企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
ビジネス効率化・支援
組織・人事コンサルティング

職場へのスムースな導入と定着と、組織の最大のパフォーマンスを引き出すソリューションを提供株式会社スマートビジョン

カブシキカイシャスマートビジョン

http://www.smartvision.co.jp

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-48-11 
対応エリア:全国、代表者名:石川 洋、資本金:1,000万円

育成・研修 ITSS準拠キャリア評価システム用ジュニア&シニアメンター養成サービス

ITSSをスムースに導入するための
ジュニア&シニア・メンター研修

解決できる課題:マネジメント力向上リーダーシップ強化管理職層の能力開発
チームビルディング シニア社員 グローバル

このサービスのポイント

ジュニアとシニア・メンターの役割への理解
ジュニアメンター、シニアメンターの役割とその違いを明確にし、スムースな導入に必要なメンターとして、育成意識を高める指導・支援スキルの基本を学べます。
職場でよくある事例でのロールプレイ演習
職場でよくある事例でのロールプレイ演習を通して、どうメンタリングすることで、より明確な気づきを与えられるのかを学べますので、職場での実践が進みます
グローバル企業として国際的な展開を目指す
グローバル企業として、国際的な展開を目指す企業は、早めにITSSガイドラインを導入することで、世界の標準的なキャリア評価システムへの転換が容易になります。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 一般公開コースは、1日、1人、22,500円(税込、テキスト込)
企業内研修は、日数割、人数割の内、お安い方を選択できます。
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーマグローバル人材コーチング・ファシリテーション
サービス形態貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]通学型[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間一般公開コースでは、基礎コースとメンタリング活用コースの2コースを選択ください。
ご希望により、企業内コース2−3日コースを実施します。
対象人数一般公開コースは、最低1名から実施。
企業内研修は、最低4名から。

サービス詳細

特徴

 ITSSとは、経済産業省外郭団体である独立行政法人 情報処理推進機構IPAが策定したIT企業向けのキャリア評価システムのこと。
 日本IBM、日立製作所、富士通、日本HP社等がすでに導入しており、IT技術者のIT関連キャリアステップとして、7段階の評価レベルを規定し、IT技術者にキャリア意識を持たせ、横の異動もスムースにできる様にしたものです。
 現在では、IT企業だけでなく、幅広く多くの産業で導入されており、自分だけの象牙の塔に閉じこもるのではなく、幅広い業界で活躍してもらうために作られたキャリア指針でもあります。
 ITSSのキャリア評価システムを導入する場合、レベル3から4にレベルアップを支援するジュニアメンター、およびレベル4からレベル5へのレベルアップを支援するシニアメンターが重要な意味を持ちます。
 ジュニア メンター研修は、ITSSレベル4以上のエンジニアを育てられるメンターの養成を目指したもので、人材育成の基本となる指導支援法および人材育成のやりがい、達成感、キャリアとの関係を十分理解してもらう必要があります。
 また、シニア メンター研修は、ジュニア メンターをさらにITSSレベル4から5に引き上げる支援をするメンターを育てるもので、より高い見地から指導・支援するには、どうするべきかを学ぶシニアメンターとしての手法、志を学ぶことができます。
 各々の基本的な役割、やりがい、基本的なスキルを最初の段階で、十分理解されて、実践できることが、ITSS等のキャリア評価システムをスムースに導入するための必須条件になります。


 
ITSSでよくある課題と対策法

●キャリア評価システムのガイドラインの作成と仕組みづくり
 大プロジェクトでの支援システムと成功事例の見える化
●トップやマネジャーのイニシアティブの発揮
 課題:育成やチームへの貢献の重要性とその中身の理解と徹底
 対策:管理職研修や評価者研修の徹底化
●レベル3から4へのキャリア支援
 課題:育成スキルの体得
 対策:ジュニア・メンター研修の実施
●レベル4から5へのキャリア支援
 課題:行動と責任、社内での育成や貢献活動
 対策:シニア・メンター研修の実施
●メンター同士での協働する仕組みづくり
 課題:多方面の専門メンターの協力関係
 対策:経験あるメンターによる支援チームの結成


