企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
社会保険労務士・他士業
組織・人事コンサルティング

社会保険労務士・中西事務所

http://www.officenakanishi.com

〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-4-3リーフハイム北新宿101
対応エリア:関東[埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県]、代表者名:中西 啓太、従業員数:2名

育成・研修 管理職に必要な労務管理の法的知識および役割・責任について学ぶ研修

部下の労務管理に関わる重要事項を実例や問題を解きながら、正しく知識を身に付ける

解決できる課題:労働関係の法規への対応グローバル化への対応管理職層の能力開発

このサービスのポイント

管理職に必要な労務管理の知識・役割・責任
部下の勤怠管理、セクハラ、パワハラ、懲戒処分、雇止め、安全配慮義務など、労基法、改正男女機会均等法等で規定の実例・問題を解き、正しい知識を身に付けて頂く研修です
実施前の問題項目指摘・改定アドバイス無料
貴社の社内規程の内容に問題がないかを事前にチェックしてから管理職向け労務管理研修を実施。法改正に対応していない規定等がある場合、無料でアドバイス致します
特に新任の管理職には必須の研修
この研修の中で、法的に管理職の役割や責任は、社長と同じ使用者の立場になることをまず自覚していただきます

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 関東[埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県]
費用 147,000円(90分)、168,000円(120分)
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上リスクマネジメント・情報管理
サービス形態研修コンサルティング(内製化、研修設計)
対象人数参加人数の制限なし(通常10~40人)

サービス詳細

管理職セミナー ~管理職に必要な労務管理の法的知識および役割・責任について学ぶ~

部下の勤怠管理、セクハラ、パワハラ、懲戒処分、雇止め、安全配慮義務など、労基法、改正男女機会均等法などで規定されている重要事項を実例や問題を解きながら、正しい知識を身に付けて頂く、管理職向け研修です。

コース:
労務管理職セミナー 90分コース、120分コース(ご要望に応じて項目を追加、変更可能)

料 金:
90分コース147,000円、120分コース168,000円 参加人数の制限なし(通常10~40人)

*会場費、機材(パソコン、プロジェクター、マイク等)利用費、参加人数分の配布資料印刷は、料金に含まれておりません。原則として貴社でご用意願います。

≪120分コース 研修内容例≫
1. 管理職の役割と責任
2. 部下の勤怠管理(時間外・休日労働等)
3. セクハラ、パワハラ、男女差別
4. 懲戒プロセスと注意点
5. パート・契約社員の雇止め
6. 年次有給休暇と時季変更権
7. 安全配慮義務と労災リスク
8. メンタルヘルス
9. 育児介護休業
10. 労働契約法、改正雇用対策法
11. 質疑応答


『管理職セミナー実施前に貴社の就業規則、懲罰規程、育児介護休業規程等の内容を確認し、問題項目の指摘および改定アドバイスを無料でいたします』

貴社の社内規程の内容に問題がないかを事前にチェックしてから管理職向け労務管理研修を実施しますので、法改正に対応していない規定等がある場合、無料でアドバイス致します。この機会に要改定項目の把握が可能です。全面的に規程を見直したい場合は、別料金にて作成することも可能です。

【無料】実施前に貴社の規則規程等内容を確認し問題項目の指摘・アドバイスを行います

貴社の社内規程の内容に問題がないかを事前にチェックしてから管理職向け労務管理研修を実施しますので、法改正に対応していない規定等がある場合、無料でアドバイス致します。この機会に要改定項目の把握が可能です。全面的に規程を見直したい場合は、別料金にて作成することも可能です。


『特に新任の管理職には必須の研修です』

管理職の中には、部下(非管理職)と同じ方向を向いて会社の制度や体制を批判したり、労務管理に無関心な方がおります。この研修の中で、法的に管理職の役割や責任は、社長と同じ使用者の立場になることをまず自覚していただきます。

サービス開始まで

管理職セミナー実施までの流れ
日程・トピックス 内容
貴社からのメール問い合わせ
・ 当事務所から貴社へ訪問日時調整等のご連絡
貴社ご訪問
・ 当事務所のご案内、研修内容説明
・ 貴社ご要望確認(研修内容、実施時期等)
・ 契約後スケジュール説明
ご契約
・ 貴社業務内容、経営理念、近況等の確認
・ 貴社労務管理項目・内容、運用状況等の確認
・ 就業規則に関するヒアリング
・ 過去に受講した研修の内容・時期等の確認
・ 契約書締結
研修内容調整
・ 研修内容、会場設備等に関する打ち合わせ(1~2回)
・ 必要に応じて人事制度および運用方法に関するアドバイス
研修実施
この研修プログラムの採用・実施で、貴社の正しい労務管理、並びにコンプライアンス遵守に貢献できることを願っております。
研修後のフォローアップ
・ 研修参加者からの実践時における所属部署・職務別質問等への回答
・ ご要望がある場合、追加研修、改定アドバイス等を実施(有料)

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 百貨店、小売チェーン店、IT、飲食店チェーンその他