企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

あらゆる人に良質な学びの場をカレイドソリューションズ株式会社

カレイドソリューションズカブシキガイシャ

https://www.kaleidosolutions.com

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-12-1ダイヤモンドビル5F
対応エリア:全国、海外、代表者名:高橋 興史、従業員数:6名、資本金:  

育成・研修 倒産体験ゲーム研修 「あかんたぶる」

倒産を経験してよりよい会社経営を目指す
「ループもの」のビジネスゲーム

解決できる課題:マネジメント力向上新人・若手社員の戦力化管理職層の能力開発
チームビルディング

このサービスのポイント

会社経営を通じた「社長の視座」の獲得
意思決定と行動のつながり、経営者として当たり前の損益の感覚や販管費の重さ、会社経営を行う上でのバランス感覚を学習します。
小規模企業が舞台の会社経営のループもの
倒産を繰り返す「ループもの」なので、悔しさを味わいながら絶えず試行錯誤し、打ち手をシミュレーションし続けます。経営活動に伴う販管費の重さの認識が可能になります。
研修経験の浅いトレーナーでも容易に実施
講師の力量に関わらず成果のブレが少ない研修ができるように、研修の内製化をサポートします。プロジェクター、スクリーン、PCがあれば実施ができます。

サービスDATA

対象企業規模 1000人以上
対応エリア 全国
費用 15万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
テーママネジメントコミュニケーション
サービス形態研修コンサルティング(内製化、研修設計)貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間実施時間:7.5時間(講義・振り返り含む)
対象人数参加人数:1名(1テーブル推奨)

サービス詳細

開発背景

 「説明責任」が若くしても問われる時代になっています。特に昨今の不景気の中、精鋭として採用した少人数の若手社員には「経営人材」として活躍して ほしいという企業ニーズがあります。意思決定と行動のつながり、経営者として当たり前の損益の感覚や販管費の重さ、会社経営を行う上でのバランス感覚。そうしたものを学習できるビジネスゲームを開発しました。

概要

 「ループもの」という言葉をご存じでしょうか。映画や漫画や小説などで人気ですが、同じことが何度も繰り返される中で、少しずつやり方を変えてゴー ルを目指すものです。通常のゲームと異なり、「勝者」は存在しません。本経営シミュレーションは、小規模企業を舞台とした会社経営のループものです。3年間(12四半期)会社を存続させ、かつ利益の最大化を目指します。1度目は僅か1年の会社存続すらままなりません。

 ● 開発しないとニーズが満たせないが開発には受注が取れる人材の時間を使ってしまう
 ● 有能な人材でないと受注できないが研修するほど時間も資金も余裕が無い
 ● 営業先が増えないがマーケティングに回す人員がいない
 ● 採用市場には、有能な人材が中々いないが採用しないと手数が足りない

等、ジレンマの中で、ヒト・カネ・信用・知名度がない4ナイの状態からの脱却を目指します。会社存続の危機を乗り越えられず、経営初心者はなすすべもなく倒産します。
参加者は倒産の果てしないループの中で、絶えず試行錯誤し打ち手を変え続けます。生き残ることさえ難しい中で、利益を出すことはできるのでしょうか。

学習ポイント

1.会社経営(資金繰り・損益・価値連鎖等)のシステムの理解を通じた「社長の視座」の獲得
2.経営活動に伴う販管費の重さの認識
3.経営成果を自分の言葉で説明する(アカンタビリティ)の理解

特徴

■倒産を繰り返す「ループもの」なので、悔しさを味わいながら、様々な打ち手をシミュレーションできる※初回はほぼ間違いなく倒産する。
■原価の概念が少ない研修会社がモデルなので、多くの社員が関わる販管費部分にフォーカスできる。
■1テーブルで完結する勝ち負けのない協力ゲーム型なので、少人数で実施可能(1名でも実施可)。
■意思決定の理由を説明する仕掛けがあり、短期・中期のビッグ ピクチャーの中で、戦略・戦術を動的に変更しなければならない。


 

カリキュラム

研修カリキュラム例
日程・トピックス 内容
0:00~0:45
イントロダクション&ルール説明
研修の導入とルール説明を行います。
0:45~2:25
あかんたぶる①&振り返り
ゲームと振り返りを行います。
2:25~3:25
休憩
3:25~8:10
あかんたぶる②~⑧&振り返り
ゲームと振り返りを行います。
8:10~8:25
共有
学びの共有を行います。
8:25~8:30
まとめ
研修を終了します。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 一部上場子会社物流、大手広告、大手化学メーカー、化粧品会社 など多数
参加者の声

・短時間に自分がこんなに何度も会社を潰すとは思わなかった。悔しい、成長したい。
・問題と思う部分を潰せばまた次の問題がでてきて・・・利益を出すことは難しい。
…一回目は、採用が重要と思ったが、二度目はマーケティングが重要と感じ、三度目は借入が大事だと感じた。最後までクリアできなかったことが悔しい。今後はもっと社長のやっていることを見ながら勉強したい。
・会社がどうして採用や人材育成をやっているのかが初めて腑に落ちた。
・初めはルールが難しいと感じたが、あっという間にのめり込んでしまった。
・自分ではこうやりたいと思っても、チームメンバーを説得するには、論理的に説明しなければならなかった。根拠を持った判断ができていない。
・なんとか会社の存続はできたが、利益は出せなかった。限られた時間の中で成果を出すためにはリスクを取ることも重要だと感じた。