企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

あらゆる人に良質な学びの場をカレイドソリューションズ株式会社

カレイドソリューションズカブシキガイシャ

https://www.kaleidosolutions.com

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-12-1ダイヤモンドビル5F
対応エリア:全国、海外、代表者名:高橋 興史、従業員数:6名、資本金:  

育成・研修 承認を学ぶビジネスゲーム「トナリノココロ」

社内講師でできる、ヒューマンスキルを学べる
楽しいビジネスゲーム研修ツール

解決できる課題:コミュニケーションの活性化組織・風土の改革新人・若手社員の戦力化
チームビルディング

このサービスのポイント

「協力型」ビジネスゲーム
プロセスで参加者は他者を認めることの重要性やコミュニケーションの重要性、リーダーシップの在り方に気づきます。
「承認」や「傾聴」などの大切さを認識
自分が「承認」「傾聴」されたときの気持ちを知り、相手への「承認」「傾聴」を繰り返すことで、その重要性を肌で感じられます。
勝利条件「周囲からどれだけ感謝されたか」
一緒に作戦を立てる相手・人数は刻々と入れ替わり、相手や人数に応じたコミュニケーションが求められ、一人では課題解決できない仕組みです。

サービスDATA

対象企業規模 501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 15万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上コミュニケーション
サービス形態研修コンサルティング(内製化、研修設計)貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間実施時間:3時間~7.5時間
提供形態:レンタル(回数/期間)
必要設備:プロジェクター/スクリーン/PC/音声出力装置(スピーカー)
対象人数参加人数:12~24名/1キット

サービス詳細

開発背景

 自分への無根拠な自信があり、他者の意見を真摯に聞けない。他者を認めるコミュニケーションがとれず、人間関係がぎすぎすしている。こんな社員が増えているようです。職場において他者のフィードバックを正しく受け止め、そして他者の理解を踏まえ、他者を動機づけるコミュニケーションをとり、協調して働く姿勢を身につけさせたい。そんな人材開発上の課題に応えるべく、トナリノココロは開発されました。

 会社の課題を解決するプロセスを通じて最大の評価を獲得することを目的とする「協力型」のビジネスゲーム研修です。企業の特命部の社員として、支社に巻き起こる課題を解決します。一人では課題は解決できず、全員で一致団結する必要があります。勝利条件は、お金ではなく、「周囲からどれだけ感謝されたか」。つまり、ゲーム終了時点で、もっとも勝利への貢献を積み重ねた参加者が勝利するのです。

内定者フォローを目的に開発されました。新入社員から管理職まで豊富に実績がございます。
懇親目的の場合、3時間。
学習目的の場合、4時間から8時間程度で実現可能です。

※運営用パワーポイント資料、マニュアル、ルールブック、ワークシートなどのデータを物品とあわせてご提供しますので、研修経験の浅いトレーナーでも容易に実施出来ます。

学びのポイント

1. 「他者の心情・気持ちに配慮した振る舞いをする」
2. 「納得できるまで話し合う」
3. 「現状に安住せず、他者の良いところを謙虚に取り入れる」
4. 「努力すれば結果は変わる」

特徴

●学びが多様で、参加者間で意味づけを行います(社会構成主義)。
●承認しあう時間があり、認め、認められることで、参加者の気持ちが変化します。
●個人対抗やチーム対抗ではなく、全員でひとつのゴールを目指す協力型のビジネスゲームです。
●作戦タイムには話し手が1名に制限されることで、話し手は最後まで発言できます。聞き手は発言を傾聴することが求められます。
●クラスのほぼ全員と話す機会があり、一緒に作戦を立てる相手・人数は刻々と入れ替わり、相手や人数に応じたコミュニケーションが求められます。
●承認することをルール化しており、一般的なワークでは照れくさい活動も自然に行えます。


 

カリキュラム

研修カリキュラム
日程・トピックス 内容
0:00~0:10
導入[アイスブレイク]
参加者の緊張をほぐします。
0:10~0:40
ルール説明を行います。
0:40~1:30
トナリノココロ①
ゲームを行います。
1:30~2:00
振り返り[ワークショップ ・沈黙 ・結果分析 ・シェア]
沈黙して自己の行動を振り返り、そこでの気付きを共有します。
同時に自分が他者をどのように評価しているかを洗い出し、共有します。
2:00~2:35
トナリノココロ②
ゲームを行います。
2:35~3:40
振り返り&まとめ
振り返りを行い、研修を終了します。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 東証一部上場ITソリューションプロバイダー、東証一部上場自動車部品、東証一部上場マンション分譲、東証一部上場食品、東証一部上場化学メーカー、東証一部上場製薬、大手金融、外資系生命保険、一部上場不動産、財閥系システム運用管理業、特殊機器製造業、ベーカリーカフェチェーン、生活協同組合  など多数
参加者の声

・個人だけでなく、チームだけでなく、全チームのことを考えてラウンドを進めていくのが心地良くなった。
・自分に少し自信がもてました。ゲームで繰り返し楽しく出来ることで、自分の行動・態度は変えられるとわかりました。
・人の行動をさぐりながら解決していくのがおもしろかった。
・参加者の意識や理解度が高く、質の高い体験会であった。
・情報共有した先のプランニングに期待できそうで、かつチームプレイが充実しそうな気がします。
・楽しく研修をするという事を思い出すことができました。
・企業、また大きなグループの弱点をうまく突いてると感じた。
・営業の縮図のようでした。
・色々な思考・性格の人がいる中での自分の立ち位置を知るきっかけとなった。
・ただのゲームのようだが、自分の意見を伝えたり、みんなの意見をまとめたり、戦略を練ったりと、集団で活動するために必要なことが学べた。