企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
安全衛生・リスクマネジメント・EAP

EAP事業を通じて人助けを株式会社Eパートナー

カブシキガイシャイーパートナー

〒105-0013 東京都港区浜松町1-6-15VORT浜松町Ⅰ 10階
対応エリア:全国、代表者名:佐久間 万夫

メンタルヘルス対策・EAP EAP、メンタルヘルス研修、各種研修、カウンセリング、コンサルティング

全拠点の社員様へ≪公平≫に≪最高≫で≪最適≫なEAPサービスをご提供

解決できる課題:健康管理・メンタルヘルス対策離職率低下・リテンション研修計画・設計・手法
ストレスチェック

このサービスのポイント

法人担当カウンセラー体制
法人担当カウンセラーが定期訪問を実施し、社員様のご相談から見えてきたソリューション提案及び情報交換を行います。不調者予防の体制づくりパートナーとして機能します
現場型カウンセリング体制
Eパートナーは相談者へのカウンセリングは≪面談≫を重視します。カウンセリングルームでの面談はもちろん、現場型の出張カウンセリングスタイルを特徴としています
専属カウンセラーによる全国直轄型
全拠点のクライアントの問題を一元把握し、問題点のソリューションをフィードバックします。各地で発生している問題点の把握や緊急対応、個人情報管理体制を実現可能です

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 1時間5万円~
導入社数 約670社 ※2017年4月期実績
サービス形態コンサルティング

サービス詳細

EパートナーのEAPサービスの特徴

1.フットワークある現場型カウンセリング
2.専属カウンセラーによる全国直轄型でタイムリーな対応
3.会社と連携したきめ細かな休職・復職支援
4.法人担当カウンセラーによる人事担当者様のサポート
5.全国拠点巡回によるメンタルヘルス施策の全国展開

全国・全拠点の社員様へ
≪公平≫に≪最高≫で≪最適≫なEAPサービスを提供します

「全国・全拠点の社員様へ≪公平≫に≪最高≫で≪最適≫なEAPサービスを提供します。」
企業が外部EAPサービスに期待しているのはどういう点か?

Eパートナーはプロバイダー本位の考えから脱却し、企業本位・社員本位のサービス構築を志向しました。

つまり、EAP導入≠外部相談窓口の設置、或いはEAP導入≠ストレスチェック実施であると考える、問題意識を持った企業担当者様が急激に増加しており、その多くは人事厚生部門と【相互補完的】に【連携した】従業員メンタルヘルスサートを外部EAPプロバイダーに期待されている点を考慮し以下のオンリーワンの外部EAPサービスを提供しております。


【オリジナル(1)】 法人担当カウンセラー体制
法人担当カウンセラーが定期訪問を実施し、社員様のご相談から見えてきた企業問題点に関してのソリューション提案及び情報交換を行います。法人担当カウンセラーはまさに人事厚生部門の専属メンタルヘルスコンサルタント。不調者予防の体制づくりパートナーとして機能します。

【オリジナル(2)】現場型カウンセリング体制
Eパートナーは相談者へのカウンセリングは≪面談≫を重視します。カウンセリングルームでの面談はもちろん、現場型の出張カウンセリングスタイルを特徴としています。

仕事が忙しくカウンセリングルームに出向く時間の無い社員の方や休職中であり外出する事にまだ不安がある方、更には家を長時間空ける事が難しいご家族の方には、Eパートナーのカウンセラーがその方のご希望場所まで出向いてカウンセリングを提供します。

【オリジナル(3)】専属カウンセラーによる全国直轄型
全拠点のクライアントの問題を一元把握し、問題点のソリューションをフィードバックする事を可能にするには全国直轄型しかありません。各地で発生している問題点の把握や緊急対応、プライバシー保護、個人情報管理体制も本体制だからこそ実現可能です。

Eパートナーの法人コンサルティング

人事担当者様の良きパートナーとして、法人担当カウンセラーが継続してご支援しています。

Eパートナーではご契約企業様に専任の法人担当カウンセラーがいます。
半期レポート、年間レポート訪問時を含む年4回を基本としてご担当者様を訪問し、課題の共有、ご提案をさせて頂いております。
それ以外にも、研修についてのご相談や、個別のご相談について必要に応じてご訪問しています。
実際に、弊社からメンタルヘルス施策5ヶ年計画をご提案させて頂き、それをベースに運用している会社もあります。


