企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ

ジェイフィールは良い感情の連鎖を起こすことで、 人と組織の変革を支援する株式会社ジェイフィール

カブシキガイシャジェイフィール

http://www.j-feel.jp/

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目3番2号渋谷MKビル6階
対応エリア:全国、代表者名:高橋 克徳、従業員数:19名、資本金:6000万

企業・組織診断 組織感情診断

組織の感情状態、強み、弱みを可視化、
問題解決へのソリューションのご提案をします。

解決できる課題:組織・風土の改革

このサービスのポイント

自分たちの職場を自分たちでマネジメント
社員の感情状態が客観視でき、何が不足して、どのようなサイクルに陥っているかがわかります。何を変えたいのか、そのために何をすればよいかが簡単にイメージできます。
リスク度の高い職場を明らかに
創造性や生産性の低下、メンタルの増加などにつながりやすい感情状態に陥っている場合、そうした職場を早期に発見して、対策を打つことが可能になります。
低価格な仕組みで継続的モニタリングが可能
診断は定期的に実施し、絶えず組織感情状態を把握することが重要です。組織感情診断はアウトプット単位での課金と継続可能な価格設定でモニタリングを可能にします。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 【職場レポート】5万円/1レポート
【分析報告書】10万円/1報告書(10職場まで)
導入社数 導入社数非公開
サービス形態調査・分析

サービス詳細

職場の感情を見える化する

職場の状態を客観的に評価できる仕組みがほしい。
組織力が継続的に発揮できる職場になっているのかを明らかにしたい。
問題を抱えた不機嫌な職場があれば、早期発見して、対策を打ちたい。
自分たちの職場を自分たちでマネジメントする意識を高めたい。

組織感情診断は、職場を対象にした組織診断ツールです。業績が上がっていても、メンバーが負の感情のサイクルに入っていたら、成果は持続しません。組織の感情状態を適正化するための仕組みが必要です。
【目的】 職場毎の組織感情状態の見える化
【対象】 職場単位
【期間】 対象職場決定後3週間程度
【適正人数】 最少マネジメント単位

特徴

1.明確なアクション作りに繋がります
社員の感情状態が客観視でき、何が不足しているか、どのようなサイクルに陥っているかが手に取るようにわかります。何を変えたいのか、そのために何をすればよいかが簡単にイメージできます。

2.リスク度の高い職場を明らかにします
創造性や生産性の低下、メンタルの増加などにつながりやすい感情状態に陥っている場合、そうした職場を早期に発見して、対策を打つことが可能になります。

3.低価格な仕組みで継続的モニタリングが可能です
診断は定期的に実施し、絶えず組織感情状態を把握することが重要です。組織感情診断はアウトプット単位での課金と継続可能な価格設定でモニタリングを可能にします。


組織感情マップ

導入フロー

診断の進め方
日程・トピックス 内容
診断設計
・実施職場の決定
・分析軸の設定
・社員情報の提供
受診開始
・メールにて一斉に対象者に受診ページのアドレスを送信します
・概ね2週間程度の受診期間を設けます
・管理画面より受信催促メールの一斉配信が可能となっており、サポート機能も充実しています
結果フィードバック
・職場レポートは終了後、即日閲覧が可能です
・事前の打合せで、更に詳細な分析報告書の作成が必要な場合は、終了後2週間程度で報告書の作成を行います

サービス資料を無料ダウンロード