企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材紹介・再就職支援
組織・人事コンサルティング

H&innovation株式会社

http://www.h-innovation.com/

〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5アイオス銀座
対応エリア:全国、海外、代表者名:森 英治、従業員数:5名、資本金:300万円

育成・研修 オンライン実施可 座学の次にすべき新人研修です

実践型ビジネススキル習得研修です。オンラインで座学が終わったら次にすべきことは実践です。ビジネスシミュレーションで経験を

解決できる課題:新人・若手社員の戦力化

このサービスのポイント

知識を活かすためにひたすら実践してみる
頭で理解しても新人はすぐには実践できません。実務に即した形でなんども実践練習を繰り返すことで戦力として活躍します。そのためのトレーニングを実施します。
ケーススタディで様々な場面応対を習得
よくあるケースのみならず、想定される様々な場面設定を考えることで自然と応用力が身につきます。当たり障りないケースではなく業務特有のケースで実践力を養います。
オンラインでの実施&参加も可能です
研修は、オフラインでもオンラインでも複合型でも実施可能です。どのような形態でも柔軟に実施していきます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 研修3時間+フォロー 約35万(社内勤務者向け)
研修7時間+フォロー 約50万(営業や社外の人と仕事をする人向け)
導入社数 導入社数非公開
対象階層内定者[ビジネス指向習得]新入社員
対象職種全職種
テーマコミュニケーションビジネスマナー・ビジネス基礎
サービス形態eラーニング・学習支援システム貴社での集合研修[講義・テスト&フィードバック・ワークショップ]

サービス詳細

オンラインで基礎の習得が終わった新入社員向けの実践トレーニングです

コロナの緊急対応で新人研修ができなかった企業様。また、オンラインでなんとか基礎スキルの学習は実施できたという企業様

新入社員の立場に立てば、頭では理解できても「これでいいのだろうか?」という疑問は残ってしまいます。

基礎学習が終わったら、次は実践形式でビジネスを体験させてあげることが必要です。

このプログラムでは、様々な場面をビジネスシミュレーションとして設定し、新入社員に疑似的にビジネスを体験していただきます。

例えば、商談。この場合、商談のみを擬似体験するのではなく、事前準備、アポ取り、1次訪問、提案、フォロー、といった一連の流れを疑似ビジネスシーンとして体験いただきます。
(できるだけ実務に近い形で実施しますので、事前にお打ち合わせをお願いします)

通常の研修と違い、実務にできる限り近い形で疑似体験していただきますので、研修後にすぐに配属されても新入社員の方は安心して業務に取り組めます。

H&innovationがお届けする研修の3つの特徴

H&innovationの研修は完全カスタムメイドのカリキュラム。
企業様に合った弊社オリジナルメソッドを組み合わせてカリキュラムを作成します。

①カスタム研修で企業のニーズに細かく対応
 ステップ1:育成ニーズを把握
 ステップ2:現場の声をヒアリング
 ステップ3:実施回数&実施時間の調整

②実践に即したファシリテーション型アクションラーニング
 ●受講者自ら体験し、自ら答えを見つけます。
 ●講師は、受講者の潜在的能力を最大限引き出すことに注力します。
 ●研修効果を定着させるために⇒長期的育成体制「企業内塾」

③定着するまで完全フォロー
 ●研修効果の定着にこだわっています。
 ●人事の方に丸投げはしません。

よく寄せられる質問

オンラインでも可能とありますが、どのように実施しますか?
オンラインでの実施は、講師および受講者ともに各種オンラインサービスを利用して研修を行うことも可能ですし、一部の方のみオンラインで参加することも可能です。

事前にご要望を確認し、可能な限りどんな状況でも対応いたします。