企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

カレイドソリューションズ株式会社

http://www.kaleidosolutions.com

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-12-1ダイヤモンドビル5F
対応エリア:全国、海外、代表者名:高橋 興史、従業員数:6名、資本金:  

アサーティブネス ビジネスゲーム研修「イエナイヨ【管理職版】」_画像

育成・研修 アサーティブネス ビジネスゲーム研修「イエナイヨ【管理職版】」

概念としては分かりやすい反面、やってみると難しいアサーションをカードゲーム化

解決できる課題:コミュニケーションの活性化組織・風土の改革管理職層の能力開発
ストレスチェック

このサービスのポイント

ゲームの仕組みを使い、表現方法を訓練
管理職の日常をテーマとした内容で言いにくい状況に発言内容を考え、その内容にアドバイスが得られるゲームです。
難しかった実践も反復訓練でクリア
徐々に難易度の高まる飽きさせない仕組みで、飽きがきやすい反復練習もゲームの仕組みを使えば定着も容易です。
研修経験の浅いトレーナーでも容易に実施
講師の力量に関わらず成果のブレが少ない研修ができるように、研修の内製化をサポートします。プロジェクター、スクリーン、PCがあれば実施ができます。

サービスDATA

対象企業規模 501人~1000人
対応エリア 全国
費用 15万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーママネジメントコミュニケーション
サービス形態研修コンサルティング(内製化、研修設計)貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間実施時間:3時間程度(講義・振り返り含む)
提供形態:レンタル(回数/期間)
必要設備:プロジェクター/スクリーン/PC
対象人数参加人数:4~25名(推奨)

サービス詳細

本コンテンツが解消できる問題

 昨今、パワハラを恐れたり、部下が元上司だったりする事情から、部下に伝えたいことが伝えられなかったり、何を言えばよいかが分からない管理職が増えています。また、その一方で、部下に対して配慮に欠ける発言をしてしまい、部下のモチベーションを下げている管理職も散見されるというお話を伺います。

 しかし、これまで豊富に経験を積んできた管理職がこれらの問題に対して誰かからフィードバックを受けることは少なく、また他者のベストプラクティス も同じ役割の社員が近くにいないため、見ることができない状態にあります。この問題への対処として、「アサーティブネス」を研修で実施している企業もあり ますが、言葉としては分かりやすくても実際にやってみようと思うとうまくできないために、定着が課題視されています。

 弊社では、アサーティブネスをゲームを用いてをトレーニングすることで、管理職の問題を解消・軽減できると考えました。本コンテンツを通じて、「何 を言えばよいのか」「どのように言えばよいのか」が反復訓練され、同時に他者の発言を吸収することで、「すぐに使える対人ノウハウ」が手に入ります。

特徴

 重要かつ分かりやすい概念であるアサーションの導入企業は多いですが、実践は難しく、かつ反復訓練も飽きがあるため難しい実態があります。

ゲームの仕組みを使えば、自分の「言い方」が他者にどのように受け止められているかを知り、どうすれば改善できるのかが分かり、練習しにくい表現方法を反復訓練できます。

また、自分事としてとらえてしまうと、重大な問題ばかりなのが管理職の日常ですが、本コンテンツでは、仮想空間を設定することで比較的楽しい気分で 研修に参加できます。事例は、弊社が人材開発のご担当者様を対象に募集した「管理職あるある」をベースとしていますので、「少し特殊だけれどもありそう」 というものばかりです。

<こんな方におススメです>
●パワハラを恐れて部下を叱れない管理者がいる
●言い方がまずくてパワハラと受け止められがちな管理者がいる

概要

 テーブル内で完結する3〜5名用のカードゲーム型ビジネスゲーム教材です。参加者は本音が言いにくい状況が記載されたカードを受け取り、本音と伝えるべき内容と伝え方を検討し、発表します。周囲の参加者はその発表にどう感じたかを投票します。その投票結果にアドバイスを受けることで、自己の表現の傾向が分かるビジネスゲームです。


 

カリキュラム

研修カリキュラム
日程・トピックス 内容
0:00~0:10
オリエンテーション
研修への意識づけを行います。
0:10~1:35
講義
[アサーションの説明]アサーションについて講義します。
[ルール説明]ゲームのルールを説明します。
[発表型2回]イエナイヨ1stゲームを実施します。
[ディスカッション]ゲームを行って気づいたことなどをディスカッションします。
1:35~1:45
休憩
1:45~1:55
講義・ルール追加
1:55~3:25
[応酬型4回]イエナイヨ2ndゲームを行います。
[ワークシート記入]ゲームを行って気づいたことなどをディスカッションします。
[ワークシート共有&ディスカッション]
3:25~3:30
まとめ
研修を締めます。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 一部上場製薬労働組合(組合員リーダー)、都市銀行労組(組合員)、大手リース(新任管理職)、化学メーカー(新入社員)、車輛製造(管理職)、システム開発、外資系アパレル、外資系生命保険
大手通信、大手スーパー、人事担当勉強会 など多数
参加者の声

・相手のメリットをうまく話せると人を動かせる。
・教育や面談の際に、後輩のやる気をなくさせずに伝えることを心がけます。
・自分の伝えたいことを言うだけではなく、例えば何故そのような発言をしたか、相手の考えていることは何かなど、話をうまく聞くことを今後仕事に活かしたい。
・ゲームボードで他者の評価が見える化できたことがとてもよかったです。
・自己タイプを知ることができた。同じ職場の仲間だと、おそらく気づけていなかった。