企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
採用コンサルティング・採用アウトソーシング

株式会社HEART QUAKE

http://heart-quake.com

〒212-0054 神奈川県川崎市幸区東小倉22番46号
対応エリア:全国、代表者名:千葉 順、従業員数:5名、資本金:1,000,000

他、新卒採用 【採用グループワーク】で使えるゲーム型ツール

採用選考のグループワーク、インターンシップで使えるゲーム形式のコンテンツをご紹介

解決できる課題:新卒採用[採用ツールの準備・学生の質の見極め]中途採用[採用ミスマッチの低減]コミュニケーションの活性化
チームビルディング

このサービスのポイント

採用選考の5つのコンテンツをご紹介します
採用選考のグループワーク、インターンシップのコンテンツとしてご利用いただけるゲーム型の5つのコンテンツについてご紹介します。
採用選考でさまざまな能力を確かめられます
チームに働きかける力、自社とのマッチ度、論理的思考力・想定力、発想転換・ゼロベース思考力、行動力・コミュニケーション等、さまざまな能力を図れるゲームをご用意。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 10万円〜
導入社数 導入社数非公開

サービス詳細

採用選考のグループワーク、インターンシップでご利用頂ける5つのゲーム型コンテンツ

採用選考のグループワーク、インターンシップのコンテンツとしてご利用いただけるゲーム型の5つのコンテンツについてご紹介します。

①チームに働きかける力をはかる「脱出ゲーム 緊急出動」
②学生の自己分析をサポートし、自社とのマッチ度を図る「ワークスタイルトランプ」
③論理的思考力・想定力を見極める対戦型ゲーム「アルゴリズム対戦」
④発想転換・ゼロベース思考力を見極める「新聞配達の匠」
⑤行動力・コミュニケーションを見極める「THE商社」


①「脱出ゲーム 緊急出動」は1人1人に与えられた限定的な情報を共有しながら会議室から脱出する脱出ゲームです。
論理的思考力、コミュニケーション能力、チームに働きかける力が必要となります。

② 「ワークスタイルトランプ」は様々な「働き方」が描かれた52枚のトランプから受講者が求める
働き方に近い10枚のトランプを選びます。
選んだ10枚を絵柄や色で分類すると、受講者がどのようなタイプなのか自社の嗜好とマッチするのかを分析することができるコンテンツです。

③「アルゴリズム対戦」はそれぞれ特徴のある4種類(各2枚ずつ、計8枚)のカードを使って
他グループと全5ターンの対戦を行います。
ただし、どのターンで、どのカードを出すのかをあらかじめ決定しておかなければなりません。
相手の出す手を予想し、最善手を考えぬける論理的思考力が必要です。

④「新聞配達の匠」は新聞配達業者がどのような経路で新聞を配達すれば良いかをボードを見ながら考え、最速の経路を求めるコンテンツです。
問題は2問用意されており、2問目は1問目の成功方程式を捨てなければ最適解を導き出すことができません。成功体験を捨てられるか、発想転換力が求められます。

⑤「THE商社」はチームの利益を最大化することを目的としたチーム対抗型のコンテンツです。
チーム内で役割分担を行い、他のチームへ営業をかけ、win-winな提案をできるチームの勝利となります。座って意見を言っているだけでは勝てない、行動型のゲームです。


 

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 クックパッド株式会社様 他多数
「ワークスタイルトランプ」の導入事例のご紹介(内定式でのご活用)

クックパッド株式会社 様
ご担当者様:丸山 祐子様
クックパッド株式会社 人事部

Q.本製品をご導入されたきっかけを教えてください
A.内定者研修で利用するワークを検討していました。

内定者全員が顔を揃える機会は初めてだったことと、ただ仲良くなるだけではなく、 お互いが大切にしている価値観について一歩踏み込んで話す機会を自然につくりたいと考えていました。
トランプという形式がカジュアルで導入しやすいことと、「働き方」や「価値観」にフォーカスした内容であることを理由に選びました。

Q.ワークスタイルトランプを受講された対象者について教えてください
A.2015年4月入社予定の内定者(総合職、エンジニア職)に加えて若手社員も数名参加しました。

Q.受講者の反応はいかがでしたか?
A.「内定者同士がお互いを知る」という目的で利用しました。

数人のグループで、お互いが選ぶカードについて話してもらいましたが、ほぼ初対面同士でも向き合って話すことができるための、よいきっかけづくりになりました。
カードがあることで、お互いの違いや共通点が見えるようになり、そこを軸に話を深めていたようです。

Q.ワークスタイルトランプを実施してみてどのような効果があったと思われますか?
A.多様な価値観のなかで働くことや、チームワークについて考える機会をつくることができました。
また、途中、若手社員も交えてワークを行ったのですが、同じカードを活用することで、共通の話題がつくりやすいのはよいなと感じました。

Q.全体を通して丸山様の率直な感想を教えてください
A.目的や受講者にあわせていろいろな活用法がありそうだなと感じました。場所を選ばず手軽に利用できるので、良いと思います。

Q.最後に、受講者の感想の中で印象的なものがあれば教えてください
A.「自分の価値観をちゃんと言語化する機会にもなって良かった」「他の人の意見を聞いて、自分も見習うべきことなど、たくさんの気付きがありました」といった声がありました。