無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 福利厚生
  • 安全衛生・リスクマネジメント・EAP
  • 人材育成・研修

株式会社保健同人社

カブシキガイシャホケンドウジンシャ

メンタルヘルス対策・EAP ストレスチェック「HoPEサーベイ」

「離職リスク」と「生産性」を見える化する

ストレスチェック「HoPEサーベイ」_画像

このサービスのポイント

1
人材定着、生産性を可視化する
「人材の定着度」と「生産性の向上度」を可視化することで、健康であることはもちろん、安心できる職場で、いきいきと働く力を発揮できる組織作りをお手伝いします。
2
詳細なフィードバックで効果的にアプローチ
「身体的スコア」「社会的スコア」「精神的スコア」から「Well-beingスコア」を掲載。健康経営推進の指標に役立ちます。
3
結果を活用し組織改善につなげる
組織結果レポートを活用した事後対策が充実。ストレスチェックの結果も分析いたします。

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 100,000円~
導入社数 導入社数非公開
サービス形態セミナー・研修調査・レポート

サービス詳細

「離職リスク」と「生産性」を見える化するストレスチェック

1.「人材の定着」と「生産性」を可視化します
「HoPEサーベイ」では、経営資源の3要素であるヒト・モノ・カネのうちの、ヒトに関わる経営課題を「人材の定着」と「生産性」ととらえ、これらを測定する尺度を開発いたしました。厚生労働省が推奨する職業性ストレス簡易調査票(57問)に、「人材の定着」「生産性」を加え、ストレスの原因やストレス反応だけでなく、職場の状態をより多角的に分析し、課題を見える化いたします。職場の”離職リスク“も算出可能で、その後の対策もご提案させていただきます。

2.健康経営の指標として活用できます
健康経営においては、企業課題の解決に紐づく指標を設定し、PDCAサイクルを回していくことが重要です。「人材の定着」、「生産性」の指標をご活用いただくことはもちろん、総合指標である「Well-beingスコア」を貴社の健康増進施策の効果指標に用いていただくことも可能でございます。当社の「Well-beingスコア」は、“従業員が健康で、安心して、いきいきと働ける状態”として定義づけています。

3.専門の先生方にご監修いただいています
『HoPEサーベイ』および保健同人社の健康経営サービスは、健康経営研究会 理事長・岡田邦夫先生と、健康投資WG専門委員であり、経営学の視点から健康経営の研究をしておられる山野美容芸術短期大学・新井卓二先生のご監修の下、開発しております。

4.ストレスチェック事後対策、課題別ソリューションサービスなど、各種ソリューションサービスをご提供します。ストレスチェックは実施することが目的ではなく、それによって見出した課題に対応すること、よりよい組織づくりにつなげることが大切です。保健同人社では、ストレスチェック法制化以前から組織分析報告や事後対策サービスをご提供してきた実績があります。社内に蓄積されたノウハウや知見を活かして、EAPコンサルタントが、これらソリューションサービスをご提供します。

5.わかりやすさ、使いやすさを重視したシステム設計
『HoPEサーベイ』では、ストレスチェック制度担当者様の運用負荷の削減を意図して、「画面を見れば手順がわかる」「わずかな手順で結果にたどりつく」をコンセプトにシステムを設計しております。

このサービスがより理解できるセミナー