企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

ゲームを用いた営業研修においてNo.1となることを目指しています株式会社マーケットヴィヴィッド

カブシキガイシャマーケットヴィヴィッド

http://www.marketvivid.co.jp/

〒104-0061 東京都中央区銀座8-14-9デュープレックス銀座タワー12F
対応エリア:関東[埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県]、代表者名:藤井 睦夫、従業員数:10名、資本金:1,000万円

育成・研修 『営業ゲーム研修』 - 営業のPDCA実践定着 -

自ら気づき、考える。
優秀な営業の当たり前、目標達成シナリオを描く力を体得

解決できる課題:研修計画・設計・手法[研修受講者の意識向上・研修目的の明確化・研修設計]マネジメント力向上マーケティング強化
チームビルディング ナレッジマネジメント

このサービスのポイント

独自ツールでシナリオ構築力を強化
どのように、予算達成に導くのか?案件・商談を受注に導くのか?
営業の 「考える力」 の強化を通して、PDCA実践の定着・浸透を図ります。
個から組織への変革
営業活動をマーケティング理論のように体系的に捉え、営業組織内の共通認識とマネジメントが強化されることで、組織や個人を変革し、企業全体の営業力を底上げします。
今後に活かすために
営業ゲームの成績や傾向、研修前・内でのワークを記録としてレポート化。研修で学んだことを実態で活かすためのフォローアップ方法をサポートします。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 関東[埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県]
費用 日数・受講人数・内容により変動
※目的・狙いに応じて御見積り (例)1日 約50万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種営業
テーママネジメントロジカルシンキング・課題解決
サービス形態研修講師派遣貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間1日間~3日間 ※課題によってカスタマイズいたします。
対象人数3名~40名 ※相談に応じます。

サービス詳細

「営業ゲーム」について

「営業ゲーム」は、4年の歳月をかけて独自開発したビジネスボードゲームです。
ゲームを通じて、目標達成に向けたPDCA実践を繰り返していきます。

優秀な営業(常に達成している営業やチーム)の当たり前を「見える化」し、目標達成すための考え方や思考プロセスを体得できる実務に連動しやすい実践的な体験参加型の研修です。


 
営業ゲームの狙いと効果

<営業が抱える共通の課題>

問題(課題)の本質に「気づけていない」「わかっているつもり」になっている

■うちの営業は考えていない、もっと考えてほしい、行き当たりばったりだ。
■管理職やリーダーが部下・後輩に、教えられない、伝えられない、言葉にできない。
■組織的に動けない、巻き込めない、属人化している。

 ↓↓↓↓↓↓↓

<期待できる効果>

優秀な営業の当たり前、目標達成シナリオを描く力を体得

■どのように、目標達成に導くのか?営業の「考える力」の強化を通して、PDCA実践の強化を
 図ることができる。
■感覚的になりがちな営業活動から脱却するために、営業の本質(原理原則)を体系的に学ぶことができる。
■営業活動の共通認識・言語化で、強いチームへと導くマネジメント力を強化することができます。

「仮説トレーニング」について

 

実際の商談・案件プロセスの動き・判断にフォーカス。課題(ボトルネック)を突破するためのストーリー・シナリオを描くトレーニングを通し、受注・進捗確率を高めるための「考え方」や「思考プロセス」の強化を図ります。

※営業ゲームによる「営業の本質」を体系的に理解し、共通認識したものをもとに進めていきます。


■ シナリオ(ストーリー)を描くための実践的なトレーニングになります。

■ 営業ゲームによる「できる営業の共通項」や「体系理解」をもとに、
 実際の商談プロセスで直面している課題(ボトルネック)を突破するためのシナリオを描く
 訓練を行います。

■ 結果的に、手段・手法(スキル)のやり方ではなく、「考え方」や「思考プロセス」の強化を図ります。

カリキュラム

【研修コース】※すべてカスタマイズ可能
日程・トピックス 内容
営業管理職向け
営業マネジメントと強い組織づくりを考える
そもそもマネジメントとは何か? 強い組織とは何か? 本質理解とともに、管理職に求められる役割と共通認識を図ります。今後のマネジャー像を描き、中長期計画を立てます。

<1回の研修日数> 1日間~3日間
・マネジメントの体系理解・共通認識(営業ゲーム:営業疑似体験)
・重要なマネジメント指標の理解
・体系理解を通した自己分析(マネジメント課題の抽出)
・目標達成に向けて、会社が求める管理職像を考える(マネジメントにおける考える力を強化)
・営業環境に即した事例の考察(部下に伝え成果に導くマネジメント力強化)
・中長期計画と考動実践(自己分析・ワーク・講義を通して、理想のマネジャー像を描く) など
中堅営業職向け
営業活動の棚卸しと、現状を打破する強い営業の道筋立て
営業活動の総点検を通して、感覚的になりがちな営業の本質理解や、日頃の営業活動における強み・課題を体系的に捉えていきます。その上で、「どのように考え・動いていくべきなのか」現状課題を突破するための「ストーリーを描く力=考える力」の向上を図ります。

