企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2020-春-[東京]<ライブ配信> 参画企業
事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング

株式会社マネジメントベース

http://www.m-base.co.jp/

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-8東京中央ビル8階
対応エリア:全国、代表者名:本田 宏文、従業員数:7名、資本金:1000万円

企業・組織診断 離職促進要因分析

若手・中堅社員の離職率低減/定着化を支援

解決できる課題:離職率低下・リテンション

このサービスのポイント

企業の内部環境要因を対象に分析
企業の内部環境要因を対象に、科学的アプローチに基づき、社員の離職を促している企業固有の要因を分析し、改善を支援致します。
診断結果を踏まえたコンサルティングも提供
診断結果を踏まえた改善コンサルティングも提供いたします。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 25万円より(現在保有データ、対象データ数等を確認の上で詳細お見積り)
導入社数 導入社数非公開
サービス形態調査・分析コンサルティング

サービス詳細

商品/サービスの特徴

昨今、大卒新入社員の入社後3年間の離職率が3割から4割近くに上ろうとしています。採用に一人当たり50万円以上かけている企業も珍しくなく、入社後かかるコストを勘案すると社員の定着化は経営上、大きな問題です。離職率が高いまま採用にコストをかけ続けても利益の垂れ流しになりかねません。

本サービスでは、離職の原因として考えられる三つの要因(①外部環境要因、②企業の内部環境要因、
③社員の個人特性要因)の中で二番目の企業の内部環境要因に着目。

企業の内部環境要因を対象に、科学的アプローチに基づき、社員の離職を促している企業固有の要因を分析し、改善を支援致します。

診断フェーズ【離職促進要因分析】

対象層となる社員への調査を通じて以下の分析を行います。

●当該企業内で、離職を促進している要因要素の明確化
●各要素が離職に与える「影響度の強さ」と、平均的な日本企業と比較したときの各要素の
 「水準・レベル」の把握
●離職率低減のために優先的に取り組むべき課題の抽出
●離職と対極的な概念で社員の定着化につながる「モチベーション・コミットメント要素」
 (仕事に対するやりがい、組織に留まっていたいという思い)の明確化

診断結果を踏まえた改善コンサルティングも提供いたします。