企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
ビジネス効率化・支援

職場へのスムースな導入と定着と、組織の最大のパフォーマンスを引き出すソリューションを提供株式会社スマートビジョン

カブシキカイシャスマートビジョン

http://www.smartvision.co.jp

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-48-11 
対応エリア:全国、代表者名:石川 洋、資本金:1,000万円

育成・研修 研修効果測定と人材育成の「見える化」支援サービス

効果測定手法だけでなく、
どうしたら人材育成を「見える化」し、
高い効果に引き上げられるかを学ぶ!

解決できる課題:研修計画・設計・手法[研修の効果測定・研修講師の育成・研修受講者の意識向上]マネジメント力向上管理職層の能力開発
チームビルディング シニア社員 グローバル

このサービスのポイント

より効果的、より実践的な学びの場を目指す
人材育成の「見える化」で、成長プロセスを見る習慣をつけ、関係者で情報を共有し、問題の早期発見、自律的改善が可能な、より効果的、実践的な職場を構築します。
共鳴と協創の場の実現でキャリア支援を
人材育成の「見える化」で、協働の職場を実現し、共に学び、キャリアを実現する協創の場を実現します
世界の標準の効果測定法で世界に発信しよう
カークパトリック及びジャックフィリップスの効果測定手法を活用し、職場での活用度(レべル3)および影響度(レベル4)を身につけ、世界に発信しよう。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 一般公開コースは、1日、1人、22,500円(税込、テキスト込)
企業内研修は、最低4名から。
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーマキャリア開発マネジメント
サービス形態貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]通学型[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間一般公開コースは、基本1日。
企業内研修は、最低2日が基本。
対象人数一般公開コース最低1名から。
企業内研修は、最低4名から。

サービス詳細

特徴

 一般公開コースでは、「確かに人材育成は、大切だとは思うが、どのように業績に貢献しているのか?」との経営者や管理者の声に、きちんとその効果を示せる様にすることを狙っています。
 従来、進めて来た多くの研修やセミナーが果たして、職場で使われ、職場の改善にどのように貢献したのかを示すためにも、効果測定手法が役立ちます。
 研修効果だけでなく、職場での人材育成を見える化して、職場の仲間と協働で、キャリア支援をする手法に役立つ、人材育成の見える化手法の概要も学べます。
 更には、組織全体でのタレント開発状況をどう把握したら良いのかのヒントを業界標準になったタレント開発報告指針TDRPの考え方も学べます。
 その要点をわかりやすく、コンパクトな1日コースとしてまとめてみました。
 その概要は、下記をご覧ください。
 


 
ここがオススメ!

つぎの4つのステップにて、人材育成の見える化ができる職場環境を徐々に構築します。

(1)世界の効果測定の標準的存在であるカークパトリック及びジャックフィリップスの効果測定手法を活用し、職場での活用度(レべル3)および影響度(レベル4)を中心に測定し、逐次パフォーマンスを改善する手法を学びます。
(2)人材育成の「見える化」で、鍵となる指標を、優先順位の高いものから設定し、人材育成を見える化することで、①問題の早期発見と解決を促す、②情報を公開することで、自律的な改善を活性化する、③問題を顕在化することで、再発防止を促す仕組みを構築します。
(3)複数のメンターで人材育成のプロセスを「見える化」することで、複数メンターによる指導・支援のもと、自律的な改善を促し、問題を予防し、再発防止をする職場全体で支援できる職場環境の整備を行います。
(4)組織全体で、タレント開発の状況を報告する仕組みを、業界標準のタレント開発報告指針TDRPに基づき構築します。

 このステップは、一気に達成することが難しいので、ステップ by ステップで、徐々に進めていくのが基本になりますが、当センターでは、このステップ4を、業界標準のタレント開発報告指針TDRP手法に基づき指導・支援が可能な日本で唯一の会社です。


 
主な対象者

・研修効果測定、プログラム評価測定の世界標準手法を学びたい方
・研修効果や人材育成プログラムの効果的な引き出し方、高め方を学びたい方
・人材育成の「見える化」手法を学び、職場の改善を促したい方
・隠れた問題を見える化するスキルを学びたい現場リーダーの方
・バランス・スコア・カードの「学習と成長」に焦点をあて、より適切なKPIの設定を検討したいと考えている方
・考課指標の中に、人材育成を含めたいが、どこを見るべきか悩んでいる人事や品質管理の担当の方
・組織全体のタレント開発状況を見える化する手法とはどんなものなのかを学びたい方
(世界のデファクトスタンダードであるタレント開発報告指針TDRP)


 
効果測定でのおもな実績

 厚生労働省管轄の職業能力開発総合大学校の能力開発研究センターの訓練効果評価委員(2006-2007)。日本では、研修効果測定の第一人者です。
 当センターで実施の殆どすべての研修案件にて、研修効果測定あるいは、プログラム効果測定を実施しており、これをベースに改善提案を積極的に実施していることもあり、大変良好な結果を頂いております。皆さんも、是非、一度お試しください。
 特に、メンタリング プログラム実施時には、研修終了後調査、中間調査、最終調査の計3回実施しており、各段階における課題を明確にし、改善提案を行っており、メンタリング プログラム終了後には、予想以上の成果を上げられたと感謝されています。
 また、日本で初めての人材育成の見える化本(中経出版社)を好評発売中(2010年12月)

【過去に実施した主なセミナー】
●研修効果測定セミナー(中央職業能力開発協会主催)
●研修効果測定と育成の「見える化」コース 講師(国際メンタリング&コーチングセンター主催)
●研修効果とROI測定セミナー講師(マーケティング研究協会主催)
 他、講師経験 多数

関連研修・セミナー、関連書籍

【関連研修・セミナー】
 「インターラクティブ道場:人材育成の見える化とタレント開発報告指針TDRPコース」

【関連書籍】
評判の新刊書「競争にかちたいなら人材育成を見える化しなさい」中経出版発行
「メンタリングバイブル」国際メンタリング&コーチングセンター発行
「図解入門 よくわかるビジネスコーチング入門」JMAマネジメントセンター発行


 

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 中央職業能力開発協会 JAVADA、厚生労働省管轄の職業能力開発総合大学校の能力開発研究センター、株式会社マーケティング研究協会、国際メンターシップグラデュエート・スクール、早稲田大学オープンカレッジ、他 多数

よく寄せられる質問

人材育成の見える化手法の本をお書きになったようですが、前半導入部分が結構長くありますが、なぜ最初の部分を追加されたのですか?
良い質問ですね。
まず、研修効果測定だけを説明したのでは、学術書になり余り面白くありません。
今回の本を書いた理由は、カークパトリック手法を紹介するためというより、実際、欧米では、人材育成手法として一番注目されているコーチングやメンタリング手法の効果性をどうしたら見える化できるのかをテーマにしており、この効果性の改善手法として、カークパトリック、ジャック・フィリップ手法を後半でご紹介したものになります。
 従い、人材育成の代表的手法としてのコーチング&メンタリング手法をどう見える化するのかであり、その手法として、カークパトリック、ジャック・フィリップ手法を紹介したものとご理解ください。
 「競争に勝ちたいなら人材育成を見える化しなさい」というテーマにしたのも、出版社からのアイデアをそのまま取り入れたもので、著者の気持ちとしては、「競争に勝ちたいなら、コーチング&メンタリングを導入して、効果を引き出しなさい」という所ですね。
 つまり、単純なタイトルでは、出版OKがもらえないこともあります。