお話を伺いました。
是非ご覧ください。

具体的なソリューションに関するお問い合わせ
SAPジャパン株式会社
<本社所在地>〒102-8022 東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル<TEL>0120-786-727(受付時間:平日 9:00~18:00)