企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

特定非営利活動法人アサーティブジャパン

http://www.assertive.org/

〒186-0002 東京都国立市東1-6-31KSビル 4F A号
対応エリア:全国、代表者名:森田 汐生、従業員数:9名、資本金:0

育成・研修 アサーティブコミュニケーション「管理職研修」

<管理職を対象とした研修サポート>
部下を尊重した適切な指示出しや、モチベーションを下げずに注意する方法を学びます

解決できる課題:健康管理・メンタルヘルス対策コミュニケーションの活性化コンプライアンスへの対応

このサービスのポイント

管理者として適切な部下の指導・育成を学ぶ
部下を尊重しながら、適切に明確に指示を出すことや、モチベーションを下げることなく部下を注意・指導する方法を学びます。
ハラスメントになることなく注意ができる
ややもすれば、パワハラと言われかねない昨今。具体的で適切な指示出しや注意をすることで、部全体でのメンタルヘルス予防、コンプライアンス向上にもつながります。
個人の成長を会社への貢献につなげる
円滑な社内コミュニケーションを妨げ、ひいては組織や個人の目的達成を遠ざけることになりかねない、組織上の問題にアサーティブコミュニケーションは大変効果的です。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1日研修/1回 35万円~(24名まで)
※時期、時間、内容や人数などによって変動します。2時間講演会、半日研修などご要望にあわせたカスタマイズも可能です。まずはお問合せ下さい。
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上コミュニケーション
サービス形態通学型[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間【期間】1日研修、半日研修(午後4時間)、講演 など

サービス詳細

部下を尊重した適切な指示で、
モチベーションを下げずに注意・指導する方法

アクティブリスニング(傾聴)のスキルは持っていても、自分の意見を率直に部下に伝えて注意するとなると、どう伝えていいかわからないと悩んでいる管理職が増えています。
一方的に伝えるのでもなく回りくどくなることなく、具体的に適切に指示出しや注意ができるようになることで、部全体でのメンタルヘルスの予防、コンプライアンスの向上にもつながっていきます。

研修の目標

・管理者として、適切に部下の指導・育成ができるようになる
・ラインのメンタルケアができるようになる
・ハラスメントになることなく、建設的な注意ができる

カリキュラム

1日研修の主な内容
日程・トピックス 内容
講義
・アサーティブとは
・コミュニケーションパターンについて
・アサーティブのマインド(心構え)と目指すもの
実践
・建設的な批判、注意の方法
・部下を尊重しながら建設的に注意する
・肯定的なメッセージを伝える、承認する

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 トヨタ自動車、三菱化学四日市事業所、三井化学 茂原研究・開発センター、キーコーヒー、サンフレア、経済産業省中国経済産業局、国立環境研究所、志木市役所、岐阜市役所、京都府精華町役場ほか、病院などでの管理者研修 など多数
コミュニケーション研修の2大基本要素の1つ
「アサーティブネス」

【企業名】マカフィー株式会社
【従業員数】約430名(2016年6月現在)
【事業内容】セキュリティソフト及びハードウェア製品の販売、保守、コンサルティング及びトレーニングサービスの提供
【導入の背景】
ある部門長が、言いたいことを直接部下を呼びつけて話したり、全体会議などで伝えていたのですが、どういうわけか、部下が動かないばかりか、反発となってでてきた、ということがありました。それも一人二人ではなく、100人近くのほぼ全員が反発するという、組織上たいへんまずい状況になってしまいました。受け取る側が誤解しない様に言う必要があったわけですが、伝え方がまずかったために、それがきちんと伝わらなかったのです。こうしたことから、これまではコミュニケーションの研修はおこなっていませんでしたが、「伝え方を学ぶ必要がある」ということでアサーティブネスを導入しました。
【組織のメリット】
まずは会社での個人の成長に非常に役立ちます。個人の成長は同時に会社への貢献につながります。言うべきことをその場できちんと言えることは、前向きなアイデアの交換や、問題解決への大切な糸口です。そうしたコミュニケーションを一人ひとりがとれることが、会社を成長させ、業績のアップにつながるのです。
また、社員のメンタルヘルスの予防にも有効です。言うべきことが言えていると、ストレスもたまりにくくなります。すべての解決にはなりませんが、少なくとも気持ちは軽くなります。こうしたことが “うつ ”対策としても機能するのではないかと考えます。いい職場環境を生み出すにはコミュニケーションの土台がしっかりしていなければ、実現しにくいと思っています。その土台の大きな一つがアサーティブネスだと思っています。