企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

カレイドソリューションズ株式会社

http://www.kaleidosolutions.com

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-12-1ダイヤモンドビル5F
対応エリア:全国、海外、代表者名:高橋 興史、従業員数:6名、資本金:  

問題解決のプロセスを学ぶ「解決昔話」_画像

育成・研修 問題解決のプロセスを学ぶ「解決昔話」

楽しく簡単に問題解決を学ぶビジネスゲーム

解決できる課題:コミュニケーションの活性化新人・若手社員の戦力化管理職層の能力開発
ストレスチェック

このサービスのポイント

会議を「昔話」のメタファで再現したゲーム
固い印象を与えがちな問題解決を、昔話という全員が知っていながら、うろ覚えという点で共通する現代の課題を、北欧の学校教育などでも採用されている手法で学習します。
集団での問題解決のやり方を学ぶ
前提共有の重要性・問題の定義・問題解決のプロセスを段階的に学びます。また、ゲームの合間に講義を挟み、プロセスで起きる現象を理解しやすい設計になっています。
研修経験の浅いトレーナーでも容易に実施
講師の力量に関わらず成果のブレが少ない研修ができるように、研修の内製化をサポートします。プロジェクター、スクリーン、PCがあれば実施ができます。

サービスDATA

対象企業規模 501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 15万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
テーマコミュニケーションロジカルシンキング・課題解決
サービス形態研修コンサルティング(内製化、研修設計)貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間実施時間:5~8時間
提供形態:レンタル(回数/期間)
必要設備:プロジェクター/スクリーン/PC
対象人数参加人数:制限なし(各テーブル 4~25名(推奨))

サービス詳細

開発背景

 「問題」とは何かを即答できる人、問題解決の手順を言葉で説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。また、自分だけだと問題解決はできるのに、集団で問題解決を行おうと思うと、途端に難しくなると感じていると思う人も多いのではないでしょうか。

解決昔話とは

 解決昔話は、問題解決を学ぶ昔話をテーマにしたカードゲームです。前提を踏まえ、自分なりに問題を設定し、解決策の検討・発表を繰り返します。組織の問題解決を阻む様々な現象に気づけ、留意点を示唆します。また個人では容易に解決できる問題も、集団になると解決できなくなることがあります。集団で問題解決を行うためのポイントを、体験とレクチャーで学べます。

 よく知られている昔話の問題点と解決策を発表し、よかったと思う参加者に投票します。投票数に応じて点数が加算され、ゲームボード上のコマを進めていく ゲームです。誰もが知っている昔話からの問題提起、さらに解決策を練るために創造力を働かせます。また他の参加者の意見を聞くことで他者を理解し視野を広げます。

学びのポイント

1. 話し合いをする上で、前提共有の重要性
2. 問題の定義/問題解決プロセス
3. 問題設定や解決策が立場や思考特性で異なること
4. 問題や解決策への評価基準が人によって異なること

特徴

■会議の場面を、「昔話」のメタファで再現したゲームです。昔話は全員が知っていながら、うろ覚えという点で現実の課題と類似しています。
■個人での問題解決はできても、集団での問題解決は急激に難易度が高まります。問題解決研修ではカバーしきれていない集団での問題解決のやり方が学べます。
■実践が難しい問題解決をゲームで実践でき、前提共有の重要性・問題の定義・問題解決のプロセスを段階的に学べます。
■ゲームの合間に講義を挟み、問題解決のプロセスで起きる現象を理解しやすくなります。
■評価された場合と最多得点の案を選んだ場合に得点でき、最も価値の高い案を出そう、最も価値の高い案を選ぼうという気になります。
■問題解決というと固い印象を与えがちですが、昔話というテーマと柔らかいデザインで、柔らかい印象を与えます。フィンランドなど北欧の学校教育などでも採用されている手法を研修技法に応用しました。


 

カリキュラム

研修カリキュラム
日程・トピックス 内容
0:00~0:30
イントロダクション&ルール説明
研修の導入、ルール説明を行います。
0:30~1:00
解決昔話①
練習と振り返りを行います。
1:00~1:30
講義
講義を行います。
1:30~2:05
解決昔話②
ゲームを行います。
2:05~2:20
講義
講義を行います。
2:20~3:05
解決昔話③
ゲームを行います。
3:05~3:25
講義
講義を行います。
3:25~4:50
解決昔話④⑤⑥
ゲームを行います。
4:50~7:50
ケーススタディ
ケーススタディを行います。
7:50~8:00
振り返り&まとめ
振り返りを行い、研修を終了します。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 東証一部上場システム会社、東証一部上場大手メーカー販社、東証一部上場マンション分譲、大手生命保険会社 他多数
参加者の声

・問題に定義があるなんて思ってもいなかった。自分が問題と思っていたことは問題ではなかった。
・昔話がテーマだったが、会議で起こっていることそのままだった。
・問題の裏返しの解決策ではなかなか解決しない理由がよく分かった。深く考えることの大切さに気付かされた。
・会社の事例がテーマだと、内容によっては話し合いが紛糾しそうだが、昔話がテーマだからやりやすかった。
・昔話に問題があるなんてと思っていたが、視点を変えることで問題が設定できることがわかった。現実もそうかも。
・他のメンバーの価値観や判断基準を知れた。今後の会議は、みんなに優しくできそう。
・前提が共有されていないと何も始まらない。前提共有なんて全く意識していなかった。まずはここから始めようと思う。
・相手が問題設定した理由や、解決策導出の背景が分かると無駄に争わなくて済みそう。日常からもっときいてみたい。
・リラックスした雰囲気でやれたので、解決策もたくさん考えられた。