企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング

株式会社アイ・ラーニング

http://www.i-learning.jp/

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町4番3号国際箱崎ビル
対応エリア:全国、海外、代表者名:宮田 晃、従業員数:130名、資本金:25,750,000円

育成・研修 社長見習い!~経営シミュレーションと決算書~

経営環境の変化を捉え、分析する能力を身に付けるコース

解決できる課題:キャリア開発・キャリア支援

このサービスのポイント

変化を捉え実践に役立つスキルを体得
企業経営の現状と課題を計数的に捉え、分析する能力を身に付け、経営環境の変化に対する情報の収集能力を高めるコースです。
経営を擬似体験
PC使用による経営擬似体験を通した学習で、わかりやすい学習法です。環境の変化に応えられる実践的な能力開発を目指し、基礎から応用までをカバーしています。

サービスDATA

対象企業規模 1人~100人101人~500人501人~1000人
対応エリア 全国
費用 8万1000円(税別価格7万5000円)
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員
対象職種財務・税務・資産管理
テーマキャリア開発
サービス形態通学型[ワークショップ]
期間・回数・時間【期間】2日
【受講時間】9:30~17:30(昼休憩45分間)
対象人数6名

サービス詳細

コース概要

・パソコンによる5期間の経営擬似体験を通した体験学習です
・ビジネスパーソンとして必須な決算書の基本を習得できます
・今まで関心が薄かった新聞や雑誌の経済記事や企業情報を興味深く読めるようになります

学習目標

1.会社の経営疑似体験を通して、企業活動と決算書の関連を理解する
2.貸借対照表・損益計算書・経営指標の仕組みや見方を学ぶ
3.経営の基本や決算書に関する知識を習得し、企業活動や経済動向に対する感度を高め、新聞などを通した情報収集力を強化する

対象者

決算書の基本を理解し、経営的視点を身に付けたい方。
情報システム部門において経営的な視点によるシステム構築の企画・立案に携わる方

カリキュラム

日程・トピックス 内容
1日目
1.決算書の見方
2.経営意思決定(1)
3.利益構造の分析
4.経営意思決定(2)
5.売上原価と損益分岐点
2日目
6.経営意思決定(3)
7.運転資金と資金繰り
8.経営意思決定(4)
9.経営指標による分析
10.経営意思決定(5)
11.自己資本比率について
12.経営擬似体験から学ぶこと

導入実績

導入社数 導入社数非公開
お客様の声

・PCを使用し、経営を擬似体験しながらの学習は、テキストや講義中心の学習よりもはるかに分り易く、会社の経営について真剣に考える良い機会となった
・営業の仕事をしていると売上にばかり目を奪われがちだが、過大な在庫や債権回収の遅れが、資金繰りや利益に与える影響の大きさを改めて思い知らされた。大変良い勉強になった
・入社以来、開発の仕事をしていたので、この分野の知識や関心も無かった。B/S、P/L等から経営指標の基本が理解でき、日頃、経営者が口にする言葉の真意が分かった。今後、新聞・雑誌の経済記事を興味深く読むことができる