企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修

株式会社アイ・ラーニング

http://www.i-learning.jp/

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町4番3号国際箱崎ビル
対応エリア:全国、海外、代表者名:宮田 晃、従業員数:130名、資本金:25,750,000円

育成・研修 [新入社員にオススメ!]IT基礎スキルパック(SoD)

「スキルズ・オン・デマンド(SoD)」はIT技術者のために日本IBMが独自開発したe-ラーニング・コース群です

解決できる課題:キャリア開発・キャリア支援新人・若手社員の戦力化

このサービスのポイント

IBM開発!e-learningコース群
IT技術者のため日本IBMが独自に開発したe-ラーニング・コース群です。広い視野をもった技術的提案を行うことができるIT技術者の育成をはかるために開発されました
新入社員、若手・中堅すべてのIT技術者に
「ITスキル標準」におけるITスペシャリスト・レベル1相当の知識項目をおおむね包含。新入社員はじめ若手・中堅すべてのIT技術者にぜひ受講いただきたいコースです

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 2万円(税抜価格)
導入社数 導入社数非公開
対象階層新入社員若手社員
対象職種エンジニア・IT
テーマキャリア開発その他[IT技術]
サービス形態eラーニング・学習支援システム
期間・回数・時間期間:90日
標準学習時間: 40時間

サービス詳細

SoD基礎Iパック【スキルズ・オン・デマンド 基礎 I パック e-ラーニング】

学習時間:41時間
受講期間:90日

新入社員研修およびそのフォローアップ
「SoD基礎Iパック」は、コンピュータ・システム、ネットワーク、プログラミング言語などのIT関連14コースで構成されており、内定者や新入社員、若手社員育成に適しています。

【学習項目および受講推奨順】
01 『コンピュータ・システムの基礎1』
02 『コンピュータ・システムの基礎2』
03 『システム・プラットフォームの基礎』 - 前提コース『コンピュータ・システムの基礎』
04 『システムの信頼性』 - 前提コース『システム・プラットフォームの基礎』
05 『ネットワーク技術の基礎』
06 『インターネットの基礎』 - 前提コース『ネットワーク技術の基礎』
07 『プログラミング言語の基礎』
08 『オブジェクト指向の基礎』
09 『C言語とC++言語入門』
10 『Java入門』 - 前提コース『オブジェクト指向の基礎』
11 『アルゴリズムとデータ構造[C言語版]』 - 前提コース『C言語とC++言語入門』
もしくは 『アルゴリズムとデータ構造[Java版]』 - 前提コース『Java入門』
12 『Relational Database(RDB)の基礎』
13 『トランザクション処理の基礎』
14 『構造化プログラミングの基礎』
注) 『アルゴリズムとデータ構造[C言語版]』『アルゴリズムとデータ構造[Java版]』はどちらか一方を受講してください。


画面イメージ
SoD基礎IIパック【スキルズ・オン・デマンド基礎 II パックe-ラーニング】

学習時間:32.5時間
受講期間:90日

若手・中堅社員のスキル・チューンアップ
「SoD基礎IIパック」は、ソフトウェアエンジニアリングの基礎コース群やプロジェクトマネジメント概説などの19コースを含みお客様システム構築をめざす若手・中堅のIT技術者に適しています。

【学習項目および受講推奨順】
01 『プロジェクトマネジメント概説』
02 『お客様の情報化プロセス 戦略編』
03 『お客様の情報化プロセス 企画・調達編』
04 『情報システムのセキュリティ』 (前提:『インターネットの基礎』コース相当が理解できていること)
05 『開発手法-モデリング技法の基礎』
06 『データ・フロー・ダイアグラム』 - 前提コース『開発手法-モデリング技法の基礎』
07 『データの正規化とER図』 - 前提コース『データ・フロー・ダイアグラム』
08 『データベース設計の基礎』 - 前提コース『データの正規化とER図』
09 『データウェアハウスの基礎』 - 前提コース『データベース設計の基礎』
10 『複合設計と構造化設計』
11 『データ抽象化』 (前提:『構造化プログラミングの基礎』コース相当が理解できていること)
12 『ソフトウェア開発支援環境』
13 『品質管理とテスト計画』
14 『Automated Software Quality(ASQ)』 - 前提コース『品質管理とテスト計画』
15 『オブジェクト指向開発におけるテスト』 - 前提コース『Automated Software Quality(ASQ)』 (前提:『オブジェクト指向の基礎』コース相当が理解できていること)
16 『ソフトウェア開発の見積り手法』
17 『ソフトウェア再利用技術』 (前提:『オブジェクト指向の基礎』コース相当が理解できていること)
18 『標準化』
19 『システム監査概要』


画面イメージ

よく寄せられる質問

管理者が受講者の管理ができるでしょうか?
はい。ご希望の方に受講管理のIDを別途配布いたします。
受講者の進捗状況を確認することができます。

サービス資料を無料ダウンロード