企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
採用コンサルティング・採用アウトソーシング
人材アセスメント・サーベイ
組織・人事コンサルティング

株式会社サクセスボード

http://www.successboard.co.jp/

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクウェア1182
対応エリア:関東[埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県]、東海[愛知県]、近畿[京都府 大阪府 兵庫県]、代表者名:萱野 聡、資本金:1,000万円

育成・研修 キャリアマネジメント力向上研修

イクボス、ダイバーシティー、若手育成など、今、上司に求められるキャリアマネジメント力向上研修

解決できる課題:マネジメント力向上キャリア開発・キャリア支援管理職層の能力開発
チームビルディング

このサービスのポイント

将来キャリアを考慮した業務分担が可能
部下と中長期的なキャリア目標を共有することにより、短期目標についての話し合いをスムーズにし、将来キャリアを考慮した業務分担を可能にします
本音を聴けるコミュニケーション手法の習得
関係構築の手法、質問スキルを中心としたコミュニケーションスキルを強化することで、部下のモチベーションを上げることができます

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 1日研修で40万円~50万円を目安にご相談させていただいております。
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーママネジメントコミュニケーション
サービス形態研修講師派遣貴社での集合研修[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間推奨日程:1日
対象人数16~25名

サービス詳細

サービス概要

御社の管理職は今どんな課題をお持ちでしょうか?

□時短の女性社員の対応に戸惑っている管理職が目立つ。
□多様な働き方、価値観の部下に囲まれ、自身で負荷をかぶっている管理職が多い。
□若手の育成、リテンションがうまくいっていない管理職がいる。

今、管理職は人材不足の環境の中、部下の育成とリテンションに多くの時間をかけるべきと言われています。
しかし、具体的には何をすれなよいのかわからない管理職の方が多いと思います。
単に業務負荷を下げればその分は誰がやるのか?特定の部下にその穴埋めをさせるのか?自分でその穴埋めをするのか?

このような環境下で、今、上司に求められる力は、『キャリアマネジメント力』であると弊社は考えます。
『キャリアマネジメント力』は、社員の一人ひとりが組織で成果を出し続けるために中長期的に目標を持って成長することを促す力です。
これからの経営者・上司・人事部門には、多様な人材が描く多様なキャリアゴールを理解し、支援し、実現していくことが求められているのです。

弊社では、この『キャリアマネジメント力』を管理職の方々にマスターしていただき、多様な部下たちをマネジメントしつつ、成長させるためのノウハウをお伝えする研修をお勧めしています!

是非お気軽にご相談ください。

ゴール設定・効果

●部下とキャリア目標を共有
部下と中長期的なキャリア目標を共有することにより、短期目標についての話し合いをスムーズにし、将来キャリアを考慮した業務分担を可能にする。

●本音を聴けるコミュニケーション手法の習得
関係構築の手法、質問スキルを中心としたコミュニケーションスキルを強化し、部下のモチベーションを上げる。

受講生の声

■これまでは業績評価に直結する短期の目標について部下と話すことはあってもその先のキャリアを
 どのように考えているか、興味を持ったことはありませんでした。
 今後は、部下の将来キャリアについて一緒に考え、より深い信頼関係の中で業務を進めていきたい
 と思います。

■未来を共に考えることが部下のモチベーション向上につながるということがわかったので、
 この研修で習ったコミュニケーション手法も使いながら、部下と会話をしていきたいと思います。

カリキュラム

プログラム例
日程・トピックス 内容
プログラム1
キャリアマネジメントとは
キャリアの考え方と部下のキャリア支援について学ぶ。
プログラム2
部下のキャリア目標の把握
ライフキャリアチャートの書かせ方と、過去・現在につながる未来の会話の方法を学ぶ。
プログラム3
傾聴と質問力
信頼関係構築の早さと深さのために、傾聴技法とソリューション・フォーカスト・アプローチに基づく質問技法を学ぶ。
プログラム4
フィードバック力
ポジティブフィードバック・ネガティブフィードバックの違いと実践方法を学ぶ。

サービス資料を無料ダウンロード