<1回の研修日数> 1日間~3日間
・営業の本質を体系理解・共通認識(営業ゲーム:営業疑似体験)
・営業活動にとって重要な指標の明確化
・営業活動に重要な指標を通した客観的な自己分析(伸ばすべき点・克服するべき点の抽出)
・考え方のフレームワークや仮説立ての訓練
・次期マネジャーへのステップを見据えて部下育成や営業組織のあり方を考える など
若手営業職向け
営業の基本と原理原則を通し、自己成長とキャリアステップを考える
営業活動を始めて数年。営業成績の差は何なのか?
優秀な営業の共通項を学びながら、営業の考える力の土台形成を図り、「今後、何をしなければいけないのか」取り組むべき内容を明確にしていきます。

<1回の研修日数> 1日間~3日間
・営業の基本と原理原則をおさえる(営業ゲーム:営業疑似体験)
・営業の体系的な理解(考えて行動する人とそうでない人の差を理解)
・やり方ではなく、考え方を強化(抱えている課題突破の考え方)
・実践に即したアクションプランの設定 など
セクション別研修(営業階層・混合)
セクション内の共通認識とチーム達成意識を高める
同一セクション内の営業管理職・中堅・若手営業にスタッフ部門を加えた混合メンバーで実施し、目標達成に向けた共通認識とチーム達成意識を高めることで組織力強化を図ります。

<1回の研修日数> 1日間~3日間
・営業及びビジネス活動の本質を体系理解・共通認識(営業ゲーム:営業疑似体験)
・目標達成の重要性理解(営業を知り、セクション内全員が営業マインドを持つ)
・組織内の横断的な連携を考える など
フォローアップ
考動力の定義・強化
研修後、定期的にフォローアップ研修を実施。考えるクセづけを図ります。

<1回の研修日数> 半日~2日間
・アクションプラン振り返り(進捗状況(成功・失敗要因)を全体共有しPDCAの精度向上と定着)
・考えるクセづけ(仮説パターンスタディを通して、考えるクセづけを図る)
・ヒアリング&提案ロールプレイング大会(考え実践し、また、実践を見て学ぶ) など
年間プロジェクト
線や面で関わることで、実際の成果に導いていくプロジェクト
営業組織の土台づくりから目指すべき姿・理想像へと、成果を上げられる組織づくりをお手伝いさせていただきます。
その中で、営業組織で抱える課題をテーマごとにクリアしながら、能動的に考動できる営業組織に変えていきます。

<実施期間> 1年間~(定期実施)
・営業の本質を体系理解・共通認識(営業ゲーム:営業疑似体験)
・営業活動にとって重要な指標の明確化
・営業プロセスの捉え方と明確化
・SFA (商談・案件プロセス管理のシステム)運用強化
・各チェックリスト作成
・目標達成に向けた顧客管理の考え方
・訪問場面でのロールプレイング(考動実践) など

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 大手から中小まで40業種以上の企業様で実施され、高い評価をいただいております
実施企業(業種)

【IT系】
●検索サイト ●プロバイダーサービス ●システムインテグレーター ●ソフト企画開発
【メーカー系】
●機械メーカー ●住宅設備メーカー ●半導体メーカー ●玩具メーカー ●飲料メーカー
【金融系】
●銀行 ●證券会社 ●生命保険会社 ●損害保険会社
【販売系】
●OA機器販売 ●パッケージソフト販売 ●電機部品販売 ●中古車販売 ●卸会社
【旅行・宿泊系】
●ホテル ●テーマパーク ●旅行代理店
【運輸・物流系】
●航空会社 ●物流・宅配会社
【建築・設計系】
●注文住宅会社 ●オフィス&店舗デザイン・設計
【広告・出版・印刷系】
●広告代理店 ●印刷会社
【ファッション・美容系】
●アパレル会社 ●ヘアケア会社
【その他】
●食品関連会社 ●測量系会社 ●医療系会社

研修受講者の声:営業ゲームについて

 

営業管理職
●良く考えられたシミュレーションゲームだと思います。自分が部下へいかに感覚的に伝えていたのか痛感しました。
●実際と同様に、市場の状況を把握し、PDCA(計画・実行・検証・改善)を繰り返さなければ目標達成できないことを体感することができました。
●目標達成に向けて、期間内に何をどのように考えなければいけないのかを、部下へ体系的に伝える有効なツールだと思いました。
●今まで、どのように案件を管理し、部下を指導すれば良いのか悩んでいたので大変参考になりました。

一般営業職
●ゲームから非常にリアルなシミュレーションを体感することができ、言葉で教えられる以上の教訓(気づき)を得ることができました。
●商談プロセスをシンプルに分解して考えられました。非常に実践的で、期限(残時間)の意識を高く持ち、全ての商談を同時並行的に管理・判断する訓練になりました。
●自分のクセや営業スタイルがよく分かりました。また、優秀な営業の考え方や動き方など、必要なことを多く学び、今まで自分の頭の中でバラバラであった要素がまとめられました。
●常に実際の営業でのシチュエーションを意識させてくださり、イメージを付けやすく取り組みやすかった。ポイントが明確な解説と、営業の陥りやすい落とし穴を照らしあわすこともできたし、意識しているつもりで終わることなく、修正しようと考え直すキッカケにもなった。
●どうすれば目標達成できるのかを考える上で、大切なロジックを説明して頂いたので、すごく役に立ちました。

