企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

HRカンファレンス2020-秋- 参画企業
事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修

ブレイクスルーを生み出すCAの異業種交流研修株式会社コンサルティングアソシエイツ

カブシキガイシャコンサルティングアソシエイツ

http://www.caconsul.co.jp

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-6-15JOTOビル5階
対応エリア:全国、代表者名:長束 剛、従業員数:20名

育成・研修 効果を最大化させる、オンライン研修設計のポイントとは

研修オンライン化支援③

解決できる課題:研修計画・設計・手法[研修コストを削減・研修目的の明確化・研修設計]マネジメント力向上リーダーシップ強化
チームビルディング

このサービスのポイント

オンライン研修設計のポイントが分かる!
オンライン研修のポイントを解説!うまく活用すれば効果を最大化させることが出来ます。
お困りごとがあればご相談ください!
弊社では、研修体系づくり~研修設計~実施に至るまで一気通貫で対応しております。
もし研修に関してお困りごとがございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 ※研修内容や日数、参加人数により異なるため、都度相談となります。
例:1日研修の場合、35万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
テーマリーダーシップマネジメント
サービス形態eラーニング・学習支援システム研修コンサルティング(内製化、研修設計)

サービス詳細

1.ブレンディッドラーニング

1. ブレンディッドラーニング(Blended Learning)

【集合研修、e-ラーニング、オンライン研修を組み合わせる学習手法】
 ブレンディッドラーニングとは、文字通り「ブレンド(混合)型の学び」です。何をブレンドするかというと、一般的には集合研修、e-ラーニング、オンライン研修の3つです。それぞれの学習スタイルのいわば“良いところどり”をすることで学習効率を上げ、行動変容も最大化してしまおう、という考え方です。なお、集合研修、 e-ラーニング、オンライン研修、それぞれの学習手法の特長については、別の記事に詳しく記載していますのでご覧ください。

下の図をご覧ください。これが基本的なブレンディッドラーニングの型です。
e-ラーニングの「知識学習を手軽にできる」という特長を活用し、事前に基本的な知識について各自学習してもらいます。

次に、集合研修では、「じっくりと議論し、結論をアウトプットする」「受講者へのフィードバック」という集合研修の得意な領域を生かしたセッションを集中的に行い、受講者は実務で活かすための課題設定とアクションプランを立てます。

その後、アクションプランに沿って、各自で職場実践していただきますが、そのフォローアップについては、「手軽に時間をとって、短時間集中の対話ができる」というオンライン研修の良さを生かして実践するわけです。

こういった工夫を行うことで、これまでの単発的な集合研修が、事前準備からフォローアップまで、単に効率的に行えるだけにとどまらず、むしろ行動変容の最大化につながるプログラムに大きく生まれ変わります。これがブレンディッドラーニングの大きなメリットです。

ブレンディッドラーニングは、アメリカでE-ラーニングの普及と共に生まれ、「教育における破壊的イノベーション」ともいわれています。今後、オンラインの会議ツールが浸透することで、今後ブレンディッドラーニングはますます広がっていくものと予想されます。


 
2.アクションラーニング

2. アクションラーニング(Action Learning)

「人は、経験したときに最も学ぶ。」経験学習のサイクルを回す学習法。
アクションラーニングとは、文字通り行動から学ぶための学習手法です。デイヴィッド・コルブという組織行動学者が提唱した「経験学習サイクル」という理論が前提の考え方となっています。

「経験学習サイクル」とは、人が最も多く学ぶのは、研修や誰かからの講義からではなく、自身の経験からである、という前提に立ちます。さらに、人が経験からよく学ぶには、単に経験するだけではなく、「経験→省察→概念化→実践」のサイクルを回すことが重要で効果的である、という考えの上に立っています。

アクションラーニングでは、受講者に良質な経験を踏ませ、研修の中では質問を活用して省察と概念化を手助けし、更なる実践へとつなげるよう支援をしていく学習スタイルです。そのため研修プログラムも、複数回のシリーズ構成として展開します。

下の図をご覧ください。アクションラーニングはこれまで、「研修」の部分を対面(集合研修)で実践されることが多いプログラムでした。ところが、オンラインツールの発達に伴い、「研修」の部分もオンラインで集合とそん色なく実施できるようになりました。そのため、アクションラーニング手法も圧倒的に手軽に実施できるようになったのです。

なお、オンライン研修の最大の弱点である「疲れやすく、長時間に向いていない」というデメリットも「短時間×複数回シリーズ構成」で実施することをお勧めいていますので、アクションラーニングとオンラインは相性が良いと言えるでしょう。

これまでは次世代リーダーなど、選抜型の研修のみに活用されることも多かったアクションラーニングですが、今後はより多くの研修に取り入れられ、拡がっていくと予想されます。


 
3.ピアラーニング

3.ピアラーニング(Peer Learning)

講師からの学び(1対n)よりも、受講者同士(n対n)が生み出す学びを
「ピア(peer)」とは同僚、仲間という意味です。旧来型の「講師から受講者への一方的な学び」に対して、受講者同士がコミュニケーションを取り合いながら主体的・自律的に学び合うのがピア・ラーニングです。単純に集合研修の中で、グループ討議をして学ぶというよりも(これも広い意味ではピア・ラーニングと言えますが)、もう一歩踏み込んで、「受講者同士の学び合う関係性を意図的に築く」ことをここではピアラーニングと呼びたいと思います。

下記にその一例を紹介します。

ピアラーニングの最大のメリットは、ピアラーニングがそもそも受講者同士が主体的・自律的に学ぶことを目指すため、人間本来が備える学びや成長への意欲を引き出す、というところにあります。その他にも、講師からの定型的な理論学習に留まらず、受講者自身の現実の仕事に即した形で学ぶために実践的な学びとなりやすく、そのため学習のモチベーションも継続しやすい、というメリットもあります。


こうしたピアラーニングも、受講者同士がオンラインでつながり合うことで、実施がしやすくなる学びです。特に「少人数での対話」はオンラインの得意分野ですので、是非積極的にピアラーニングの手法を設計に取り入れることを検討されてはいかがでしょうか。


 

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入事例の
ダウンロード資料
  • 【事例紹介(2)】ベテラン社員の活性化を通じた職場風土改革(大手メーカー B 社)
  • 【事例紹介(1)】自律型若手社員育成体系の構築(大手メーカーC 社)
  • 【事例紹介(3)】ダイバーシティ(多様性)マネジメント実践プログラム(大手運輸業 A 社)
  • よく寄せられる質問

    研修体系の見直しを考えているのですが、この段階でも相談できますか?
    はい。
    弊社では、研修体系の構築~研修設計~研修実施まで、一気通貫で対応しております。
    検討段階でも構いませんので遠慮なくお問い合わせください。
    パッケージではなく、独自のプログラムにしたいのですが、可能ですか?
    弊社では、オーダーメイドの研修に強みを持っております。
    貴社の課題に合わせたプログラムをご提案しておりますので、お打ち合わせの際にご要望をお聞かせください。

    サービス資料を無料ダウンロード