企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

右脳と左脳のバランスにこだわった、ビジネスで確実に活きる「人財が変わる」研修を提供します株式会社シンスター

カブシキガイシャシンスター

http://www.shinstar.co.jp/

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2大畠ビル 10F
対応エリア:全国、代表者名:井上浩二、従業員数:6名

育成・研修 管理職・リーダー層向け【ビジョン浸透力】

会社の方向性と自分の行動は整合性が取れているか?自社のビジョンを、自分や部下の「具体的な行動」に落して考える力をつける!

解決できる課題:マネジメント力向上リーダーシップ強化企業理念、価値観共有・浸透
チームビルディング

このサービスのポイント

ビジョンの具体的な達成イメージを持つ!
会社の目標を達成するためのビジョンの位置付け・重要性やメリットを他社事例を題材に理解。また、経営者の思い・意図を推察し、具体的な達成イメージを持つ力を高める。
ビジョンを自分の言葉で語る!
自社の戦略および戦術がビジョンと整合していることを理解し、その意味合いを自分の言葉でより具体化し、部下に伝える力を身に付ける。
ビジョンを具体的な行動に落とす!
ビジョンを日々の行動に落とすための考え方・手法を理解する。ビジョンと整合した目標を立て、目標を達成するための取るべき具体的なアクションを考える力を高める。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 1日50万円~ 個社のビジョン・戦略を理解した上で講師がプログラム設計します。お問合せください。
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーマリーダーシップその他[ビジョン浸透力]
サービス形態貴社での集合研修[ワークショップ・講義]
期間・回数・時間1~2日
※2日版では、自社課題議論をさらに深く掘り下げていきます。
※内容、使用ケースはあくまで一例です。具体的内容についてはお問合せ下さい。

サービス詳細

ビジョンを掲げている目的は何なのか?

 

「あなたの会社のビジョンをすぐに言ってみてください。」どうでしょうか?思わず、「ええっ…となんだっけ?」とネットで自社のホームページのチェックをしたりしていませんか?こんな風に、意外に自社のビジョンをしっかりと覚えている社員は少ないのです。そして、経営陣たちはそんな状況をみて「うちはビジョンが浸透しない…」と嘆いている…そんなお話をよく聞きます。

でも、嘆く前に少し考えてみて下さい。社員がビジョンを覚え、すぐに答えられることが出来たら、会社にとってどんなメリットがあるのでしょうか?「覚えておいておくくらいは…」というのは分かりますが、本来の目的はそこではないはずです。

本来、経営者の皆さんが「ビジョン」を掲げた目的は
●ビジョンの意図を理解する
●意図を理解して会社の向かう方向性と一致した目的を設定する
●その目的を達成するために統一されたベクトルに即した行動をとる
という状態を作るためです。

ですが、この状態を作るためには、ビジョンの発表を行うだけでは全く効果がないのです。なぜなら社員の中には、ビジョンが経営上にどのような役割を持つツールなのかを理解していない人もいますし、経営者が描くビジョンの裏にある思いや具体的イメージを掴みきるのは難しいからです。

それではビジョンの浸透を図るためにはどのような事が必要なのでしょうか?

ビジョンを浸透させるためには?

 

経営者には、「見えるもの」が沢山あります。一方、多くの従業員は、経験、知識、立場、様々な理由から「見えていない」「見ていない」ことがあり、そのギャップに多くの経営者は気づいていません。

経営者が従業員が「見えていないこと」をしっかりと伝える努力を続けることで、初めて「ビジョン浸透」 の状態となるのです。そして、ビジョンが浸透した時、

◆社員それぞれが、自分の言葉でビジョンを語れるようになる
◆さらにそれを元に会社、部門の目標を理解できるようになる
◆最後に自分の目標設定、目標達成のための行動もこれを元に考えられるようになる

会社はこのような状態になり、進むべきベクトルが全社員で一致し、いわゆる「ビジョナリーカンパニー」と呼ばれる 強い企業に変化していきます。そして、このような状態を作り出すためには、自社なり、自分なりの方法を作って実践していかねばなりません。

シンスターの「ビジョン浸透力」研修は、「ビジョンが浸透した」状態にするためには、どのような取り組みを行ってきたのか?またその取組みを成功させるためにはどのような考え方、行動が必要なのか?成功企業をケースにした実践的な内容を題材に考えて頂き、最終的には自分の言葉でビジョンを語り、それを部下に伝えることができるようになる力をつけるプログラムです。

カリキュラム

【対象:管理職・リーダー層、1日版】
日程・トピックス 内容
1
ビジョンとは何か
・ビジョンとは何か、何故浸透しないのか?
・ビジョンが果たす経営戦略上の役割
2
ビジョンを浸透させるための道具
他社事例(ケース例「コマツウェイの浸透」)をもとに、
ビジョン浸透のゴールイメージ、その実現のためのポイントを押さえる
3
ビジョンを浸透させ、日々の具体的行動にまで落とすための手法
他社事例(ケース例「ユニチャームのSAPS経営」をもとに、
ビジョンと整合した日々の活動に落とし込むための仕組みと構築ポイントを理解する
4
自社課題議論①
他社事例のポイントを参考に、自社の題材で考える
1)自社の企業理念・ビジョンや全社戦略と自部門の方針との整合性・意味合いを確認する
2)ビジョンを自分の言葉に置き換える
5
自社課題議論②
自社のビジョンの考察をもとに、個々人の具体的目標・活動を考える

1)ビジョンと整合性のある目標設定
2)目標達成に向けた課題と具体的なアクションプラン

※例:半期の目標、現状分析と達成の為の課題、解決の為の取り組み、
   評価手法等をオジリナルワークシートを使って具体的に考える

※個人で検討するだけでなく、グループメンバーとの議論や、全体での議論を通して、
 自身のビジョンの理解を深めると同時に、より精度の高いアクションプランを作り出す

導入実績

導入社数 導入社数非公開
研修担当者の声

●ビジョンや戦略を理解できているものの、部署における活動や、部下の指導において、その考えを反映させた行動をとっている管理職は少ない。全社視点・経営者視点を持って考えさせるこの研修は、次の幹部を育成する上でも有意義であった。
●成功企業の具体的な仕組みや仕掛け、さらにそれが日々の社員の行動にどうつながっているかという点まで踏みこんで理解させる点が良かった。他社事例をじっくりと学ぶ事で、自社での活動を具体的に考えるヒントを沢山得たように思える。

受講者の声

●自社ビジョンは理解していたつもりだったが、自分の言葉で表現することが、どれだけ重要かつ難しいことか改めて気づいた。今まで部下には、その真意までは伝えられていなかったので、これから会議や面談の際には折に触れて話をするようにしていきたいと思います。
●ビジョナリー経営、ビジョナリーカンパニーなどの言葉は耳にしていたが、そのような会社がどんなことをやっているのか、日々の会議のやり方や 活動計画の作り方レベルまで知ることができて、とても参考になった。勝てる理由を理解できた事で、自分たちの日々の行動も変えていかないといけないと痛感 した。

サービス資料を無料ダウンロード