研修受講者の声:仮説トレーニングについて

 

営業管理職
●商談にどのように臨むのかは、自分自身は分かっているが、それを何となく分かっているだけで具体的にできていないことが明確になった。今後の部下指導に役立てたいと思います。
●ストーリー・シナリオの重要性を認識しました。部下は「言われたことをやる」という傾向が強いため、今後は自分でストーリーを作り、それに沿った準備をすることを徹底させたいと思います。
●1つの目的に対して複数の仮説を持ち、それぞれに対応できるように準備させることで、部下の成功確率が上がると実感しました。
●今まで感覚的に行動していたが、具体的に仮説を立て、どのように行動するのかを部下へのアドバイスも含めて実践していきたい。

一般営業職
●なかなか殻を破れないのは、「仮説」の甘さだと感じました。顧客訪問時に、目的が曖昧なまま何となく訪問していたことが原因の1つだと気づきました。
●営業の方法がワンパターンになりがちな現状の中で、発想力の転換ができました。仮説トレーニングは実践に近い内容だったので、今後の営業に活かせると思いました。
●自分自身ある程度仮説を立てつつ行動していると思っていたが、実際はきちんと分析した上での仮説ではなく、今までの経験と勘だけに基づいた曖昧な仮説にしか過ぎなかったことが分かりました。
●いつも時間に追われて考えることなく行動してしまうことがあり、逆に仮説を立てて行動しなければ時間の無駄になることに気づけました。

よく寄せられる質問

なぜ研修にゲームなのか?遊びで終わらないか?
(1)体験参加型研修
体験参加型の研修により、受講者自らが意欲的・能動的に取り組むことにつながります。また、目標達成を目指す中で真剣味と緊張感が生まれる研修だからこそ、高い研修効果をもたらします。
(2)「気づき」のツール
営業ゲームを通じて営業シミュレーション(疑似体験)をし、普段の営業を振返ることで、各受講者に様々な「気づき」が生まれます。この「気づき」が、研修において重要な受講者の自己課題認識につながります。また、現場とリンクさせたシチュエーション説明をするなど、様々な工夫のもとに構成されていることも、営業研修としての高い評価につながっています。
(3)脳から見た研修効果
脳が楽しいと感じる状態は、人間にとって高いインプットとアウトプット効果をもたらしやすいと言われています。
営業ゲームの開発には、東大脳医学博士が参画しており、「学ぶ環境において最適な環境は?」を検証によりとことん突き詰めた結果、ゲーム形式の研修に行き着きました。その答えが営業ゲームです。
営業ゲームはどのような効果をもたらすか?
(1)日頃の営業活動とのリンク
「日々の営業活動といかにリンクさせ、結果的にアウトプットにつなげるか」が、営業ゲームにおいて一番のポイントになります。目標達成するためのプロセスやステップ、強みと弱みの自己認識やスタイル形成。そして、営業における「考える力」(営業思考力)。
ゲームの疑似体験で生まれるこの「学び」や「気づき」をもとに、研修後半のグループ・個人ワークで実際の営業活動に落とし込むことで、今後に活きる研修効果に導いていきます。
[学び]
営業の基本と原理原則。体系的な営業活動の把握。目標達成プロセス。営業思考力。
[気づき]
日頃の営業活動の客観的振り返り。現状打破へつながる情報整理。今後への自己課題認識。
(2)他研修(自社内研修など)との相乗効果
営業ゲームで営業の基本・原理原則を体系的にとらえることで、専門知識・テクニックなどの他研修との相乗効果でも高い評価をいただいています。
また、新人営業をマネジメント・教育する方への研修としても、あわせて評価いただいています。
これまでの実施例(人数・対象・業種・日数)は?
人数:受講者3名~40名まで
対象:営業管理職、中堅営業職、若手営業職、営業に関わるスタッフ職など
業種:大手企業から中小企業まで多業種の企業で実施いただいています。
日数:基本的に1日~2日での実施となりますが、人数・内容により異なります。
また、中長期的に関わる年間プロジェクトも実施しております。
ご要望に応じてカスタマイズいたしますので、詳細はお問合せください。
※営業ゲームは、業種業態に関係なく、法人営業における最大公約数となるような場面設定をしております。
無料体験の内容は?
本研修にご興味のある企業様にご訪問し、無料体験を実施いたします。
カスタマイズは可能か?
可能です。事前にヒアリングをしたうえで、解説内容やグループワーク内容をより御社に落とし込んだ内容にカスタマイズいたします。お気軽にお問合せください。
研修後のフォローアップについて
フィードバックレポートとともに、研修フィードバックと今後に活かすフォローアップをいたします。
様々な形式のフォローアップがございますので、ご相談のうえ決定させていただきます。