企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

面白くないものを面白く株式会社スプリングボード

カブシキガイシャスプリングボード

https://springboard.ne.jp/

〒662-0884 兵庫県西宮市上ケ原十番町2-39
対応エリア:全国、代表者名:足立 晋平、従業員数:10名、資本金:1,000,000

育成・研修 分かりやすい!特許件数を増やす!技術者向け知財研修

弁理士監修!独自の研修設計で『分かりやすい』開発者向けの知財研修!

解決できる課題:キャリア開発・キャリア支援新人・若手社員の戦力化

このサービスのポイント

知財戦略スキルの習得
技術系人材が特に意識しなければならない重要な3つの条文(先願主義、出願公開、利用関係)を活用したゲームを通じて知財戦略の考え方を習得します。
明細書作成スキルの習得
独自性のある分かりやすい内容のワークを中心に、技術系人材に必要な新規性、進歩性、実施可能要件、サポート要件の知識を学習します。
中間処理対応スキルの習得
実際の特許公報を使用して、拒絶理由の妥当性や進歩性を肯定させる意見書など研修で学んだ条文の理解を深めながら中間処理について学習します。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1日 40万円(20名まで)
集合研修
【内容例】
・先願主義(39条)、出願公開(64条)、利用関係(72条)を活用した『知財ゲーム』を通じて知財戦略の考え方を習得します。
・『新規性を満たした請求項を考える』『実施可能要件、サポート要件を満たした明細書を書く』など、料理を題材としたユニークなワークショップを通じて明細書作成スキルを習得します。

詳細についてはお気軽にお問い合わせくださいませ。
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種エンジニア・IT
テーマ特許・知的財産
サービス形態eラーニング・学習支援システム貴社での集合研修[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]

サービス詳細

他社と差別化した技術を知的財産権でしっかりと保護したい!

ビジネスを立ち上げても他社に真似されてしまう・・・。
なかなか自社の強みを活かせない・・・。
こんな課題に対して、知的財産権の取得/活用が有用な場面も多くあります。
「他社と差別化した技術を知的財産権でしっかりと保護する」ことで御社のビジネスを強くします。

■知的財産研修の概要
・知財戦略スキルの習得
技術系人材が特に意識しなければならない重要な3つの条文(先願主義、出願公開、利用関係)を活用したゲームを通じて知財戦略の考え方を習得します。

・明細書作成スキルの習得
『新規性を満たした請求項を考える』『実施可能要件、サポート要件を満たした明細書を書く』など、料理を題材としたユニークなワークショップを通じて明細書作成スキルを習得します。

・中間処理対応スキルの習得
実際の特許公報を使用して、拒絶理由の妥当性や進歩性を肯定させる意見書など研修で学んだ条文の理解を深めながら中間処理について学習します。


 

よく寄せられる質問

自社でも知財研修はやっていますが、何が違いますか?
「弁理士の専門知識」と研修会社である弊社独自の「研修設計」を掛け合わせていますので、一般的な知財研修とは異なり『圧倒的に分かりやすい知財研修』となっています。

例えば、「発明」を理解するためには「発明の本質」を見出さなければなりません。
「発明の本質」を見出さすために「酢豚の本質とは何か?」というワークショップを通じて学ぶなど、専門知識でも分かりやすく理解して使いこなせるような設計となっています。
どんな専門知識を学べますか?
知的財産ゲームなどユニークなワークショップを通じて、以下の条文を理解することができます。

・新規性(特許法第29条1項)
・進歩性(特許法第29条2項)
・手続補正(17条の2第3項、4項、5項)
・明細書の記載要件(36条4項、6項)
・先願主義(特許法第39条)
・優先権主張(41条)
・出願公開(特許法第64条)
・利用関係(特許法第72条)
どんなレベルの方が対象ですか?
若手からシニアまで御社の技術者の知財知識のレベルに合わせてどのような方に向けても提供可能です。
お気軽にお問い合わせください。

サービス資料を無料ダウンロード