企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

HRカンファレンス2020-秋- 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修

想像を超えた、創造を株式会社JTBコミュニケーションデザイン

カブシキガイシャジェイティービーコミュニケーションデザイン

https://hr.jtbcom.co.jp/

〒105-8335 東京都港区芝3-23-1セレスティン芝三井ビルディング12階
対応エリア:全国、海外、代表者名:古野 浩樹、従業員数:1300名、資本金:1億円

企業・組織診断 インナー向けホスピタリティ調査

ホスピタリティマネジメントにあたり、JTBで独自開発した29の項目に対する社員の意識・実践度を問い、可視化します

解決できる課題:コミュニケーションの活性化顧客満足度の向上

このサービスのポイント

JTBホスピタリティマネジメント
心のつながりを実現するために「ホスピタリティ」という視点から、法人クライアント様への様々なご支援を行う人材育成プログラム
貴社の顧客対応力を見える化
「好感を覚える情緒的価値」を感じていただくことが、「贔屓(ひいき)客づくり」につながるという独自の視点で、ホスピタリティマネジメントの実現をご支援しております

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 ・インナー調査(本人のみ回答 バージョン) : @4,000円(税別)
・インナー調査(本人&上司回答バージョン) : @6,000円(税別)
・モチベーション調査             : @3,800円(税別)
導入社数 導入社数非公開
サービス形態調査・分析

サービス詳細

目的

社員の「ホスピタリティ」に対する意識度・実践度を把握したい。

期間

通常、設問設計・実査・集計分析・納品まで2~3か月を見込みます。

特長

●ホスピタリティマネジメント 開発の背景

〇「不満ではない」レベルのサービスでは生き残れない 
〇「均一的」なマニュアルサービスではリピートしない

新しいソリューション開発の背景には、こうした危機感を持たれる法人様から、「長く、良好なお付き合いをしてくださるお客様」を増やすための、記憶に残るサービスの実現に関するご相談が増えてきた・・・ということがあります。

こうした中、私達は、「ホスピタリティ産業での長年の蓄積」と「様々な業種業態での実証結果」を生かして「長くご愛顧いただけるお客様づくりには、心のつながり(=好感情の育成)が重要」であると考えました。その心のつながりを実現するために「ホスピタリティ」という視点で、法人クライアント様への様々なご支援を行う人材育成プログラム「JTBホスピタリティマネジメント」を開発いたしました。


●ホスピタリティメソッドで、貴社の顧客対応力を見える化

JTBは「当然期待されている基本価値」に加えて「好感を覚える情緒的価値」を感じていただくことが、「贔屓(ひいき)客づくり」につながるという独自の視点で、ホスピタリティマネジメントの実現をご支援しております。

効果

・顧客対応を29の要因で分析し、取り組みの強弱を可視化。さらにマインドやモチベーションの要因バランスも明らかにできます。

・ワークモチベーションを11の要因(モチベータ)で分析。
モチベーションの状態を明らかにすることで、モチベーションマネジメントを効果的に行うことが可能になります。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
お客様の声

「改めて、自分たちの仕事がお客さまのためのものであることを認識しました。いつも売上目標ばかりを追いかけ、目先の業務に忙殺されて、視野が狭かった自分に気がつきました。」

男性・30代/営業部門 主任

「組織が大きいので、何のための仕事か時々見失いがちになりますが、このワークショップを受け、いろんな部署の人たちと話すことで、会社というチームで、お客さまのお役にたつことが大切なのだと感じました。」

女性・20代/営業部門