企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
ビジネス効率化・支援

職場へのスムースな導入と定着と、組織の最大のパフォーマンスを引き出すソリューションを提供株式会社スマートビジョン

カブシキカイシャスマートビジョン

http://www.smartvision.co.jp

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-48-11 
対応エリア:全国、代表者名:石川 洋、資本金:1,000万円

育成・研修 研修効果測定および費用対効果ROI測定支援サービス

職場での活用度(レベル3)、
結果/影響度(レベル4)の改善支援と
費用対効果ROI測定手法を学ぶ!

解決できる課題:研修計画・設計・手法[研修の効果測定・研修講師の育成・研修受講者の意識向上]マネジメント力向上管理職層の能力開発

このサービスのポイント

活用度や結果に重点をおいた測定
参加者の一次的な満足だけでなく、意識改革・改善効果、目標の達成度、業績の改善に重点を置き、実践的な効果を引き出す手法や、組織への貢献度を示せる手法を学べます。
費用対効果ROIを引き出す手法を学ぶ
効果測定法とあわせて、金銭的価値への換算法、費用対効果ROIの出し方も学べます。これらを活用することで、実践的な研修効果やプログラム効果測定手法を学べます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 一般公開コース、1日、1人、22,500円(税込、テキスト込)
ご希望により、企業内研修も行います。日数割、人数割の安い方を選べます。
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーマキャリア開発マネジメント
サービス形態貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]通学型[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間一般公開コース 研修効果測定と費用対効ROI測定コース。事前にご要望を連絡ください。
ご希望により、企業内研修を実施します。 最低1日から。
対象人数一般公開コース、最低1名から
企業内研修は、最低4名から。

サービス詳細

当センターの人材育成の効果測定サービスの特徴

当センターの長年の効果測定経験に基づき、一番効果が期待できる手法にもとづき、職場での活用度(レベル3)や、良い結果/仕事での改善度(レベル4)を高めることを目標にしており、その基本ステップは下記の通りになります。

1.良い結果を引き出すためには、現在の職場での主な課題を明確化し、そのための当面の目標や仮説の設定の準備検討をキチンと行います。
2.当面の目標の達成に最適のスキルを選択し、研修を企画します。
3.効果測定をする対象者を最初から明確にし、育成担当や上司等の関係者が研修に参加出来るように配慮します。
4.育成支援プログラムを一定期間(例えば6カ月)実施し、中間(3ヶ月後)、最終時点(6ヶ月後)に効果測定を実施します。
5.効果測定結果を集計、分析し、改善するべき点を明確化し、今後の見える化指標を明確にします。
 上記のプロセスをスムースに進めるため「効果測定の達人」が適宜支援します。


 
期待できること

下記の懇切丁寧な指導支援が期待できますので、安心して効果測定が進められ、良い結果が期待できます。
(1)職場での問題、課題の抽出への支援
(2)課題の達成や改善のため、当面の目標の設定への支援
(3)当面の目標達成に最適なスキルの選定への支援
(4)現場リーダー、マネジャー、育成者(メンター)へのスキル研修の企画と実施
(5)研修時に必要なテキストの編纂、制作
(6)月例報告書のフォーム、アンケートの調査表の作成支援
(7)調査表の集計、分析、問題点の指摘
(8)今後の継続的な改善への提案
(9)費用対効果ROI測定の検討


 
効果測定での主な実績

 当センターの公開コース「研修効果測定と育成の見える化コース」の講師。(株)マーケティング研究協会主催、「研修効果と費用対効果ROI測定セミナー」講師、厚生労働省管轄の職業能力開発総合大学校の能力開発センターの訓練効果評価委員会の委員として、公共職業訓練コースの訓練効果の評価を支援。日本では、研修効果測定の第一人者。
 当センターで実施の殆どすべての研修案件にて、研修効果測定あるいは、プログラム効果測定を実施しており、これをベースに改善提案を積極的に実施していることもあり、大変良好な結果を頂いております。皆さんも、是非、一度お試しください。
 特に、メンタリング プログラム実施時には、研修終了後調査、中間調査、最終調査の計3回実施しており、各段階における課題を明確にし、改善提案を行っており、メンタリング プログラム終了後には、予想以上の成果を上げられたと感謝されています。

【過去の主な実績】
●研修効果測定セミナー(中央職業能力開発協会主催)
●研修効果測定と育成の「見える化」コース 講師(国際メンタリング&コーチングセンター主催)
●研修効果とROI測定セミナー講師(マーケティング研究協会主催)
 他、講師経験 多数


 
関連セミナー、関連書籍

【関連ワークショップ】
 インターラクティブ道場:研修効果測定と費用対効果ROI測定コースを来年度より、実施計画中。
 
【関連書籍】
評判の新刊書「競争にかちたいなら人材育成を見える化しなさい」中経出版発行
「メンタリングバイブル」国際メンタリング&コーチングセンター発行
「図解入門 よくわかるビジネスコーチング入門」JMAマネジメントセンター発行


 

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 中央職業能力開発協会 JAVADA、厚生労働省管轄の職業能力開発総合大学校の能力開発研究センター、株式会社マーケティング研究協会、国際メンターシップグラデュエート・スクール、早稲田大学オープンカレッジ、他 多数

よく寄せられる質問

人材育成の見える化手法の本をお書きになったようですが、前半導入部分が結構長くありますが、なぜ最初の部分を追加されたのですか?
良い質問ですね。
まず、研修効果測定だけを説明したのでは、学術書になり余り面白くありません。
今回の本を書いた理由は、カークパトリック手法を紹介するためというより、実際、欧米では、人材育成手法として一番注目されているコーチングやメンタリング手法の効果性をどうしたら見える化できるのかをテーマにしており、この効果性の改善手法として、カークパトリック、ジャック・フィリップ手法を後半でご紹介したものになります。
 従い、人材育成の代表的手法としてのコーチング&メンタリング手法をどう見える化するのかであり、その手法として、カークパトリック、ジャック・フィリップ手法を紹介したものとご理解ください。
 「競争に勝ちたいなら人材育成を見える化しなさい」というテーマにしたのも、出版社からのアイデアをそのまま取り入れたもので、著者の気持ちとしては、「競争に勝ちたいなら、コーチング&メンタリングを導入して、効果を引き出しなさい」という所ですね。
 つまり、単純なタイトルでは、出版OKがもらえないこともあります。