Eパートナーの法人コンサルティング

サービス開始まで

日程・トピックス 内容
STEP. 1
弊社EAPサービス内容の説明
貴社ニーズのヒアリング
STEP. 2
貴社向けサービス内容のご提案
御見積提示
STEP. 3
対象者数決定
EAP基本契約書の準備
契約書内容のチェック、押印
STEP. 4
登録番号取得
貴社顧客情報の社内データ登録
利用者カードの作成、発送
周知ツール(ポスター、イントラ原稿等)の作成、配布
STEP. 5
サービス・スタート
フリーコールからの相談
会社依頼の休職・復職支援
説明会・研修の計画、打合せ
STEP. 6
説明会・研修開催

導入実績

導入社数 約 670社 ※2017年 4月 期実績
導入先 2017年 4月期実績 約670社 様にご利用いただいております。
例)エーザイ株式会社様、大和ハウス工業株式会社様、ヤマハ株式会社様 など
エーザイ株式会社様:社員と家族のメンタルヘルスケアの取組みとその効果について

 

労務政策部 福利厚生センター長 今井 英晶様
労務政策部 担当部長 河口 英夫様

<何を期待してEパートナーを選ばれたのでしょうか>
今でこそ家族を含めてのフォローは一般的になってきましたが、Eパートナーは最初から本人とその家族と標榜していました。エーザイも企業理念のヒューマン・ヘルスケアという中で「患者様とそのご家族」という言い方をしています。家族を含めてのフォローという部分に共感を持ちました。それから出張面談に力を入れていること。どうしてもメンタルヘルス不調の場合、遠くまで出てきての相談というのは大きい負担になります。カウンセラーが近くまで出張する所に魅力を感じていました。又、人によって色々なニーズがあるので、電話相談、メール相談もできるという幅広い選択肢が取れることもメリットでした。その他、研修サービスなど色々な観点から精査した上で、最終的にはカウンセラーの質の高さという部分を評価して選びました。

<効果という点ではどのような印象をお持ちですか>
メンタルヘルス不調というのは、放っておけば年々増えて行く傾向にあると思っています。それは若い人たちがシニア世代とは違う感覚を持っていて、仕事自体も高度化・効率化されてきている環境も背景にあります。このような環境の中で、不調者の発生を少しでも減らしたいと考えています。新入社員のMR職に対して、サポートメールを配信してから、明らかに不調者の数が、下がってきたという数値的成果が出てきています。

又、契約して9年目に入りますので、研修をお願いする場合も、当社の状況に即して、例えば生産部門の組織の責任者研修や研究所の全社員を対象とした研修など現場のニーズをしっかりと汲み取って研修の中身を作り上げて頂いていることも有効かと思います。
そして、統計的な利用状況についても定期的にご報告を頂きますが、面談後の満足度評価がとても高いことから、社員の満足につながっているのではないかと思います。

このような効果の土台には、社員が安心して相談できるという社員からの信用の蓄積があると思います。メンタルヘルスの問題はあまり会社に知られたくないという前提で相談にいくわけですが、守秘義務がしっかり保たれていないと社員の信用は築けません。

大和ハウス工業株式会社様:全国ベースでのメンタルヘルスケアに関する取組みについて

 

人事部健康管理室 室長 長田 裕文様
人事部人事グループ 上席主任 嶋田 智美様
人事部健康管理室 専任課長 平田 雅子様

<何を期待してEパートナーを選ばれたのでしょうか>
当時、本社の人事には、全国の事業所から、診断書を出して休みに入った段階でようやく情報が来るようなケースが多くありました。もっと早い予防的段階で全国の事業所をしっかりフォローしたい、そして休職者の復職支援に力を入れたいという会社方針もあり、フットワークよく動いていただけるEパートナーを選ばせて頂きました。契約以降、全国の事業所をカウンセラーに定期巡回して頂いています。
加えて、当社は全国に社員がいますので、場所は問わず、全国の相談者のもとに行って相談を受けて頂けること、そして社内ではなく、あくまでも社外ということで、名前を伏せてご相談できるという部分も社員や社員の家族の利用のしやすさという点から大きかったと思います。

