企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
人材育成・研修

株式会社エデュテイメントプラネット

https://all-e-support.jp

〒167-0052 東京都杉並区南荻窪4丁目29番10号田丸ビル2F
対応エリア:全国、海外、代表者名:柳田 善弘、従業員数:10名、資本金:300万円

ハラスメント対策 組織診断「職場の健康診断」

セクハラ・パワハラ・メンタルヘルスの
現状把握・施策立案に最適なアンケート調査

解決できる課題:健康管理・メンタルヘルス対策コンプライアンスへの対応

このサービスのポイント

組織の現状の把握や研修・施策の効果を知る
従業員にインターネットを活用したアンケートに回答いただき、組織の現状や課題を分析。回答者の匿名性を確保した上で、無理なく本音を引き出し、高い回答率を実現します。
リスクレベル別にハラスメント等を把握
ハラスメントの概念を提唱・定義したクオレ・シー・キューブ社の専門的・実践的見地を踏まえた質問項目で、リスクレベル別に職場のハラスメントなどの現状を把握します。
回答直後に従業員にフィードバック
仕事による疲労蓄積度は、回答直後に従業員にフィードバックいたしますので、メンタルヘルス不調予防の意識喚起ができます。

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国海外
費用 お問い合わせください。(参考)人数に関わらず一律料金:60 万円~
導入社数 導入社数非公開
サービス形態調査・レポート
対応分野セクハラ対策パワハラ対策モラハラ対策マタハラ対策その他、ハラスメント対策

サービス詳細

従業員が安心して働ける環境づくりを推進

適切なハラスメントの対策を立てるためには、組織の現状把握や研修・施策の効果測定を行うことが重要です。本サービスをご活用いただき、現場の声と対策をしっかり結び付けることで、従業員が安心して働ける環境づくりを推進できます。

従業員の皆様にインターネットを活用したアンケートにご回答いただき、組織の現状や課題を分析いたします。回答にかかる時間は5分程度。回答者の匿名性を確保した上で、無理なく本音を引き出し、高い回答率を実現いたします。

特徴

セクハラ、パワハラ、メンタルヘルスまで、1つの診断で現状把握ができます。

・パワーハラスメントの概念を最初に提唱・定義したクオレ・シー・キューブ社の専門的・実践的見地を踏まえた質問項目で、リスクレベル別に職場のハラスメントおよびメンタルヘルスの現状を把握できます。
・回答にかかる時間は5分程度。回答者の匿名性を確保した上で、本音を無理なく引き出し、高い回答率を実現いたします。
・仕事による疲労蓄積度は、回答直後に従業員にフィードバックいたしますので、メンタルヘルス不調予防の意識喚起ができます。


 
こんな課題をお持ちの企業様にお勧め

☑従業員がハラスメント、メンタルヘルスについて深刻な問題を抱え込んでいないか心配だ
☑相談窓口で拾い切れていないハラスメント問題があるのではないかと考えている
☑自社で行うハラスメント研修の効果を測定したい
☑今後どんなハラスメントの対策を行えばよいか、検討する材料が欲しい

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 高エネルギー加速器研究機構様
生活協同組合コープながの様
その他多数
お客様の声

高エネルギー加速器研究機構
【対象】研究職を除く職員(約250名/内管理職 約20名)
【実施期間】2011年10月〜
*回答者属性を自社組織での呼称・分類に合わせカスタマイズ
*フリーコメント欄の追加(5問)

【回答者のフリーコメント欄もカスタマイズで追加】
「職場の健康診断」は、基本的に数値としてデータが上がってきます。しかし、私どもとしては「相談窓口には上がってこない、職員の率直な意見や悩みをこの機会に吸い上げたい」という思いもありました。
しかし、パッケージの回答の中では、フリーコメント欄はありません。そこで、相談したところ、フリーコメント欄をカスタマイズで追加してもらえることになりました。
できるかどうか相談してみたら、率先してアイディアを提供し、柔軟に対応してくれる。この点は、エデュテイメントプラネット社の特色だと感じます。

実態調査を終えてみて、今まで出てこなかったことが見えてきたというのが率直な感想です。形式や場所を変えたことで、職員たちも正直に答えてくれたと感じます。やはり、今回の調査の「匿名性の担保」という安心感が大きかったのでしょう。
特にフリーコメント欄に出てきた悩み・相談・事案は、職員の正直な思いがこもっており、貴重な意見として真摯に対応していきたいと思います。
今後は、ハラスメント防止教育はもちろんのこと、イエローゾーン/グレーゾーンのハラスメントについても共通理解を深め、浸透させていきたいと思います。

サービス資料を無料ダウンロード