企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

HRカンファレンス2020-秋- 参画企業
事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング

想像を超えた、創造を株式会社JTBコミュニケーションデザイン

カブシキガイシャジェイティービーコミュニケーションデザイン

https://hr.jtbcom.co.jp/

〒105-8335 東京都港区芝3-23-1セレスティン芝三井ビルディング12階
対応エリア:全国、海外、代表者名:古野 浩樹、従業員数:1300名、資本金:1億円

育成・研修 ホスピタリティマインド&メソッド研修(マネジメント)

サービスや営業の管理職として必要なマインドとスキルの習得

解決できる課題:コミュニケーションの活性化顧客満足度の向上

このサービスのポイント

新しい考え方の理解と習得
「顧客対応力」を高めながら「やる気」を高める新しい考え方を理解・習得できます。
独自のメソッドとデータでの納得性
旅行業での知見と25の業種でのマーケティング調査結果に基づく独自のメソッドとデータで、納得性を高めます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 35万
※税別・カスタマイズ費用別・調査費用別
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種販売・サービス
テーマコミュニケーション接客・CS
期間・回数・時間半日
対象人数最大 30名

サービス詳細

ホスピタリティマインド&メソッド研修(マネジメント)について

『当然期待されている基本的価値』 に加えて 『好感を覚える情緒的価値』 を感じていただくことが、『お客様による企業にとって好ましい行動』 につながる・・という独自の視点から、ホスピタリティサービスの実現をゴールとした人財育成をご支援しております。

良いサービス行動や営業活動でお客様に喜ばれることでしか、適職感を通したモチベーション向上は得られない!」という考え方をベースに、高いお客様評価の獲得やその底支えに必要なマインド・スキル・モチベーションに関する知識を習得し、さらにサービスや営業の現場で実践する際のポイントを理解・持ち帰ります。

目的

サービスや営業の管理職として必要なマインドとスキルを習得します。

特長

・「顧客対応力」を高めながら「やる気」を高める新しい考え方を理解・習得できます。
・旅行業での知見と32業種でのマーケティング調査結果に基づく、独自のメソッドとデータで、理解を高めます。
・事前アンケートを組み込むことで、自分・自社・自部署の課題を考察できます。

事前・事後課題

事前課題:ホスピタリティアウター調査・インナー調査の実施
事後課題:アクションプランフォローアップ

カリキュラム

研修の流れ
日程・トピックス 内容
ホスピタリティ解体新書
・「ホスピタリティ」とは?
・欠かせないのが「CS」
「期待通り」という評価を得るために必要なこと
・ホスピタリティの考え方
・6つのレベルの「お客様の感じるサービス価値」とは?
ホスピタリティ実現の法則
・JTB独自の「ホスピタリティマネジメントメソッド」とは
・「3つのホスピタリティマインド」の醸成とは
・「ホスピタリティ強化」「やりがいづくり」に必要な「マネジメントサイクル」とは
・【実習】「マネジメントサイクル簡易サーベイ」への回答
自分たちのサービスを考えてみましょう
・「ホスピタリティ簡易診断アンケート」の記入
・自部署のお客様対応「強み」「課題」の可視化
・JTBのお客様調査結果説明
アクションプラン
・アクションプラン(課・グループ等)の策定・・・オプション
効果
・成果を求められる管理職として必要な知識・ノウハウを習得できます。
・現場で説明する際の裏づけになるマーケティングデータを持ち帰ることが出来ます。
・自身(又は部署)の、サービスや営業上の個別課題を形成することが出来ます。