企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
その他

真面目に楽しい教育を創造する株式会社ヒップスターゲート

カブシキカイシャヒップスターゲート

https://hipstergate.jp/

〒107-0062 東京都港区南青山1-15-15乃木坂パークフロント5F
対応エリア:全国、代表者名:渡邉良文、従業員数:7名、資本金:2,000万円

育成・研修 ハラスメント研修

何気ないその一言が、会社・組織に計り知れない損害をもたらす!

解決できる課題:組織・風土の改革マネジメント力向上コンプライアンスへの対応

このサービスのポイント

ハラスメントが及ぼす経営リスクを知る
ダイバーシティが推進されている昨今、これまでは許されていたような職場内でのちょっとした悪ふざけで発した言動も、「ハラスメント」として問題視されることがあります。
相手目線で受け止められるセクハラを知る
セクシュアルハラスメントは原則として、相手が不快に感じた時点でNGとなります。「え?どうしてこれが?」と思うようなことも、相手が耐え難い場合もあるのです。
誰もが加害者になりうるパワハラを知る
熱血指導がエスカレートしてパワハラに繋がった例もあります。誰しもが被害者・加害者になる可能性を秘めていることを知り、パワハラに対する理解を深めましょう。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 講師派遣料350,000円/1日+教材費3,500円/1名
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーマその他[ハラスメント対策]
サービス形態研修講師派遣貴社での集合研修

サービス詳細

実際の裁判例を題材にして、ハラスメントの知見を深める

 

会社の責任が問われた裁判例、ハラスメントと認められなかった裁判例など、実際に裁判で扱われたハラスメント事例を用いて、実際にどのような行為について、企業や加害者の責任が問われているのか学習していきます。







◆事案例
自治体の総務局で、都市整備局職員の男性主事が同僚の女性職員に対して、交際を求めるメールの送信や、性的表現を含む自作小説を机に置くなどの行為に及んだ。

◆判決
加害者である主事は停職7日、管理監督者である副参事も口頭注意を受けた。

豊富なケーススタディを通して、現場で役に立つ実践的な知識・スキルを獲得する

 

パワハラに関して、管理者の方から挙がる声で多いのが「指導に対してパワハラだと訴えられるのではないか」という不安です。パワハラの判定は、行為者がどのような意図で言ったか(行ったか)は関係ありません。また、指導とパワハラに明確な境界線がないことも頭を悩ませる原因の一つかもしれません。








例)
部長「おい!木村!○×商事の佐藤様から商品が届いていないとクレームのメールが入っていぞ!!」
木村「えっ!?本当ですか?」
部長「納期はどういう話になってるんだ!俺は、何も聞いてないぞ!進捗については逐一報告しろといつも言っているだろ!一体何をやってるんだ!!」
木村「先方の担当者には確認を取って、15日ではなく25日の納品で了承いただいたと思うのですが…」
部長「それじゃ、どうしてクレームが来るんだよ!!なんで納品日が変わると分かった時点で報告・相談しなかった!うちの信頼を損なうような大問題になったらどうするつもりだ!損害をお前が補填してくれるのか!?だからお前とは仕事をしたくないんだ。半人前のくせして思い上がって自分を過信するな!先方に謝罪に行ってきちんとお詫びして来い!お許しをいただけるまで、会社には帰ってくるな!分かったな!?」

管理職やマネージャー層は、会社や組織の成果を上げることに対して、大きな責任、プレッシャーを背負っています。時には部下を厳しく指導することも必然の行動といえますが、上記のような行き過ぎた指導は言葉の暴力です。こうした事例を通して、相手の人権を尊重した適切な指導・叱り方を学習していきます。