<職場復帰支援には、どのように取り組まれていますか>
基本は休職に入った社員はEパートナーのカウンセラーに支援してもらうように主に総務責任者がアレンジしています。ですが、ご本人が必要ないと判断されたり、話した内容が会社に伝わるのではと心配したり、主治医のクリニックでカウンセリングも受けている場合もあり、全ての休職者がカウンセラーの支援を受けている訳ではありません。随分と浸透してきた職場では、気がついた人がカウンセリングを勧めてくれたり、上司から「ケアを頼む」ということで人事や総務責任者に連絡が入ったりします。全社的に運用することについては、本人の意向や遠慮もあって、なかなか難しいなと感じています。
又、当社は復職判断基準を設けております。例えば就業時間(基本は9:00)に出社できること、勤労意欲があり、規則正しい生活リズムがとれていること等を確認しています。一番の基点になるのは半日勤務ですから始業時間からの4時間勤務が一ヶ月間継続できることが条件になります。そして一ヶ月毎に経過確認の産業医面談を実施して通常勤務に向けて、時間外労働や出張の制限を付けるかどうかを判断します。半日勤務は基本一ヶ月ですが、ケースによって1週間位で8時間勤務ができる方もいます。主治医や精神科専門医、産業医の意見書なども参考にして柔軟に対応しています。

ヤマハ株式会社様:職場復帰支援を含めたメンタルヘルス施策の運用と効果について

 

人事部 環境安全グループ 医師 山本 誠様
人事部 環境安全グループ 看護師 尾上 和永 様

<何を期待してEパートナーを選ばれたのでしょうか>
当時、遠州地区だけでなく、全国の営業拠点の職場復帰支援ができる外部EAP会社を探していました。全国、いつ、どこで病欠者が出るか分からない中で、「あそこは遠いから行けません」という訳にはいきません。しかし、社内だけで支援ネットワークを常時維持することはコストを考えると難しい。対面での職場復帰支援を、全国ベースで実施して頂けることを期待して、Eパートナーを選びました。
実際に、Eパートナーの営業担当、法人担当カウンセラーを含む窓口の方がすごく安心できました。研修やその他のことに関しても、こちらの要望に柔軟に対応して、レスポンスが早いことも大きかったです。そして、上司、人事担当者が、困っている時にも対応して頂ける点が、社内的にもありがたいと思っています。

<効果という点ではどのような印象をお持ちですか>
ヤマハ本社のデータでは精神疾患病欠者の再休職率がどんどん減っています。休職期間満了ぎりぎりまでいった方も、Eパートナーの支援を受けて、部署が変わって復職出来た事例もあります。又、日常の産業医としての診療の中で、眠れないというご相談があって、Eパートナーをご紹介した方も、カウンセリングを受けていただき、今は落ち着いています。社内では、ご家族の問題、借金の問題、介護の問題などは、社内の人間だと「頑張ってもらうしかないね」になるのですが、私たちが「Eパートナーもあるので使ってみたら?」と言えるのはいいと思いますね。

よく寄せられる質問

どんな相談が寄せられるのですか?
よろず相談として様々なテーマが寄せられています。職場に限らず色々な困りごと、ショックなこと、体調の問題などのご相談を受けています。
電話相談と面談では違いはありますか?
面談は継続することが多く、一緒に問題に取り組むことができるので、課題解決には効果的です。
電話・メールは面談よりも気楽にご利用できます。又、電話・メール相談から面談に進むことも多くあります。
緊張の強い方などは電話相談を継続することもあります。
Eパートナーのカウンセリングの特長は何でしょうか?
企業経験があり、企業を理解してるので、働く人を取り巻く状況が想像できる点です。
継続している方をきめ細かくフォローするので、相談者にとっては強力なサポーターではないでしょうか。
社内研修では認知療法、対人関係療法を中心に取り組んでいますので、問題解決に効果的なアプローチができます。
企業にとってEAPは有効でしょうか?
それは有効と感じています。相談を受けていて、「この話は会社には言えないだろう」と思うことが多々あります。
又、親しい人だからこそ言えないこともありますので、利害関係のない第三者の相談窓口としてEパートナーは安心してお話できる場となっています。