 
基本プロセス

(1)事前打合せにより、プログラムの目的を明確化し、スムースな導入に必要なメンターとしての育成意識の高揚、指導・支援スキルの基本を学びます。この段階で、ジュニアメンター、シニアメンターの役割とその違いを明確にします。
(2)プログラムの実施予定に合わせた日程に基づき、よく起きる状況を想定して、その場合の対処法をスキル中心にまとめて学び、演習を行います。
(3)目標を明確にイメージし、その成果を検証する演習が基本ですので、演習効果が明確となり、高い演習効果が期待出来ます。
(4)実際のプログラム実施中、実施後の研修効果を中間、最終時点で実施し、改善すべき視点を明確化します。
(5)人材育成の見える化指標を明確にし、職場での自律的な改善が進めるための基盤づくりを進めます。

主な実績

 一般的なジュニア・メンター研修だけに留まらず、シニアメンター研修、コーディネータ研修、メンティの上長研修に至るまで、幅広い研修実績を持ち、企業内トレーナー、公務員トレーナーへの指導・支援の多くの実績を持ちます。その長年の蓄積と経験を集大成し、2005年には、メンタリングバイブルを制作、2010年1月には改訂版が完成。米国の国際メンタリング学会では、アジア初の5年連続の事例発表の実績があり、2009年度年次総会では育成の見える化の事例発表した。
 また、中央職業能力開発協会JAVADAでのコーチング&メンンタリング講座の講師としても長年活活躍。
 早稲田大学オープンカレッジ、国際メンターシップ グラデュエート・スクールでのコーチング&メンタリングの指導、さらには、日本HP、富士通株式会社を初め、日立製作所、NTTドコモ等での、メンタリング導入にも貢献した。


 
研修事例、関連書籍

【研修事例】
●各種コーチング&メンタリング研修
●各種メンター研修
●各種リーダーシップ研修
●シニア・メンター研修
●メンティの上長研修
●各種マネジャー研修

【関連書籍】
評判の新刊書「競争に勝ちたいなら人材育成を見える化しなさい」中経出版発行
「メンタリングバイブル」国際メンタリング&コーチングセンター発行
「図解入門 よくわかるビジネスコーチング入門」JMAマネジメントセンター発行
「会社が変わる組織が活きるパフォーマンスコーチング」日本実業出版社


 

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 富士通株式会社 他
ITSSレベル4から、レベル5に引き上げるサブメンター研修に力を入れた富士通

 富士通株式会社では、以前より、ITSSをベースしたキャリア評価システムを導入していたが、ITSSレベル4エンジニアは、相当数増えたものの、レベル5レベルのエンジニアがなかなか育たなかったこともあり、レベル5のエンジニアを育てるためにサブメンターの養成する方針を決定した。
 これを実現するため、サブメンターが身につけるべきメンタリング スキルを学ぶメンタリングスキル研修を計6回実施した。
 この中では、レベル4から、レベル5として認められるための最低条件を満たすため、どんなメンタリングでの実績が必要なのかを学んだ。
 
 
 

よく寄せられる質問

ITSSとは、日本独自のキャリア評価システムなのですか?
 キャリアというと、過去の業績、学歴、資格等のことを意味していると誤解しがちですが、本来のキャリアとは、その人に同じタイプの仕事をやってもらうとしたら、うまくできるのかどうかを言っているのであり、これから同じ仕事をする場合、うまくいくのかどうかの目安ということになります。
 従い、単純な学歴、課長や部長を何年やっていたとか、資格を持っているかどうかとは全く異なります。レベル3は、自分だけで仕事ができるかどうかですが、レベル4以上は、新人を育てられたかどうか、チームにどれだけ貢献できたのかであり、さらにレベル5以上では、さらに多くメンバーをリードしてより複雑なプロジェクトを成功に導けたかどうかになります。
 これらの一定のガイドラインは、欧米企業で言われているキャリアの概念との整合性があり、その考え方をベースにした内容になっています。ITSSでも、欧米企業と同様に、メンタリング&コーチングの概念に基づいた考え方を導入しています。